※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

12

チクショウ…何であの子が殺されなきゃいけないんだよ…
俺が絶対守ってやるって言ってたのに…
前の日バイト時間押しちゃってさ…寝てたんだよ。真昼間だったってのに。
携帯にも何回も着信あったのにさ・・・それにも気付かないで…チクショウ!
アンタも・・・ごめんなぁ。俺のこんな愚痴に付き合ってもらってさ。
でいうかさ、全然関係ないんだけど。
ちょっとおかしい事があるんだよ。朝、起きたときにさ。いつも思うんだ。

な ん で 俺 は 檻 の 中 に 入 っ て る ん だ ?



13

…ええ。本人とは殆どコミュニケーションは取れません。
厳密な精神鑑定の結果、解離性同一性障害の疑いがある、という結果が出てますね。
供述もその時々でバラバラ…参考人としてご出頭願った母親によれば、家の中に篭りがちで職歴はないんですけどね。
被疑者本人からはアルバイト経験がある、といったような供述もあります。
とりあえず確認されている供述で人格とおぼしきものは、以下に挙げるとおりです。
まず、22歳前後の男性が二人。一方はタカと名乗っているみたいですね。
ええ。例のアルバイト君です。
そして、12歳ほどの少年。主人格に最も近い存在でしょう。
後は女性が一人。おそらく殺された加藤さんの人格の代替品ですね。
わずかばかりの罪悪感が、自分に都合のいい脚本を作り上げ、都合のいい役者を割り当てたと。
そういうわけですね。
・・・いや、まだ殺人に至る明確な経緯は明らかになっていません。何しろ相手はキチガ…おっと、失礼。
母親もヒステリー状態でしてね。まともな供述はまだ出てきてませんし。
しかし、最近やっと一部の人格が逮捕された事を自覚し始めましてね。
調べを進めていく中で、奴らの脚本が現在に追いついて来た、といったところでしょうか。
いずれにしろ、これからも何か進展はあると思います。
いやぁ、それにしてもご遺族の方は気の毒ですね。事故にでも遭ったと思っていただくしかないでしょう。
精神鑑定の結果次第ですとは言ってますけど、結果がこれじゃあ十中八九不起訴処分で病院送りですからね。
何しろ相手はキチガ…おっと、失礼。



14

おう、お前か。久しぶりだな。
外がとんでもない事になってるな。俺らの話で持ち切りだぜ?
俺だってバカじゃねぇ。もう気付いてるよ。お前も俺らと一緒なんだろう?
ずっと話を聞いてただけの、お前。お前が本当の俺か?
何にしろ、このままじゃ困っちまうな。家でろくろく音楽も聞けやしねぇ。
つい前までドビュッシーがマイムーブメントでな。ジムノペディよく聞いてたんだ。
エリック・サティのピアノ・バージョンもいいんだが、やっぱこう、大勢でやった時の一体感がな。
バンドと通ずるっつーか。
今までパンク一辺倒だったのがよ。笑っちまうな。