ビタミン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ビタミンはその化学的性質から水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンに分類される。

水溶性ビタミン一覧

ビタミンB1 : チアミン
ビタミンB2 : リボフラビン、ビタミンGともいう
ビタミンB3: ナイアシン、ビタミンPPともいう
ビタミンB5: パントテン酸
ビタミンB6: ピリドキサール、ピキドキサミン、ピリドキシン
ビタミンB7: ビオチン、ビタミンBw、ビタミンHともいう
ビタミンB9: 葉酸、ビタミンBc、ビタミンMともいう
ビタミンB12: シアノコバラミン、ヒドロキソコバラミン
ビタミンC: アスコルビン酸


ビタミンB1 : チアミン


ビタミンB2 : リボフラビン、ビタミンGともいう

所要量
成人男子 1.2mg 成人女性 1.0mg
加えて、摂取エネルギー 1,000 kcal に対し 0.4 mg 必要とされる。

欠乏症
成長の停止、口角炎、角膜炎、舌炎
咽頭痛、皮膚炎(脂漏性)、シビ・ガッチャキ症

過剰症
一日に400mg摂取すると下痢や多尿が起こる可能性が示唆されている。
過剰分は尿中に排泄されるため、過剰障害は発生しない。
一日の必要量の数百倍を長期間投与しても無害である。
過剰に摂取したあとは尿が蛍光黄色になる。

ビタミンB3: ナイアシン、ビタミンPPともいう

ビタミンB5: パントテン酸

ビタミンB6: ピリドキサール、ピキドキサミン、ピリドキシン

ビタミンB7: ビオチン、ビタミンBw、ビタミンHともいう

ビタミンB9: 葉酸、ビタミンBc、ビタミンMともいう

ビタミンB12: シアノコバラミン、ヒドロキソコバラミン

ビタミンC: アスコルビン酸



脂溶性ビタミン一覧

ビタミンA: アクセルフロール、βカロチンなどのカロチノイドの一部
ビタミンD: エルゴカルシフェロール、コレカルシフェロール
ビタミンE: トコフェロール、トコトリエノール
ビタミンK: フィロキノン、メナキノンの2つのナフトキノン誘導体


ビタミン様物質

ビタミンB4: アルギニン、シスチン
ビタミンB8: エルガデニル酸(Ergadenylic acid、アデニル酸)
ビタミンB10: 葉酸はじめ各種ビタミンB群の混合物。ビタミンRともいった
ビタミンB11: 葉酸類似化合物。ビタミンSともいった
ビタミンB13: オロト酸
ビタミンB14: 葉酸またはリポ酸などの混合物
ビタミンB15: パンガミン酸(ジメチルグリシンやトリメチルグリシンなど)
ビタミンB16:
ビタミンB17: アミグダリン
ビタミンBH: イノシトール
ビタミンBP: コリン
ビタミンBT: カルニチン
ビタミンBX: パラアミノ安息香酸(葉酸の部分構造)
ビタミンF: リノール酸などの必須脂肪酸
ビタミンI: 米糠の抽出物。かつてはビタミンB7とも呼ばれた。
ビタミンJ: カテコール、フラビンまたはコリン
ビタミンL1: アントラニル酸
ビタミンL2: アデニルチオメチルペントース
ビタミンM: 葉酸
ビタミンN: チオクト酸(α-リポ酸)
ビタミンO: カルニチン
ビタミンP: クエルセチン、ヘスペリジン、ルチンなどのフラボノイド
ビタミンQ: ユビキノン
ビタミンT: テゴチン
ビタミンV: ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド
ビタミンU: 塩化メチルメチオニンスルホニウム