エキスパートルール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

公式大会で適用されるルールを記載します。

練習試合では剣丸の数などは変わってきます。



1、用意するもの

  • 剣丸:各プレイヤー6個ずつ。この際、同じゲームの競技者間で同じ色を用いてはいけない。
  • フィールド:基本的には机3つを組み合わせて用意する。
  • 熱いハート:言わずもがな。

2、試合の流れ


①公平かつ公正な方法において、競技順を決定する。
(剣丸尾では元来、「ぽん」の掛け声とともに各々が指定された3つの手の形のいずれかを出し、最初に定めたその優劣に基づいて勝敗を決するいわゆる「じゃんけん」と呼ばれる競技でこの順を決することが多い。じゃんけんで勝利したものが自分が入りたい順番を指定し、そこから右回りに機械的・所動的に残りの者の順番を決する。)

②決まった競技順の通り、各プレイヤーが1人ずつ順番に剣丸をフィールド上に配置する。

③腕を交差させて挨拶する。

④決まった競技順の通り、各プレイヤーが1人ずつ順番に剣丸を叩く・はじく・押すなどの方法で移動させる。
(詳細)
  • 一度のターンで剣丸に触れていい回数は一回だけ。
  • ターンプレイヤーの剣丸が他のプレイヤーの剣丸にくっついた場合、くっつかれた側の剣丸はフィールドから除外する。
  • ↑二つ以上同時にくっつけた場合も同様の処理で双方除外(ダブル
  • ↑自分の他の剣丸にくっついた場合、撃った方で無い方は除外(自害
  • 撃たれた剣丸によってフィールド外へ出た剣丸は即除外(ヲチ共ヲチ
  • 剣丸が論理の穴に落ちたらふと、だまる。

⑤自分の剣丸がすべてフィールド上からなくなった場合、そのプレイヤーは競技から除外、負けとなる。

⑥このように④を繰り返し、最後まで自分の剣丸がフィールドに残っていた者の勝ちという言い方になる。

3、禁止されている行為

  • フィールドに競技で使用されている剣丸以外の磁石もしくは強磁性体を故意に置く、または近づけること。
  • 競技を妨害する目的でフィールドに振動を加えること。
  • 競技で使用されている除外されていない剣丸を隠すこと。
  • その他、倫理的に問題のある発言および行動。

javascript plugin Error : このプラグインで利用できない命令または文字列が入っています。