※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

財務・会計

簿記2級の知識でかなりの部分をカバーできます。
むしろ、この為に簿記2級の勉強をしたのを忘れてた。



キャッシュフロー計算書

「お金の流れ」を見るための財務諸表であり、企業の支払能力の大きさを示す財務諸表。
2000年3月期決算から、株式を公開している企業に作成が義務づけられた。

計算書との違い

  損益計算書 キャッシュフロー計算書
計上のタイミング 収益・費用の発生時点 現金の回収・支払時点
帳簿上の操作 できる
(会計の算出方法で変化)
むずかしい
(現実のお金の動き)


キャッシュフロー計算書の3つの区分

1.営業活動によるキャッシュフロー
会社の本業による利益、投資と財務以外のもの
2.投資活動によるキャッシュフロー
設備投資、資金運用
3.財務活動によるキャッシュフロー
資金調達、返済


キャッシュフロー計算書の配置

     キャッシュフロー計算書     (金額)
(1) 営業活動によるキャッシュフロー    ×××
(2) 投資活動によるキャッシュフロー    ×××
(3) 財務活動によるキャッシュフロー    ×××
(4) 現金および現金同等物の増加額    ××× (1)+(2)+(3)
(5) 現金および現金同等物の期首残高    ×××
   現金および現金同等物の期末残高   ××× (4)+(5)


キャッシュフロー計算書の作成方法

直接法と間接法があり、営業活動キャッシュフローのお金の動きの捉え方が異なるだけで、投資活動キャッシュフロー、財務活動キャッシュフローの記載方法は同じ。以下の式のキャッシュフローは営業活動によるキャッシュフローを表す。

◆直接法 … 収入と支出の総額を主要取引ごとに集計し、表示する方法
 キャッシュフロー = 営業収入 - 営業支出
◆間接法 … 損益計算書と貸借対照表からお金の流れを逆算し、表示する方法
 キャッシュフロー =
       税引前当期純利益 ± 損益計算書の調整項目 ± 貸借対照表の調整項目
調整項目
(1)投資活動キャッシュフローや財務活動キャッシュフローに表示される項目
(2)お金の増減を伴わない項目(減価償却費など)
(3)計上されるタイミングの修正が必要な項目
  (損益計算書は発生時点、キャッシュフロー計算書は現金の回収・支払時点)
  (売上債権、仕入債務、棚卸資産など)



フリーキャッシュフロー

会社が自由に使えるお金。会社の価値を表す。
 フリーキャッシュフロー = 営業キャッシュフロー - 投資キャッシュフロー

キャッシュフロー経営

キャッシュフローに着目して、経営の健全度を高めていく経営手法。
フリーキャッシュフローを最大化することで、企業価値を高める。

  • 営業活動キャッシュフロー…仕入れ、在庫、売上のお金の流れを向上させる
仕入れ 債務の信用期間を長くする 手形期間を長くする
在 庫 在庫を減らす 販売、生産システムの改善
売 上 債権の信用期間を短くする 手形期間を短くする(現金売りがよい)

  • 投資活動キャッシュフロー…無駄な固定資産を減らす、有価証券を売却する
DCF法
将来のキャッシュフロー(予測)から現在価値を算出する方法。
期間や金額の異なる将来のキャッシュフロー(予測)が、現在価値に置き換わることで比較が可能となり、投資判断に有効。
現在価値は、将来のキャッシュフロー(予測)を資本コストで割って算出します。
 現在価値 = 〔将来のキャッシュフロー ÷ (1+資本コスト)^ 年数〕
例)
将来のキャッシュフロー 現在価値(資本コスト10%の場合)
現在 100万円 100万円
1年後 100万円 約91万円 (100万円÷1.1)
2年後 100万円 約83万円 ( 91万円÷1.1)
3年後 100万円 約75万円 ( 83万円÷1.1)

  • 財務活動キャッシュフロー…資金調達コストを下げる。社債や株式による調達比率を上げる。