※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大輔 「…………zzzZZZ~」


?? 「おぉ~い、起きろ~」


大輔 「あと……5時間……ぐぅ」


?? 「あらあら、ぐっすり寝ちゃって可愛いものね」


大輔 「すか~……ぴ~……」


?? 「……フフッ、起こしちゃうのが勿体ないくらい」


大輔 「……ん~……」


?? 「……なぁ~んて、言うとでもぉ~」


?? 「思ってんのか、このクソガキィィィィー!!」


カキィィィィィーン


大輔 「イッ……たあああああああぁぁぁぁあああああぁぁあああっ!!?!?」


衝撃で、飛び起きる。
な……何が起こった!!?主に、股間辺りに!!?


悠  「はい、おはよう。 じゃあ、世間一般で昼と呼ばれる時間に起きた感想でも聞こうかしら」


大輔 「た……まが……たまがぁぁぁああぁあっぁぁ!!」


悠  「潰れたかもね。 でも、無くなったところで問題ないじゃない」


大輔 「な……なにしてるんですかッ!!?」


悠  「あんたの股間を、私の足で蹴り上げた」


大輔 「そんなことわかってますよ!!なんでこんなことするんですかッ!?」


悠  「私の朝ご飯が無いからに決まってるじゃない」


大輔 「それくらい自分で作ってくださいよッ!?」


悠  「そんなめんどいことしたくない」


大輔 「この、グウッ……!!」


タラ女、と付け加えそうになって口を慌てて閉じる。
が、遅かった。


悠  「グウ? ……その先は何が続くのかな~?」


不気味な笑みを浮かべて、こちらを睨み付ける大家さん。
まぁ、なんて素敵な表情なんでしょう。
……じゃなくて……
ま……不味い……思わず口にしてしまったけど、何とか誤魔化さないと洒落にならん。
じゃないと、あれ以上の制裁が待っているだろう。


大輔 「ぐう、ぐう…………ぐぅ~」



俺はゆっくりと布団を手繰り寄せた。
寝たフリ、古来から誤魔化すために使われる最高の一手。
これさえあれば大丈夫!!
その成功確率は……成功確率は……?
って、成功したの見たことねぇよ!!?
慌てて、飛び起きる。
大根を装備した鬼が居た。


悠  「いい度胸してるわね~、だいすけぇ~?」


大輔 「ま……待った!!謝る、謝るから!!……って、そんなのどこに持ってたのさ!!?」


悠  「いっぱつ~、ぎゃくてん~」


大輔 「ちょ、ストップッ!!?や……やめっ」


悠  「ホォォォォムラァァァァァァァーン!!!!」


カッキィィィィィィィィぃぃーン!!


実況 「おぉーと、コレは大きい、大きいぞーッ!?このままスタンドまで、逝ってしまうのかぁぁぁーッ!?」


空高く舞い上がるゴールデンボール。
あぁ、俺の青春は終わってしまったか。
さようなら、ボール……俺は今日で君とお別れみたいだ。
今まで楽しかったよ、有意義に使ってやれなくて悪かったな。


実況 「逝ったぁぁぁぁぁー!!これは、人生を決める一撃となりそうだぁぁぁぁ!!」


変な解説を耳にしながら、俺は気を失った。


………
……


大輔 「はい、どうぞ」


悠  「ん、ありがと。 やればできるじゃない」


たった、今出来上がったばかりの朝食を机に並べる。
ご飯、味噌汁、焼き魚。
典型的な日本人の朝ごはん。
うん、我ながら最高の出来だと思う。
……問題があるとすれば、いつこんなものを作ったかなんだが。
気がついたら、キッチンに立っていて目の前にコレが出来上がっていた。
どうやら俺は、いつの間にか意識を失っていても、ご飯を作れるようなっていたらしい。
……恐るべし、大家の調教マジック。
……ちくしょう、また手を抜いて黒こげたまごを食べさせようと思ったのに……



悠  「ん?食べないの?」


俺を恐怖させた本人は、何食わぬ顔で口に箸をくわえたまま、問いかけてきた。
普通にしてるときは、美人なのになぁ……



大輔 「……食べますよ。 あと、それは行儀悪いので止めて下さい」


悠  「別にいいじゃない。 あんたの家なんだし」


大輔 「そういう問題じゃありません。 …………はぁ~、これ食べ終わったら帰ってくださいよ?」


悠  「なんで?」


大輔 「…………」


居座る気なのか……
こちらとしては、寿命が縮まる気がするので早く帰っていただきたい、結構本気で。


悠  「ん~、帰ってもいいけどよかったの?」


大輔 「何がです?」


悠  「聞きたいことがあるんじゃないかと思ったんだけどね。 そう、例えば――」


大輔 「例えば?」


悠  「小春ちゃんと何故知り合いなのか、とか」


大輔 「…………」


邪気たっぷりの笑顔で、大家さんがこちらを見上げる。
全く、この人はどうして……。
こっちが気になっていることを、簡単に当ててしまうんだろうか。


大輔 「……ご飯、早く食べないと冷めますよ」


悠  「あ、そうね。 先に、食べちゃいましょうか」


大輔 「……えぇ、そうしてください」


俺も椅子に座り、出来立ての食事を頬張る。
……先に、ね。
少し、誤魔化そうとしたんだが、やはり無駄のようだった。


【一度暗転させる】


悠  「ごちそうさま」


大輔 「お粗末さま。 お茶、いりますか?」


悠  「ん、お願い」


この前、大家さんが買ってきてくれたものが確かまだあったはずだ。


【ガサゴソSE】


あぁ、あったあった。コレコレ。
『水を注いで薄めるだけ!!麦茶・どろり濃厚タイプ!!』
なんかどっかで聞いたことのあるフレーズだなオイ。
というか……麦茶を凝縮して、何の得があるのだろうか。
俺なら絶対に飲まない。例え、喉がカラカラで干からびそうになっても。
……まぁ、いいや。
どうせあの人が買ってきたものだし、このまま出してやろう。


【水をいれるSE】

大輔 「……………うわ」


【歩くSE】


大輔 「…………どうぞ」


悠  「ん、ありが…………」


俺からコップ受け取ったまま、固まる。
……まぁ、そうなるわな。
俺だってホントに渡していいのか躊躇したくらいだ。


悠  「…………なにこれ?」


大輔 「少し粘り気が強すぎるお茶です」


悠  「…………お茶?」


大輔 「えぇ、誰がなんと言おうとお茶のような気がします」


悠  「ふ~ん…………そっか」


大輔 「マニアの間では美味しいかもって評判らしいですよ。確認したくもありませんが」


悠  「…………」



【椅子が動くSE】


悠  「…………大輔~」


大輔 「な……なんですか?」


悠  「飲め」


大輔 「……すみません、よく聞こえなかっ――」


悠  「今すぐ、飲め」


大輔 「…………あぁ~、最近耳が遠いん――」


悠  「さっさと、飲め」


大輔 「………………」


悠  「……………(ニコッ」


大輔 「……ゴメンナサイ、もう二度とこんな真似はしません」



ちこっとだけ~