正規分布


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正規分布(Normal distribution / Gaussian distribution)

平均\muと分散\sigmaによって分布構造が決まる。確率変数が連続の場合、エントロピー(無秩序さ)を最大化する。

確率密度関数

1次元の場合

\frac{1}{\sqrt{2\pi}\sigma} \exp\!\left(-\frac{(x-\mu)^2}{2\sigma^2} \right)

多次元の場合

\frac{1}{(\sqrt{2\pi})^m \sqrt{|\Sigma|}}\exp\!\left(-\frac{1}{2}(\mathbf{x}-\boldsymbol{\mu})^{T}\Sigma^{-1}(\mathbf{x}-\boldsymbol{\mu})\right)

実装例(1次元の場合)

言語

Python 2.6 + scipy + matplotlib

ソース


結果

  • グラフ

実装例(多次元の場合)

言語

Python 2.6 + scipy + matplotlib

ソース


結果

  • グラフ
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|


統計・機械学習


計算機


プログラミング



Raspberry Pi


その他



工事中


関係ない話題


管理者用



プロフィール

但馬慶行
(TAJIMA Yoshiyuki)

機械学習とロボットを趣味で勉強中。
連絡先はトップページ