※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2008年の秋の終わり・・・
俺の大切な人は死んだ。
そいつとは幼馴染みで、お互いに気の合う最高のパートナーだった。
でも、あの時からこうなるとは予想はしていた・・・
けど、俺は悔しかった。
あの時・・・なんであの一言が言えなかったのだろうか。
俺は・・・俺は・・・・ッ
2007年の夏・・・
俺は【槇原健二】すごいド田舎に住んでいる高校2年生で成績も性格もごく普通な奴。
今日も高校。明日も高校・・・はぁ・・・めんどくせぇなぁ・・・
そうそう、ごく普通だけどひとつだけ違う。俺はある事情があって一人で暮らしてるんだ。
インターホン「ピンポーン」
健二:「ん、きたきた」
健二:「おぅ、おはよう!」
梨絵:「おっはよ~」
こいつは【芹沢梨絵】俺の幼馴染みだ。いつも高校へ行くとき一緒に通っている。
梨絵:「んじゃ行こっか。眞美、待ってるかもしれないし。」
健二:「ちょっとたんま!トイレ行ってくる!!」
梨絵:「ちょ・・・もぉー早くしてよ~?」
健二:「おまたせ。げっ・・・もう30分じゃん」
梨絵:「あーあ、これじゃまた眞美になんかおごらなくっちゃねぇ?」
健二:「今月きびぃからまじ勘弁だよーー」
こんな感じで毎日が過ぎる・・・平和ってこのことなんだよな。
眞美:「ぁ、おはよ・・・。」
こいつは【神崎眞美】いつも眠そうな顔をしてる。この前立ったまま寝たことがあるあぶなっかしい女の子。
梨絵と大が3つぐらいつくほどの親友で、梨絵のそばにはいつも眞美がいる・・・そんな感じ。
梨絵:「よぉ~し、今日の小テスト!絶対健君越してみせるぞー!!」
健二:「俺のカンペパワーに勝てるわけがなかろう、ニッヒッヒ」
梨絵:「ふふふ、どうだかねぇ?」
眞美:「ねー・・・今度からバスで行かない・・・?・・・この坂きついよぉ」
健二:「そうだなぁ・・・財布と会議する必要があるんだが。」
眞美:「はーぁ・・・健二がお金持ちだったらな・・・ガックシ」
梨絵:「まぁいいじゃん?着いたしw」
眞美:「うー眠い・・・・」