ファズ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファズ Fuzz



概要

歪み系エフェクターの元祖であるファズは、MAESTRO社のFuzz Toneによって始まった。
原音によるコード感すら無くしてしまうほど強い歪みを発生させ、アンプによる歪みが弱かった60年代のサイケデリック・ロックの時代には重宝されたが、アンプディストーションオーバードライヴの発達により長らく低迷する。その後、90年代のグランジ・ムーブメントにより復活する。
また、その個性的な歪みを突き詰め、「変態系」とも呼ばれる飛び道具的な使い方をされる事もある。

有名なものとしては、electro-harmonix社のBig Muff πがあまりにも有名だが、ジミ・ヘンドリクスの使用で有名なDALLAS-ARBITERFuzz Face、新興で変態系と言われるZ.VexFuzz Factoryなどが有名。


製品リスト





&trackback