【RO】GvG戦略・戦術考察 指揮伝達方法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

指揮伝達について

指揮伝達・・・。これはGvGをやる上では必須となる間接的戦闘行為です。
もし、指揮伝達が出来なければただの烏合の衆が戦っているだけとなり、
まともな連携は取れないでしょう。

そもそも何の為に、指揮伝達を行うのでしょうか?
もし指揮伝達が出来ない場合どのようなことが起きるのか想像してみることにします。

  1. いまからどこに攻めるのか、まったく分からなくなる。
  2. いつERに突撃するのか、全然タイミングが見えずバラバラに突撃することになる。
  3. 攻め被りと共闘するのか、排除するのか分からず、個々の判断でバラバラに戦うことになる。

。。。まだまだ在るでしょうけど、この3点を見るだけでも恐ろしいですよね。
戦略的な戦い方としては、必ず「戦力の集中化」という言葉が上がってきます。
ただ、バラバラに攻めていったとしても大抵は各個撃破されて死亡。
となってしまうのは当然の結果です。

では、どのように指揮伝達するべきなのでしょうか?

伝達手段

指示を飛ばすといってもラグナロクの仕様では、パーティチャット、ギルドチャット、オープンチャットの
3種類しか無く、同盟を結んでいる相手に対してはパーティチャットかオープンチャットでしか、連絡することが
出来ません。

この二つだけではとても不便だということで別の手段として
  1. IRCチャット
  2. MSNメッセンジャー
  3. ボイスチャット
という、ラグナロクオンラインのクライアント以外の市販orフリーソフトを流用して
連絡するのが現在のラグンラロクGvで常識とにっています。

運用方法

さて、IRCやギルドチャット、パーティチャットを利用して指揮伝達を行っていく訳ですが
どのような運用を行っていくべきなのでしょうか??
指揮することを想定して考えていくことにします。

発言方法

よくあるのが、指示の言葉の中に記号をつける方法です。
「@@@今から~~へ転戦します。」とか「砦前に○○が集結中@@@」などのように【@@@】を付けたり、
■■■や、★★★、□□□などの記号をつけた言葉を指示伝達用という風にして、通常の発言なのか
指揮からきた伝達事項なのかをより見分けやすくすることが在ります。

更に発展させて、「@@@」は報告用、「■■■」は指示伝達用などと分けて運用することで、
総指揮と現場指揮、パーティーリーダとのコミュニケーションをとり易くすることも考える必要は有ると思います。


発言内容

そう、これって意外と難しいと思います。筆者もGv総指揮をやっていますが、発言内容として
  1. 短く
  2. 分かりやすく
  3. 迅速に
  4. 出来れば事前に
という4点を抑えながら、指示を飛ばさなければならないのです。
長ければ、復唱しづらいし伝達を回すまでの時間が長い。
分かりづらいのは問題外w
指示を回すのが遅ければ纏まれないし、事前に出せなければ、下手をしたら現場の発言を指示とおもって
パニックになりかねません。

こういった難しいオーダーをこなさなければならないのが、総指揮の伝令内容です。
では、どうすればいいのでしょうか?

短く
砦の場所や、内部の場所に対して指示をだすとき略語を使用することをお勧めします。
例えば、

『ルイーナ砦4のエンペルーム前ワープポイント付近に集合』

と、指示を出したとします。。。。。これを打つのに数秒は掛かりますよねw
これを次のように変更すると

 『 L4ERWP 付近集合』

と変更しただけで、ずいぶん楽に入力できるようになります。これを更に、短くして

 『 L4ER前集合

とすれば、更に打ちやすく分かりやすい文章になります。
こうった略語については、ある程度事前に意味の統一をしなければ、位置関係がぐちゃぐちゃになってしまうので
そういったものの定義づけは事前にやっておきましょう。

事前に物事を決めておくというのも、戦略的行動として大切なことです。

伝達手順

さて、総指揮者からの指示が飛んできたとして、その指示内容をどのように伝達させていますでしょうか??
良くあるのが、パーティーリーダがギルドチャットとIRCをみてその内容を復唱していくという形。
普通の方法ですよね。ただ、この方法にも少々問題があります。
IRCを見ることが出来ない人がいたり、いつもパーティーリーダをしている人がいなかったりとで、
伝達方法がバラバラになってしまう可能性です。

そこで、伝達手順としてお勧めなのが、 『全員もしくは、複数人による復唱』 です。
総指揮者がギルドチャット・パーティ-チャット・IRCと指示を流していき、
その内容を見た人から、復唱をしていくということ。
これを行えば、チャットウィンドに同じ指示がたくさん流れて、見落とすことが少なくなります。

ただし、デメリットとして復唱中は行動が出来ないということ。
常に動き回る戦場で1秒でも止まりたくない。そう思うのは普通の事だと思います。
しかし、その瞬間の行動よりも全体行動が纏まることによるメリットは遥かに大きなものだと、筆者は考えています。

より効率的な伝達方法について