育成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

育成の基準となるのは
才能 (将来性)
総合能力
特殊能力  の3つです。


○才能 (将来性)
能力アップを目指すなら才能は最低B(スカウトなら「素晴らしい才能」以上」)以上でないと厳しいです。特にA以上が望ましいです。


○総合能力
評価から将来性とのかねあいで考えますが、特化型以外で全盛期に総合A以下になりそうな能力であると厳しいです。

○特殊能力
2.5は特殊を何個でもつけれるため才能が低い選手(即戦力選手に多い?)には能力アップの変わりに積極的に特殊をつけるのをお勧めします。キャンプでの特殊追加はあく特殊がつくことも多いようです。
(編集 たたた、mine、サー)





ボーナスポイントから見た育成理論。
どの選手でも総合B弱まではボーナス成長(詳しくは遊び方)が顕著なようです。そこで、その成長分も考慮に入れた育成(特化型作成)についてについての考えです。単純ですが・・・


①総合B弱までは伸ばしたい能力のみの練習に限定する。(キャンプはボーナス成長がないので好きな練習で可)
②総合B程度になったら最終的に目指す能力に向けて練習を選び能力を調整する。
というものです。
例(打撃特化野手を作る場合)
上げたい能力はパワー、ミートなのですが、筋トレはボーナスがパワー、肩なので最初はティーorフリーです。(フリーはかなりボーナスに依存するためティーがお勧めですが・・・) そして総合B近くになりボーナス成長がほぼなくなったら筋トレとティーをうまく使って能力を上げていきます。(大抵前2つがB SSとかになるので筋トレ重視になりそうですが。)


投手は特化型の活躍が見込みにくいので主に野手に有効だと思われます。同様に悪特殊除去も若いうちがいいのかな?

変化球については年齢、才能依存が大きいので総合が高くてもその2つが十分であれば結構伸びる気がします。失礼しました。


(編集 たたた)

(総編集 たたた)



コメント欄(何かあれば書き込みお願いします。)

  • うーむ -- 名無しさん (2014-12-06 12:45:59)
名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。