※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

現在未完成未構成

前と同じく書き始めは、食事シーンが終わってから書きます。



大輔 「こんばんは」

梨亜 「こんばんは~。……ちゃんと来てくれたんだね」

大輔 「う、うん」

梨亜はベンチに座ったまま、こちらを見上げてきた。
……上目使いでその笑顔は、反則だと思います。
俺の精神衛生上、非常によろしくない。

梨亜 「よいしょっと…。でも、遅刻だよ。私なんて、30分も前に来てたんだから」

大輔 「あ……あれ?」

もしかして、時間を間違えてた?
慌てて、時計を確認する。
20時ぴったし……合ってるよな。


大輔 「2時間前で……よかったんだよね?」

梨亜 「うん、そうだよ」

大輔 「なら、遅刻してないんじゃ……」

梨亜 「乙女を待たすなんて、さいて~」

大輔 「………………うぐ」

要するに、時間通りに来ても梨亜より遅かったら遅刻になるってことね。
…………どこの独裁者だよ……

梨亜 「あはは、冗談だよ?半分」

大輔 「………………」

……半分は本気だったんだな。

梨亜 「……これからは気をつけてね?」

大輔 「出来るだけ頑張ります……」

梨亜 「よろしい。それじゃあ、時間がもったいないしそろそろ行こうか」

大輔 「い、行くってどこに?」

てっきり、ここで何かの話をするんだとばかり思ってたんだけど……

梨亜 「私のおうち」

大輔 「はいっ!?」

梨亜 「嫌だった?」

大輔 「え……えっ~~!!?」

一体どういうことだ!?
まだ、数回しか会ってない俺を家に呼ぶなんて……
だ、だって普通はそんな簡単に招待しないだろ?
こう…ウフフでムフフな関係になってから――

梨亜 「何をぶつぶつ言ってるのさ……」

大輔 「な……なんでもない」

梨亜 「それで、どっち?」

大輔 「……嫌とかじゃないんだけど……まだ心の準備が……」

梨亜 「あ、気を使わなくても大丈夫だよ。この時間は親いないから」

大輔 「余計ダメでしょ!?」 (大きい文字)

なんだか、梨亜って……すごい無防備。
信頼されてるのか…それとも、俺が男として見られてないってことなのか……

梨亜 「なんで?」

大輔 「………………なんでもない」

どうやら、後者だったらしい。
どうしてかわかんないけど、ちょっとショック。

梨亜 「あぁもう、いつまでも悩んでないで早く行こう!ほらっ!」

(手をパシっと叩くような音)

大輔 「ちょ……ちょっと!?」

梨亜 「手を握ったくらいで、そんなに動揺しないでよ。じゃあ、しゅっぱ~つ」

大輔 「うわっ!?」

梨亜は俺の手を握ったまま、グイグイと引っ張っていく。
俺は抵抗をすることを忘れ、引きずられていった。


………
……

……あったかい。
女の子特有の柔らかい手の感触が、俺に直接伝わってくる。
しかも、ひいき目で見なくても上ランクに入るような子の。
……動揺するなっていう方が無理な話だよなぁ~……
心拍数が、どんどんあがっていくのがよくわかる。
梨亜は、自分がどれだけ可愛いのか気づいていないのだろうか。

梨亜 「―――輔。大輔っ!!」

大輔 「……へ?」

梨亜 「なにをボ~っとしてるのさ……もう着いたよ」

大輔 「あ……あれ?」

慌てて目の前を見上げてみる。
そこには、白い外壁のお洒落な洋館が門を構えていた。
……ここってどこの国ですか?
俺は、いつの間にか国境を越えていたらしい。


大輔 「……ここが、梨亜の家?」

梨亜 「うん、そうだよ」

大輔 「ほ~……」

……もしかして、梨亜ってお嬢様?

梨亜 「あはは、先に言っとくけど、お嬢様なんかじゃないからね」

大輔 「うえっ!!?」

しかも、エスパー!?

梨亜 「エスパーでもないったら……ホントに大輔はわかりやすいね。それがいいところなんだろうけど」

大輔 「な……なんで考えてることが?」

梨亜 「大輔は顔に全部出ちゃってるんだよ。綺麗さっぱりすっきりばっちり」

大輔 「………………」

俺って、サトラレみたいなものだったのか。
…………これからは無心を心がけるようにしよう。
絶対無理だと思うけど。

梨亜 「さて、こんなところで立ち話もなんだし、上がって上がって」

大輔 「あ、お邪魔します」

とは、言ったものの足が動いてくれない。
なんだか、これだけ豪勢な場所だと家の前にいるだけで萎縮してしまうな。
これほど自分に不釣り合いなところはなかなか無いだろう。

梨亜 「どうしたの?」

大輔 「いや……なんか歓迎されてないような雰囲気が……」

梨亜 「そんなことないって。さぁ、行くよ!」

大輔 「でも…………」

なんていうか、歓迎してるように見せかけて俺を拒絶してるみたいな……
そう、例えるなら京都のお姉さんが笑いながら――

梨亜 「…………お茶漬けでも食べてく?」

大輔 「すみません、帰ります」

梨亜 「冗談を本気にしないでよ!?」

………
……

大輔 「……まだ?」

梨亜 「もうちょっと~」

あれから俺は梨亜の家ではなく、そこから少し離れた別邸の前で待たされていた。
…………30分間も。
中で何をしているのやら……

大輔 「あと、どれくらいかかりそう?」

梨亜 「だから、もうちょっと~」

わかんないってことね。
……………………
……それにしても、凄いミスマッチな建物だよな。
さっき見た本邸とは、かけ離れた作りをしている。
……なんだか、山奥にひっそりと建っているボロ小屋みたい。

大輔 「なんのために、作られたんだろうな」

用途が全くわからない。
景観を崩してまで建てておくような、意味があるのだろうか。
俺だったらとっくに壊して――

(扉の開く音)

梨亜 「お待たせ!」

大輔 「うわぁぁぁあぁぁぁぁぁあ~~っ!?」

梨亜 「なんでそんなに驚いてるのさ……」

大輔 「いきなり飛び出してくるからだよ!?」

……ホントに梨亜は容姿と性格が一致してないよなぁ。
最初に出会ったときはもっと大人しい子だと思ってたのに……
って、あれ?

大輔 「なんで、着替えてるの?」

梨亜 「ん?あ、これか」

いつの間にか彼女は、~~に~~という姿になっていた。
妙にゴソゴソと聞こえてくると思ったら、着替えてたのか。
…………覗けばよかっ――

梨亜 「…………変なこと考えてない?」

大輔 「そんな、滅相もございませんっ!!」

梨亜 「ホントに?」

大輔 「ホ……ホントに」

ジトッっとした目を向けてくる。
…………すみません、考えてました。
とりあえず、心の中で謝っておくことにしよう。
口には絶対ださないけど。


梨亜 「……まぁ、いいや。汚さないためだよ。あのワンピースお気に入りだから」

大輔 「………もしかして、なにかするとか?」

まさか、この小屋の整理をするとか言い出さないよな……
それなら俺を呼んだ理由がわかるけど……肉体労働だけは勘弁。
そんなことしたら、確実にぶっ倒れる。

梨亜 「後からのお楽しみってことで。とりあえず、中に入るよ」

大輔 「わ……わかった」

ガラクタの山っていうのはやめてくれよ……?
俺は梨亜に促され、恐る恐る小屋のドアをくぐった。

(場面転換)

大輔 「…………………」

ドアの先――そこには、ガラクタでもゴミでもなく……
たくさんの絵が、壁一面に飾られていた。
なんなんだ……これは。
一枚一枚から不思議な魅力が溢れだしている。
懐かしい……いや、暖かい。
まるで、日の出みたいに……

梨亜 「えっへへ、凄いでしょ」

大輔 「これ……は……」

言葉が出てこない。
俺は、息をするのも忘れ、絵に見入っていた。

大輔 「……描いたのか?」

梨亜 「ん?」

大輔 「梨亜が、全部描いたのか?」

梨亜 「そうだよ!……って、言いたいところだけど、違うんだ」

絵が飾られている壁まで歩み寄っていく。

梨亜 「これは、ほとんどお父さんが描いた絵たち。私が描いたのはこれとこれかな」

大輔 「………………」

梨亜 「やっぱり、お父さんに比べると違いがよくわかるよね……私なんてまだまだ」

大輔 「そんなことない」

梨亜が描いた絵。
それは、他の物にひけをとらないほどの技術力で描かれていた。
でも…………

梨亜 「ありがと。お世辞でも嬉しいよ」

大輔 「お世辞なんかじゃ……」

梨亜 「ううん。だって、私の絵は技術だけのもの。人に何かを訴えかける絵じゃない」

大輔 「…………っ!!」

そう、確かにその通りだった。
梨亜の絵はうまい。
父親が描いたものにも劣ってはいない。
でも……それだけ。
なにも、感じるものがなかった。

梨亜 「私にもわかってるんだ……このままじゃ、全然ダメだって」

大輔 「…………………」

梨亜 「でも、しょうがないんだ。本当に描きたいものが描けないから……」

大輔 「描きたい……もの?」

梨亜 「うん……私ね、キラキラ輝いてる海が描きたいんだ」

大輔 「……?描けばいいんじゃ?」

梨亜 「あはは、そうだよね。でも――」

梨亜は一端、言葉を区切って俺に笑いかけた。

梨亜 「本物を見れないから、うまく描けないんだ」

大輔 「あ…………」

梨亜 「見てみたいなぁ……昼間の海が」

彼女はそう言って、視線を俺に向ける。
しかし、どこかを見つめるようで焦点が定まっていなかった。
遠い場所へ思いを馳せているのだろうか。


大輔 「どうして、夜にしか……」

それは、絶対に言ってはいけない言葉。
わかってるんだけど……勝手に口が動いていた。
なんで彼女みたいな人が、対人恐怖症になっているのか。
どうして、俺と同じ症状に悩まされているのか。
知りたいという欲求を抑えられなかった。
昨日、約束したばかりなのに……

大輔 「出歩けないんだ?」