※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




【背景:主人公の部屋】 【BGM:すずめのちゅちゅん】


大輔「……っく!」



布団から飛び起きる。
また"あの夢"だ。
朝からこうとは、気分が沈む。
最近よく見る気がするが、久しぶりに他人と知り合ったからだろうか。
いい加減、引きずりたくは無いのだが……
まだまだ難しいようだ。



大輔「とりあえず、顔洗うか……」


【SE:水流】
のそのそと洗面所へ向かい、顔を洗う。
冷たい水が顔にかかっていく毎に、思考がクリアになっていく。



大輔「あー……、目ぇ覚めた」



呟きながら服を脱ぎ、洗濯籠へ。
パンツ一枚になったところで、服を取りに居間へ



???「おはよー。目が覚めたなら、さっさと朝食作っといてー」



……行こうとしたところで背後から声が。
気のせいだろうか。
でも確かに声が……
……いやいや。
俺、一人暮らしだし。誰か居るはず無いし。
そう、この部屋には俺しか居ない。さっきのは空耳。
うん、きっとそうだ。いや、絶対に。
そう納得したところで振り返る。


【BGM:ハッピースキップ(変更可能性大)】
大輔「……あー……」



イタ。イマシタヨ。
しかも、よく見知った顔が。
どうみてもアパートの大家さんです。本当にありがとうございました。
実は大家さんの部屋だったとか……
いや、それはないな……常考。



大輔「……なんでここに居るんですか……?」



とりあえず、一番の疑問をぶつけてみる。


【大家:立絵】
大家「へ? だって、私大家だし。それよりも朝食作ってよ」



はい?
意味が分かりませんが。
「だって、私大家だし」
……もしかするとこの言葉には、とても深い意味があるのかもしれない。
……いや、どう考えても無いな。



大輔「……言葉の意味がわかんないんですけど」



大家「……お腹が空いたから、朝ごはんを作って欲しいって頼んでるんだけど。まだ寝ぼけてんの?」



大輔「いや、そっちじゃなくて。なぜここに居るのかと……『私大家だし』って理由になってないですから」



うん、俺おかしくないよな。まともなこと言ってるよな。
当然の反応だよな。
でも、なぜこの人はキョトンとしているんだろう。
まるで俺がおかしいことを言っているみたいじゃないか。



大家「大家だし、鍵開けて部屋入っても問題ないでしょ?」



……なんですか、この俺ルールは。
つーか、マジだよこの人。本気でそう思っちゃってるよ。



大輔「いや、駄目ですからね。犯罪ですよ、それ」



まぁ、ちゃんと注意しておけば問題ないだろう。



大家「あー、そうなん? 気に留めておくわー」



面倒くさそうに、そう答えた。
反省の色無し。絶対に再犯するよ、この人。



大家「んで、問題解決したところでさ、朝食作ってよ」



……なんかもう、どうでもいいや。
っていうか、この人の朝食に対する執着心は異常。



大輔「分かりましたよ。作りますから、ちょっと待っててください……」



とりあえず居間へ戻り、服を着てから台所へと向かう。



大家「あら、裸族に目覚めたのかと思ったら、服着るのね」



何か言ってるが、華麗にスルー。
いちいち対応しても疲れるだけ。ちぃおぼえた!


【背景:主人公部屋天井隅みたいの】ひだりからおしだし
……さて、何を作ろうか。
と考えたところで、材料は大家さんが持ってきたものだから、作れるものは限られてくるんだが。
とりあえず、冷蔵庫を確認する。
卵と……卵と……ああ……卵だけか……
スクランブルエッグでいいかな……
冷蔵庫から卵を2個取り、調理を開始した。


【SE:料理】
料理をしていると、日々、料理スキルが上昇していくのが感じられる。
……まぁ、それも大家さんの所為なのだが。
キュウリと調味料だけ持ってこられて、「これで美味いもの作れ」なんて言われたら嫌でも料理が上手くなる。
そういえば、こうして大家さんが料理を要求してくるのは、いつからだっただろうか。
引きこもり始めてから、ある程度落ち着いてきた頃だったと思うが……
いつの間にか、大家さんが材料を持ってきて、俺が作る(強制)という関係が築かれていた。
このままだと、知らぬ間に奴隷化していきそうだ。恐ろしい。
……そういえば、梨亜も料理とかするんだろうか。
もしそうなら、少しは話がしやすいかもしれないな。



……と、いつの間にか料理が出来ていた。
というか、出来すぎていた。大分、焦げついてるよ。
考え事をしながら作るものじゃないな。
……まぁ、あの人なら気にせず食うだろう。多分。
明らかにマズそうだし、俺は食わないけどNA!


【背景:主人公部屋】【立絵:大家】
大輔「……はい、できましたよっと」



居間に皿を運び、机に置く。



大家「……いつもより前衛的な出来ねー。別にいいけどさ」



ぼやきながら料理を食べ始める。
やっぱり、焦げてても気にしなかったか。微妙に体に悪そうだけど、自己責任だよな。



大家「うわ! マズ!」



ああ、やっぱり。
っていうか、見て分からなかったのだろうか。
それでも大家さんは、全て食べてしまった。
この人って、味には拘るくせに、どんなに不味くても、結局全部食べるんだよな……
嬉しいと言えば嬉しいが。



ふと、時計を見る。
……もう10時か。
いつもなら、大家さんも帰る頃なんだが、今日は一向に帰る気配が無い。
何か用事でもあるんだろうか?
とりあえず、尋ねてみるか。



大輔「えっと、大家さん? 何か用でもあるんですか?」



大家「あー、大輔さー、公園で何かあった?」



大輔「は、はい? な、何でですか?」



ああ、明らかに動揺してるよ、俺。



大家「いや、最近帰るの遅いからさ。それに、珍しく料理失敗してたし」



ああ、確かに。
梨亜と話したりしてたせいで、帰るのが遅くなってたしな……
別に隠すことでも無い気がするが、何となく嫌なんだよなー。大家さんに話すの。
ここは、誤魔化しておくか……



大輔「い、いや、少し遠くまで歩いてみてるんですよ。だから遅く―――」



大家「女?」



俺が言い終わらないうちに、重ねてくる。
しかも、当たってるしね!
誤魔化せてないSHINE!
本当、なんなんだこの人は……
なんかもう、どうあがいても隠せる気がしないし、話すしかないか……



大輔「……何で分かるんですか。あー、えーっと、一昨日の話なんですけど……」



大家「あ、冗談のつもりだったんだけど、本当に女絡みだったんだ」



……自爆した。
仕方ないので、そのまま続けて一部始終を話した。
脚色なんてしてないです。……少ししか。



大家「んでさ、大輔はその女の子が好きなわけ?」



ニヤニヤしながら、尋ねてくる。
だから嫌だったんですよ、この人に話すのは。



大輔「い、いや、そういうのは……よく分からん……と思う……」



大家「ふーん、ま、別にいいけどね。前に比べると、随分進歩したじゃん」



【場面転換】
【背景:黒】(もやもやと暗転) 【BGMSTOP】



確かに……あの頃に比べたら、かなりマシになった。
俺が引きこもり始めたのは、大学に入学してしばらく経った頃。
原因は、大学での人間関係の縺れ。
引きこもるのはこれが初めてではなかった。
俺は高校時代にも、両親が死んだことで、引きこもっていた。
それでも、克服することは出来た。
それは多分、友人の支えがあったからだと思う。
だけど……今回の場合は……ケースが違う……
今まで築き上げてきたものも全て壊れてしまった……
友人たちも全て……失った。



でも、ただ一つ、大家さんとの関係だけは無くならなかった。
大家さんは俺が引きこもっている間、ずっと支えていてくれた。
俺が公園に出るようになったのも、大家さんに言われたからだ。
あれは確か、俺の引きこもりも大分落ち着いてきた頃……



【場面転換】
【主人公の部屋】(もやもやと) 【BGM:なつかしいあの頃】【画面効果セピア】



大家「そろそろ、外に出てみよっか?」



夏ももう終わりか。
なんて、ぼうっと考えているところに、飛び込んできた言葉。
また、冗談か何かかと思って聞き流そうとしたが、大家さんはどうやら本気らしい。



俺が引きこもり始めてから、数ヶ月。
初めのうちは、毎日やってくる大家さんを鬱陶しく思い、突っぱねていたが、今では大分落ち着き、普通に接することが出来ている。
ここまで立ち直れたのも大家さんのおかげだし、今でも俺の引きこもりを克服させようとしてくれている。
しかし、これは幾らなんでも急すぎないだろうか。
大家さんとは、今までどおりに接することが出来るようになったものの、それでも未だ他人を見るだけで幻聴が聴こえてくる。
そんな状態で外に出れるわけがない。



大輔「……い、いやぁ……、ま、まだ無理……だと思います……」



大家「まだやってもないでしょ? 無理なら無理で直ぐに部屋に戻ればいいしさ。……外に、出たくない?」



……外には出たい。
今までみたいに、堂々と人の居る場所を歩きたい。
……けど、他人会うのが怖い。



大輔「出たくないことも……ないですけど……、で、でも、やっぱり無理っていうか……怖いっていうか……」



俺がハッキリしないでいるのに痺れを切らしたのか、大家さんは立ち上がり、俺の手を掴んで、そのまま玄関へと向かった。



大輔「ちょ、ちょ、ま! ス、ストップ!」



必死に静止するが、華麗にスルーされる。



大家「どうせ今は夜中だし、人居ないでしょ。大丈夫大丈夫」



そう言われて、結局俺は外に連れ出されてしまった。



【場面転換】
【背景:アパートの外】ひだりからめくり 【SE:扉】



何ヶ月ぶりだろうか。
食事なども大家さんの世話になっていたため、引きこもり始めてから一度も外に出ていない。
久しぶりに見た外の世界。
月や星が綺麗だ。以前は、こういうものに目を向けていなかったことな……
当たり前に感じていたものも、今では新鮮に見える。



大家「ほら、出てみてよかったでしょ?」



その言葉に自然と頷く。



大家「明日からさ、夜に散歩するようにしなよ。最初はアパートの周りだけ。その後で、少しずつ距離をのばしていけばいいからさ」



突然の提案。
少し考えたが、俺は深く頷いた。
久しぶりに外に出たことで興奮していたし、外の世界に魅力を感じていたのもあったと思う。
それに今は深夜。アパートの辺りを通る人なんて殆ど居ない。
俺に、外に出ることが案外、何でもないことなのだと錯覚させるには十分だった。
……こうして、夜の散歩が始まった。



【場面転換】
【背景:主人公の部屋】 (もやもやと)【BGM:すずめのちゅちゅん】



夜の散歩を始めて、もうすぐ一年……
散歩を始めてから、初めて他人に出合ったときは、正直挫折しそうになった。
元々、雰囲気に流されて始めたようなもの。
そこでやめても、おかしくなかったと思う。
それでも、散歩を続けようとしたのは、やはり大家さんが励ましてくれていたからだ。
だから俺は今でも散歩を続けているし、距離も徐々にだが、のばせている。
もしも大家さんが居なければ、俺は今でも引きこもり始めた時のままだったと思う。



大輔「……ありがとうございます」



……そんなことを考えていたせいか、自然と感謝の言葉が出ていた。
顔を見て言えるほどの度胸はなかったので、俯いたままだったが。
ふと、疑問が出てきた。
なぜ、大家さんは俺のために、ここまでしてくれたのだろう。
元々、めちゃくちゃ仲が良かったわけでもない。
それなのに、なぜ?
顔を上げ、大家さんに尋ねようとする。
……が、そこには既に大家さんは居なかった。
いつの間に帰ったのだろうか。
まぁ、いいさ。今度会った時に聞けば。
そう思ったが、何となく誤魔化されそうな気がした。