ツインユニット


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ツインユニットシステム


Q:ツインユニットって使ったほうがいい?普通に援護させるのとどっちがいいの?
A:有利な点不利な点あるから状況に応じて。

メリット

  • 合流することで、機体に設定されている機体特性ごとにダメージや命中率にボーナスが付くなどの特典がある(下記「ユニット特性」参照)。
    また、二人分のSPを消費するが強力なツイン精神が使える。
  • ツインユニットにツインユニットで援護攻撃を行うことで、最大4機が一斉に攻撃できる。
    ユニット特性、ツイン精神の魂なども考慮すれば、一度の攻撃で与えるダメージはGBA版の2倍以上にも。撤退ボスの撃破が容易になった。
  • 獲得経験値・PPの75%がサブにも入るため、全体として敵から得られる経験値・PPが増える(→二週目以降の引き継ぎ量が多くなる。特にPPは分配方式なので総量が多ければ多いほど有利)。
    ただし修理(補給)による経験値は行動を行ったキャラにのみ入る。
  • ツインユニットが修理されるとき、メイン・サブ共にHPが回復する。
  • 援護技能を持たないユニットも、ツインユニットとなることで援護攻撃のように一度に攻撃できるようになる。
    援護持ちの少ない序盤で撤退ボスを倒すときなどに使える。
    また、援護と違い、サブユニットの攻撃時にも熱血などの効果を得られるので、SP消費を考慮しないなら援護攻撃よりもダメージは大きくなる。
  • 努力・幸運・加速・覚醒・直撃などの効果はツインユニット双方に効果がある。直撃1回分のSP消費で2回特殊武器を撃ち込むこともできる。
  • 反撃も2機が行うため反撃効率があがる。狙われたユニットは回避・防御し、もう一方で反撃、といったことも。
  • ステージによっては貴重な回復地形を2機で活用できる。
  • どうやらツインユニットにして合体攻撃すると威力に補正がかかる模様。
    ex キョウスケとエクセレンをツインユニットにするとランページの威力に+20%の修正。これは恋愛補正とは別にかかる。

デメリット

  • メインユニットが敵サブユニットに(サブが敵メインに)攻撃をする際には与えるダメージが本来の65%に落ちる。
    そのため、撤退しないボスをただ削る時などは単体で攻撃するより効率が悪い。
  • 動かせる総ユニット数が減るため、戦闘範囲自体は狭まる。
    「制限ターン以内に敵を全滅させる」などのマップでは単体運用のほうが効率よく敵を殲滅できる。
  • 陸のみしか移動できないユニットと飛行ユニットが組むと、地上移動しかできなくなる。
    しかしこれを利用してR-3パワードで地上のユニットを援護する、といった荒業も可能となる。
  • ツインユニットの移動力は、双方の移動力の平均値になる。足の遅いユニットは文字通り足を引っ張ることに。
  • 敵が全体攻撃武器を使用した場合、双方に被害が及ぶ。
  • 移動後合流するとその場で行動しなければならないため、合流するユニットがお互い遠いととっさの行動がしにくい。
  • 敵ツインユニットにもユニット特性は発揮される。

備考/応用

  • 最大のメリットは「ツイン攻撃+ツイン援護」による最大ダメージの底上げ。HP減少で撤退するボスに。
  • また強キャラと弱キャラを組ませることで、弱キャラの経験値やPP稼ぎが簡単にできる。
  • 加速持ち・ヒット&アウェイ持ちと組ませることによって遅いユニットを運んだりも。
  • 基本的には攻撃スタイル、射程が似た機体で組ませると通常運用しやすい。
    例:R-1+グルンガスト
  • 逆に射程の違いすぎるユニットとは相性が悪い。
    例:グルンガスト(最強武器射程1)+ヒュッケMk-II(最強武器射程2~8)
  • 魂・闘志などの自グループ系のツイン精神は解散すると同時に効果が切れる(使用後に解散しようとすると警告が出る)。
  • 援護とツインのダメージ効率については技能「集束攻撃」「連携攻撃」の有無により変わる。
  • 撃墜数が増えるのは敵のHPを0にしたパイロット一人のみ。
  • メインの攻撃でHP0にしてサブの攻撃が当たった場合はメインの撃墜+1。
    メインの攻撃で倒しきれずサブの攻撃でHP0にすればサブの撃墜+1となる(援護攻撃・ツイン援護も同様)
  • ALL武器はサブが同じ属性の武器持ってないとツイン攻撃不可(メインALLとサブALLなら同時攻撃可能。ALL武器とALLW武器でも同時攻撃可能)
  • ALLWでダブルアタックしたときはツイン行動不可。
  • 周囲に覚醒持ちのユニットを置いてSPが切れたら違うユニットと合流、再び覚醒を使用することで一気に押し切る戦法が可能。
  • 援護したいけどあと一歩足りない!って時にちょうどいい位置の味方と合流して援護。
  • 合流後、移動せずに解散した場合、メインユニットとサブユニットは元いた位置にパージされる。
    ユニットがパージされる位置に別のユニットがいる場合、メインユニットの北側にサブユニットがパージされるようになる。
  • 移動した後に解散した場合、メインユニットの北側にサブユニットがパージされる。
    北側に他のユニットがいれば東側、北・東に他のユニットがいれば南側、北・東・南にいれば西側、と時計回り。
    四方全てに他ユニットがいる場合は北西→北東→南東→南西、八方全てにユニットがいる場合は北側2マス目→東側2マス目…
    • 北に進軍する時、移動した次のターンに一度解散して北に出た方で再合流すると1マス得になる。

ユニット特性


違う特性同士で組むと両方の特性を持つ。
同じ特性の場合元の効果と特殊効果を持つ。

格闘

格闘武器のダメージ+5%
  • W:格闘武器のダメージ+5%、移動力+1

特性を持つ機体
  • アルトアイゼン
  • アルトアイゼン・ナハト
  • アルトアイゼン・リーゼ
  • サイバスター
  • ゲシュペンストMk-II・タイプS
  • グルンガスト零式
  • グルンガスト
  • グルンガスト(2号機)
  • グルンガスト弐式
  • グルンガスト参式
  • ダイゼンガー
  • ビルトビルガー
  • ビルトビルガー・タイプL
  • アルブレード
  • 虎龍王
  • ヴァイサーガ
  • エクサランス・ストライカー
  • コンパチブルカイザー

射撃

射撃武器のダメージ+5%
  • W:射撃武器のダメージ+5%、射程+1
    (射程1の格闘武器にさえ、この射程上昇は有効)

特性を持つ機体
  • ヴァイスリッター
  • ライン・ヴァイスリッター
  • ビルトラプター
  • シュッツバルト
  • アウセンザイター
  • ビルトファルケン
  • ヴァルシオン改
  • ゲシュペンスト・タイプRV
  • AMガンナー
  • 龍虎王
  • アンジュルグ
  • アシュセイヴァー
  • エクサランス・コスモドライバー
  • エクサランス・フライヤー
  • ラーズアングリフ
  • ラーズアングリフ・レイブン
  • ランドグリーズ
  • ランドグリーズ・レイブン

念動

念動武器のダメージ+5%
  • W:念動武器のダメージ+5%、念動力Lv+1
    • 念動力Lv9のパイロットがこれによってLv10になることはない模様。
    • α主人公系のパイロットはLv8で止まる場合が多いので、これを利用するとよい。
    • 当然ながら、念動力を持たないパイロットでは何の意味もない。
      念動力保持者のLvを補正するものであり、非保持者がLv1になるわけではない。
    • 念動武器のダメージ上昇は、格闘、射撃のツインと累積するのでSRXで射撃タイプのユニットとツインを組めばさらに必殺砲のダメージ上昇。

特性を持つ機体
  • SRX
  • R-1
  • R-3
  • R-3パワード
  • R-GUN
  • R-GUNパワード
  • 量産型ゲシュペンストMk-II・TT
  • ヒュッケバインガンナー・L
  • ヒュッケバインガンナー・R
  • ヒュッケバインボクサー・L
  • ヒュッケバインボクサー・R
  • ART-1

命中

命中率+5%
  • W:命中率+5%、クリティカル率+50%
    • 標準のパイロットの技量も比較的高めなため、効果も相俟って疑似闘志のようなことになる。
    • 地味ではあるが結構有用。

特性を持つ機体
  • R-2
  • R-2パワード
  • ヒュッケバイン008L
  • ヒュッケバイン
  • ヒュッケバインMk-II
  • ヒュッケバインMk-II・トロンベ
  • ガーリオン
  • ガーリオン・カスタム
  • F-28メッサー
  • SF-29ランゼン
  • F-32Vシュヴェールト改
  • ミロンガ

回避

回避率+5%
  • W:回避率+5%、ユニットに「分身」追加
    • ツイン特性は分身だが、デフォルトで分身を持っている機体が多いのが悔やまれる。
    • 分身持ちの機体のパイロットが援護防御を持っていると、援護防御→分身でノーダメージにすることが可能。
    • 可変機構を持つ機体の飛行形態は全てこの特性を持つ。可変ユニット同士でツインを組ませるとよい。
    • ☆は初期状態で分身を持っている機体をさす。

特性を持つ機体
  • R-ウィング
  • サイバード
  • ウィングガスト
  • ウィングガスト(2号機)
  • Gホーク
  • Gラプター
  • ヴァルシオーネ(☆)
  • ビルトラプター(FM)
  • ゲシュペンスト・タイプR
  • ゲシュペンストMk-II・タイプR
  • ヒュッケバインMk-III・タイプL(☆)
  • ヒュッケバインMk-III・タイプR(☆)
  • ヒュッケバインMk-III・トロンベ(☆)
  • アステリオン
  • フェアリオン・タイプS(☆)
  • フェアリオン・タイプG(☆)
  • ART-ウィング
  • ペルゼイン・リヒカイト(☆)
    ※OG2最終話スポット参戦

防御

ダメージ-5%
  • W:ダメージ-5%、バリアの効果+200
    • 防御の特性を持つユニット自体が少ないため、特殊効果の意味はほぼ無いに等しい。
    • ガストランダー同士のツインで、一号機にG・テリトリーを装備させておくといったような狙った運用が必要となる。

特性を持つ機体
  • Gバイソン
  • ジガンスクード
  • ジガンスクード・ドゥロ
  • ガストランダー
  • ガストランダー(2号機)

汎用

命中率+5%、回避率+5%
  • W:格闘武器のダメージ+5%、射撃武器のダメージ+5%、最終命中率+10%、最終回避率+10%
    • 基本的に量産機系の機体特性なので、どうしても発揮する機会は乏しくなりがち。
    • 一方、敵のツインユニットは大半がこのW効果を発揮している。
      この場合、最終命中率とダメージ強化の関係からアンラッキーヒットが起こる可能性があるのが厄介。
      軽視すると回避系の機体が一撃で撃墜される事もあるので、集中や見切りなどで安全を確保したい。

特性を持つ機体
  • リオン・タイプF
  • ビルトシュバイン
  • ヒュッケバイン009
  • アーマリオン
  • 量産型ゲシュペンストMk-II
  • 量産型ヒュッケバインMk-II
  • ズィーガーリオン

おすすめツインユニット

OG1

SRX R-GUN
  • 念動特性・長射程ALL持ち同士のツイン。
    • R-GUNには念動力・気迫・修行の三拍子揃ったリオを推奨。
    • 残念ながらリュウセイ編でのみ使用可能。

R-1 サイバスター
  • 射程1のP格闘武器主体の戦闘を行う可変機体同士のツイン。
    • 特性面では無駄があるが、運用の癖はなく扱い易い。
      • R-1はナックルではなく、改造効率がよく使用回数制限がないコールドメタルナイフでの戦闘を推奨。
    • R-1のナックルと念動破砕剣には念動・格闘双方の補正が掛かる。
    • DC版SRW-αであった合体攻撃(アカシックブレイカー)がないのが残念。

R-2パワード ヒュッケバイン008L
  • 命中特性・長射程射撃武器持ち同士のツイン。
    • 008Lにグラビトン・ランチャーを装備すると射撃の癖が統一される。
    • 008Lのパイロットは、性格面で気力を稼ぎやすいラトゥーニを推奨。天才ツインでもある。
      • 結果、攻撃時にはほぼ毎回クリティカルを期待できるだろう。

R-3 R-GUN
  • 念動特性・長射程ALL持ち同士のツイン。
    • R-3はパワードになってからは防塵装置を使用すること。もしくはR-GUNにテスラドライブを。
    • R-GUNには長射程の武器を持たせてストライクシールドと攻撃を合わせたいところ。

グルンガスト サイバスター
  • 格闘・回避特性同士で好相性。OG1序盤から活躍できるのも大きい。
    • グルンガストにはブースターを装備させるかインファイト持ちを搭乗させること。
    • ウイングガストとサイバードになれば移動力8、分身つきになる。

グルンガスト グルンガスト弐式
  • こちらも格闘・回避特性同士で好相性。OG1中盤から活躍できる。
    • 同様にグルンガストにはブースターを装備させるかインファイト持ちを搭乗させること。
    • ALL兵器やナックルの射程に差があるため、運用には癖があるのが難。

グルンガスト グルンガスト2号機
  • グルンガスト・ツイン。相性は当然ながら完璧であろう。
    • キョウスケ編のみ使用可能。

グルンガスト グルンガスト零式
  • 格闘特性・射程1のPALL持ち同士のもう一つのグルンガスト・ツイン。
    • ツインナックル・ツインビーム・ツイン必殺剣と戦闘面に隙は殆どない。
    • ゼンガーとの信頼補正を考えるとグルンガストにブリットを乗せても面白い。この場合、イルムはアーマリオンを担当か。

アルトアイゼン R-1
  • OG1の主人公機同士のツイン。
  • 射程1のP格闘武器や有射程の格闘武器は両機に共通。共に陸適応Sなこともあって運用面に癖はない。
    • R-1にはショットガンを持たせると雑魚掃討も効率的に行える。
    • キョウスケルートではSRXが使えないため、ボス戦闘における合体攻撃ラッシュの軸となるツインでもある。

アルトアイゼン グルンガスト弐式
  • 格闘特性・射程3必殺技持ち同士のツイン。
    • ランページ+瞬獄剣は援護にも便利。

アルトアイゼン グルンガスト零式
  • 格闘特性・PALL持ち同士のツイン(アルトには突撃持ちを乗せる必要があるが…)。
    • ランページ+斬艦刀でボス戦もこなす。

ヴァイスリッター ヴァルシオン改
  • 射撃特性・長射程持ち同士のツイン。
    • エクセレンの直撃でヴァルシオン改の特殊武器を有効活用する。

ヒュッケバインMk-II ヒュッケバインMk-II・トロンベ
  • 命中特性を持つ同型機によるツイン。
    • パイロットは信頼補正を活かし、カイorギリアムとエルザムで。
    • エルザムの直撃がツイン双方に有効なので、バリア貫通を持たないGインパクトを纏めてボス戦で投入可能なのも大きい。

アーマリオン リオン・F
  • 汎用特性を持つリオンシリーズによるツイン。
    • どちらもOG1では希少な空Sで組みやすい。アーマリオンに撃墜数を稼ぎさせたいキャラ、リオンFに育てたいキャラで育ちまくり。
    • ただし、リオン・Fを入手できるのはリュウセイ編のみ。

グルンガスト弐式 ビルトラプター
  • 長距離射程ALL持ち+変形機構のツイン。
    • Wツイン効果はないものの、移動攻撃共に相性が良い。
    • ビルトラプターをサブにして戦闘アニメを見るとフリーズする報告があるのでアニメOFFが基本。詳細はバグ情報を参照とのこと。

グルンガスト弐式 ビルトシュバイン
  • 射程2以上のバリア貫通ツイン。終盤の膨大なHPと歪曲フィールドを持つボスを援護で効率よく削ることが出来る。
  • 前後左右を開けられるので援護攻撃回数を使い切るのが容易な上、暗剣殺や爆砕剣などの射程1の武器を援護可能なのも便利。
  • 援護攻撃レベルが高い、または闘志を持つパイロットを乗せると強い。恋愛補正を併せ持つクスハ&ブリットなどが有力。
  • 弐式のパイロットにEセーブをつけたり、シュバインに高性能レーダーをつけたりするとより強力になる。

OG2/2.5

SRX ヒュッケバインガンナー・R
  • 念動特性・多人数乗り・長射程ALL・長射程必殺技持ちの超贅沢ツイン。
    • PPを稼ぎたい場合はガンナーのメインに修行持ちのキャラを乗せて、もう片方にはPPを稼がせたいキャラを。
      • 修行持ちはタスク、リオ、アイビスの三人。タスクとリオは念動力持ちなのでMk-IIIに乗せればフルインパクトキャノンも使える。
      • リオとアイビスは努力持ちなのでリュウセイの幸運と合わせて自分達で賄える。
    • ユウキ&カーラなら突撃とH&AでP武器が貧弱なガンナーの弱点を補える。デフォで気迫と援護攻撃を持っている点も良い。
      バリア貫通の無かったフルインパクトもライの直撃でバリアを無効に出来るように。
    • ほぼボスのトドメ役は確定だが意外や意外、SRXにヒット&アウェイを養成すると雑魚戦でもぐっと使いやすくなるツイン。
      ガンナーサブに突撃持ちを乗せると言う解決手段が思いつくが、ブレードキックとフルインパクトキャノンの射程が重なるのは3マスだけのため、
      ツイン運用だと実は結局使いにくいままだったりする。ブレードキックはガンファイトでは伸びません。
    • ガンナーのメインパイロットがヒット&アウェイ担当でも良いが、その場合はSRX三人にラーニングをつける……か?
      SRXの技能を圧迫したくなければガンナーのバルカン改造&ガンファイトでブレードキックに射程を重ねるべし。
      色々試した結果、ヒット&アウェイでハイフィンガー&グラビトン、ドミニオン&フルインパクトで合わせた方が便利。
      SRXの主兵装が弾数に偏るので、一撃必殺砲乱舞が特にしやすくなる。ガンナーは分離による自己補給やエナジードレインなどで……

R-GUNパワード ヒュッケバインボクサー・L
  • 念動特性・単体戦専用のツイン。
    • 上記ツインの相棒役。
    • R-GUNパワードはマイ一択。
    • ヒュッケバインボクサー・Lは防御に秀でるタスクかカーラを推奨。
    • 撤退ボスが後半ほぼ居ないため、ボクサーをリョウトにしてマイと覚醒・魂を乱発。余裕が有れば手加減しちゃったりで、限界までの削りもOK。
      その場合トドメとPPはSRXとガンナー・Rの修行付きに持って行かれるか。
    • 色んな意味で上記ツインをナイスアシストの相棒役。

SRX ヒュッケバインボクサー
  • 念動特性・本作最大ダメージを叩き出せるツイン。
    • 一撃必殺は男のロマン。オーバーキルでも何のその。
    • 下準備としてR-GUNパワードは威力の高くなるマイ、そしてボクサーにはリョウトを。
    • 射程3~4と微妙な距離で魂かけてぶち込むだけ。単発威力だけ見れば最強。
    • 見返りは少ない気もするが。覚醒を交互に使い、魂も――……SP足りねぇよ!

SRX ラーズアングリフ・レイヴン
  • 念動射撃特性・本作における単発ダメージ第2位を叩きだすツイン。
    • 暗剣殺やエリアルクレイモアと組み合わせるより実は強くなる一撃必殺砲&集束荷電粒子砲。
      その鍵は念動属性と射撃属性のツインによる一撃必殺砲への補正の重ねがけ。
    • 移動適正やP武装・ALL武装・最強武装の射程、継戦時間などに関して上手く噛み合っている。
      基本はブレードキック&ヘヴィ・リニアライフルか、ヒット&アウェイでのハイフィンガーランチャー&マトリクスミサイル。
      ちょっと強い単機にはドミニオンボール&ツインソリッドカノンで対処を行い、ボスには一撃必殺砲と集束荷電粒子砲で。
    • 威力より効率を求めるとしても、SRXとR-GUNでツインを組んだ時の1.2倍補正の方がより効率的な罠。
    • ラーズアングリフ・レイヴンにリョウトを乗せた時が威力第2位。カイorカチーナだと第4位の威力に。
      • カイorカチーナの場合、SRXと穴馬で組んだツインの熱血攻撃と僅差なので、魂の消費が多い分だけ損した気分になれる。
    • ボクサーもガンナーもR-GUNパワードも他の機体とツインを組ませてSRXが孤立した、って時の筆頭候補かと。

SRX アシュセイヴァー
  • 念動射撃特性・本作における単発ダメージ第3位を叩きだすツイン。
    • 暗剣殺やエリアルクレイモアと組み合わせるより実は強くなる一撃必殺砲&ソードブレイカー。
      その鍵は念動属性と射撃属性のツインによる一撃必殺砲への補正の重ねがけ。
    • 意外と最強武装同士の射程に関しても上手く噛み合ったりするので、固定砲台で乱射するとしても便利……か?
    • 威力より効率を求めるとしても、やはりSRXとR-GUNでツインを組んだ時の1.2倍補正の方がより効率的なのは仕方ない。
    • アシュセイヴァーにリョウトを乗せた時が威力第2位。カイorカチーナだと第5位の威力に。
      • カイorカチーナの場合、SRXと穴馬で組んだツインの熱血攻撃と僅差なので、やはり魂の消費が多い分だけ損した気分になれる。
    • ボクサーもガンナーもR-GUNパワードもラーズアングリフ・レイヴンも他の機体とツインを組ませてSRXが孤立した、って時にでも。

龍虎王 ヒュッケバインガンナー・L
  • 龍虎王とガンナーの複数搭乗を活用する夢のα主役後継機ツインその1。
    • メイン形態は龍虎王。ガンナーはツイン精神の修行も担当するため、フルインパクトを考えるとタスクかリオになる。
    • 龍虎王のマウンテンとガンナー・LのグラビトンのダブルALL攻撃が運用の中心。
    • フルインパクトの最短射程は3なので、龍虎王の側で調整をする必要あり。虎龍王に変形しても良い。
    • 基本的には雑魚掃討用だが、援護要員としても運用可能。両者の長射程と燃費が光る。
      闘志も合わせて夢のα主役後継機ツインはまさに援護の鬼。
    • さり気なくガンナーは射撃+5%と念動+5%の補正双方を受けて地味に強くなる。

龍虎王 ヒュッケバインボクサー・L
  • 龍虎王の複数搭乗を活用する夢のα主役後継機ツインその2。
    • メイン形態は虎龍王。ボクサーはツイン精神の修行担当のため、Gソードを考えるとタスクかリオになる。
    • ALL攻撃は無いが、低燃費最強武器の乱発による各個撃破で十分敵を壊滅可能。
    • 射程5以上の攻撃はご遠慮ください。もとい、高性能レーダーなどで双方の射程延長は必須。
    • 援護要員としても脅威の単体威力・燃費が光る。闘志も合わせて夢のα主役後継機ツインはまさに援護の鬼。
    • さり気なくボクサーは格闘+5%と念動+5%の補正双方を受けて地味に強くなる。

ヴァイサーガ ヒュッケバインボクサー
  • 虎龍王の代わりにヴァイサーガを使う白兵戦用ツイン。
    • 燃費の良い高威力&バリア貫通必殺技の援護を連打せよ!(ラミア援護攻撃持ってないけど!)
    • 虎龍王とは違い、ヴァイサーガの最大射程が7なので一応反撃不能になることは少ない。
    • 双方ENと最大攻撃の消費が似ているためガス欠はほぼ同時となる。

龍虎王 アンジュルグ
  • 射撃特性の特機によるツイン。
    • 強化パーツでは不可能な龍王破山剣・逆鱗断の射程を延ばせるので援護に使いやすい。
    • 援護攻撃は養成で。
    • 両機ともALL持ちなので掃討能力に秀でる。
    • 長射程・P格闘も持ち、武装に死角はない。
    • クスハとラミアがいずれも覚醒持ちなのでヒット&アウェイと組み合わせて手数を増やせる。
    • 常時虎龍王推奨な性能ではあるが、なんとか龍虎王として使いたい人向け(?)。
    • ちなみに、両機ともフル改造ボーナスはEN回復(小)。長期戦には圧倒的に強くなりうる。

龍虎王 ラーズアングリフ・レイブン
  • 射撃特性・長射程ALL持ち同士のツイン。
    • レイブンにはスクリューモジュールを装備させ、移動タイプを完璧にすること。
    • 虎龍王状態用にシシオウブレードを装備させると更に良い。
      • パイロットはブリットのライバルであるユウキのままでOK。
        クスハの信頼補正と修行を利用するためにもリオを搭乗させても面白い。

フェアリオン・タイプS フェアリオン・タイプG
  • 回避特性を持つ同型機のツイン。
    • お約束というべきツイン。
    • ある意味、ツインユニットの原型となった二人である。
    • 利点は合体攻撃威力補正に尽きる。それだけでも十分過ぎるが。
    • 機体が分身持ちのためW回避のメリットは少ない。
      ただしツイン補正+友情補正で常時回避+20%となるため、SPを集中ではなく熱血やサポート精神に回せるようになる。
    • 加速や覚醒がないため先行して囮役になるには移動力がやや不足ぎみ。合体攻撃のためにもインファイトを養成したい。
    • こだわりがなければメインはシャインの方がやや有利か。恋愛補正Lvの差および予知とエースボーナスの資金増量。
      • ラトは天才補正が利点なので、回避や攻撃力が充分なら命中率目当てでラトメインと言う手もあるにはある。
      • 攻撃力はラトのほうが上なので、ラトで援護→シャインで行動と分けてみたり、シャインのツイン精神・同調でカバーすることもできる。

R-2パワード ヒュッケバインMk-II
  • 命中特性を活かしたツイン。
    • 移動後射程4の低燃費固定武装でガンガン攻め込め!
    • 天才込みでCT率100%突破のビームチャクラムと、天才がなくともCT率95%になるMk-IIのチャクラム。
    • 単体武器の射程・必要気力も似通ってて良い感じ。ALL攻撃だけはR-2単独となるが。
    • 汎用武器をまわす余裕がない序盤にこそ運用する価値あり。CT連発で数値以上の戦果を出してくれます。
    • ブリットだとツイン精神の闘志が死に精神化するため、Mk-IIの乗り換えを推奨。
      その場合はフェアリオンまでの繋ぎとしてラト推奨。ダブル天才強し。
    • 中盤以降は合体要員と倉庫番なのが悲しい所。

ダイゼンガー ゲシュペンストMk-II・タイプS
  • 格闘特性を活かした白兵戦用のツイン。
    • 教導隊の格闘担当のツイン。
    • カイの指揮官・エースボーナス・信頼補正が相俟って、親分が回避可能になるのも大きい。

アウセンザイター ゲシュペンスト・タイプRV
  • 射撃特性と長射程ALLを活かした射撃戦闘用のツイン。
    • 教導隊の射撃担当のツイン。
    • ヴァンピーア・レーザーをレーツェルの直撃で確実にヒットさせることが可能。
    • ぶっちゃけ攻撃力過剰。メイン機のALL攻撃時点で敵ツインが壊滅してたりなんてザラ。
    • 雑魚掃討には滅法強いが、ボス戦の際には解散して別の人とペアになりましょう。
      ギリアムは余剰気味のWゲージを活かして直撃持ちと組んで覚醒しつつボスの弱体化を。レーツェルは合体攻撃専念。
      • RVに特殊武器を装備させ、合体攻撃+特殊武器によるボス戦闘をもこなし得る。

アルトアイゼン アルブレード
  • 格闘特性同士のツイン。
    • ステークとトンファーの相性もよく、中盤で活躍が期待できる。
    • アルブレードはブリットかアラドが担当することになりそう。2人が乗り換えたあともカチーナやカイを乗せれば十分運用可能。

アルトアイゼン 虎龍王
  • 格闘特性を活かした白兵戦用のツイン。
    • キョウスケの加速とクスハの覚醒で敵陣に深く攻め込め!
    • 信頼補正で回避命中に補正がかかるのも強み。
    • 射程3マス以内に入った敵機は鉄杭とヌンチャクで生かして帰しません。
    • スクエア・クレイモア?なにそれ、美味いの?
      個別・集中攻撃でおk。
    • リーゼだとアヴァランチクレイモアが活用しにくくて勿体無いので非推奨。
      • クレイモアの射程をレーダーで延長し、龍虎王のマウンテンと重ねるのも手。

ダイゼンガー アルトアイゼン・リーゼ
  • 格闘特性を活かした白兵戦用のツイン。
    • 合体攻撃担当。下とは対をなす。

アウセンザイター ライン・ヴァイスリッター
  • 射撃特性と長射程ALLを活かした射撃戦闘用のツイン。
    • 合体攻撃の威力と射程アップ。上とは対をなす。
    • しかし地形適応がちぐはぐ。穴馬にテスラか、ラインに防塵を。
    • そして合体攻撃の威力アップとは言うが、射撃特性×2でも5%+5%=10%の威力上昇になるわけではなかったりする。
    • ツイン組めれば誰でも+5%の補正は付くので、臨機応変に。相方なら補正かかるが。

ライン・ヴァイスリッター ダイゼンガー
  • 技能枠・エースボーナスで選ぶダブル合体援護用のツイン。
    • エースボーナスで援護特化のエクセレンはもちろん、技能面でコーディネイトしやすい親分をチョイス。
    • 親分の相方の食通は技能面がほぼ埋まっていて養成に悩むこと請け合い。なら親分を養成だ!
    • 親分とエクセレンに援攻・連携、どちらかと言えばALL持ちのエクセレンに集束を養成。アタッカーは言わずもがな。
    • 親分をメインにして双方が合体攻撃で援護。瞬間最大火力を出すには必須。これで親分も面目が保てる。
    • 後半撤退ボスが少ないため、「最大火力援護」と言うのが必要かと言われれば疑問が残るが。

ビルトビルガー アルトアイゼン・リーゼ
  • 格闘特性を活かした兄弟機のツイン。
    • 合体攻撃担当。下とは対をなす。
    • リーゼにはテスラ・ドライブを装備させること。
    • もしくは陸上運用で。ビルガーも空A陸Sなので。
    • 欠点は、アラドとキョウスケのツイン精神が双方とも連撃であること。

ビルトファルケン ライン・ヴァイスリッター
  • 射撃特性と長射程ALLを活かした姉妹機のツイン。
    • 合体攻撃担当。上とは対をなす。
    • こちらはバリバリ空戦強し。ほとんど戦場宇宙だが。
    • どっちがメインになっても武装のレンジに変化が乏しい。そういった意味ではツインを組んでも応用を効かせ辛いと言える。
    • やや命中にかけるゼオラも、エクセレンの同調でフォローできる。

ヴァイスリッター アシュセイヴァー
  • 射撃特性と固定武器の性能が似通った機体同士のツイン。
    • 二機ともシシオウブレード装備で射程延ばして斬り刻むのが爽快。オクスタンWとソードブレイカーで援護するも良し。
    • ショットガンやガンレイピア装備して突っ込むも良し、長射程ALLを重ねてヒット&アウェイで攻め込むも良し。
    • ヴァイスはエクセレンのまま、アシュセイヴァーに加速持ち格闘キャラを乗せて毎ターン同調推奨。タスクと組めば台詞も二倍美味しい。
    • ただし、地形適応注意。ヴァイスの方に防塵装置が妥当か。
      • 合流可能期間が2話ほどなのが一番の欠点か、そうですか。

サイバード アステリオン
  • 回避特性を活かした超高機動型のツイン。
    • 分身回避とP攻撃で敵陣を撹乱する空中戦が本領。マサキ・アイビスの二人は超強気なので気力には困らない。
    • MAPWの獲得PP半減を修行で補えるのも魅力。
    • 欠点はダメージ源であるアカシックバスターとマニューバーRaMVsの噛み合う射程が3しかないこと。よく考えて動かそう。
      • マシンキャノンはアカシックバスターと射程が一致するため、こちらをメインに考えるのもあり。
        • アステリオンにシシオウブレードを装備させてもよい。ディスカッターやアカシックバスターとの相性も良好である。
          マニューバーRaMVsにはバリア貫通効果がないため、それを補完する意味もある。

アーマリオン ズィーガーリオン
  • 汎用特性をもつ空S機体同士のツイン。
    • 見よ、このツインボーナスの贅沢さ。
    • 汎用属性の機体が少ない中で、終盤まで一軍で通用する汎用属性のユニットはこの二機くらいなモノ。
    • 基本は改造費11万P武器のロシュセイバー&ブレードレールガンでの突撃殲滅(後者は先行投資で11万だが)
    • ズィーガーにグラビトンかリニアミサイルランチャーを持たせると、スクエア・クラスターも安定する。
    • ソニック・アクセラレーションの移動後長射程にあわせられない事だけはどうしようもない。
      アーマリオンに高性能レーダーを増設しまくるか、突撃してスプリットビームで合わせるか、
      おとなしく体育座りしておくか。お好きな選択肢を選んでどうぞ。
      • ツインを組めるタイミングがライン・ヴァイスリッター参入と同タイミング。つまり、最終盤になってからなのも問題あり。

アステリオン ズィーガーリオン
  • 長射程P必殺技を持つ宇宙適応Sの高機動型AM同士のツイン。
    • 回避と汎用の特性で最終回避率が+10%されるのも大きい。
    • 射程3~5のP必殺技と射程1~3のP武器のマシンキャノンといったように、両機とも武装が酷似しているため運用の癖はない。
    • ガンファイトとの相性も抜群であり、強力な切り込み役を担ってくれるはず。
      • レオナに直撃があるため、マニューバーRaMVsが歪曲フィールド持ちにも有効なのが有難い。
        勿論、両機のWゲージを活かした特殊武器によるボスの能力低下を狙っても良い。

ヒュッケバインボクサー・L ズィーガーリオン
  • 念動、補正持ちαカップルでのツイン。
    • 武器仕様、運用方法がマッチする。
    • 雑魚掃除はリニアorグラビトンランチャーで長射程&ALLの穴を埋めたズィーガー、ボス相手はボクサーとメイン担当を分ける。
    • パイロットはタスク、レオナだと直撃不要、加速が被ってモッタイナイ感が残るのでリョウトorユウキで。

ビルトビルガー・タイプL ゲシュペンスト・タイプRV
  • 対ボス戦での一番槍・ツイン。
    • ビルガーは直撃持ちで。カイが恐らく妥当。もったいない気もするが。
    • 基本は満遍なく弱体化兵装を搭載し、覚醒+直撃でボスを徹底的に弱らせるのが役目。
    • 最強武器の火力に難が有ったり、ALL攻撃で援護しにくかったりする二機なのでボスではアシストに。
    • スタン+アマブレ ⇒ 能力ダウンL3特殊弾+運動性低下 ⇒ EN略奪 でボス涙目。
    • RVはWゲージに余裕が有るが、ビルガーはWゲージ残量に注意。固定武装はどれも短射程なので。

ヴァイサーガ アルトアイゼン・リーゼ
  • 格闘特性・PALL持ち同士によるツイン。
  • OG2の主人公格二人によるツイン。
    • キョウスケの突撃エリアルや合体攻撃とラミアの覚醒光刃閃による大物狙いも可能。
    • ヴァイサーガにはスクリューモジュールを装備させ、ツインの移動タイプを陸水で統一すること。
      これでヴァイサーガには地形面での死角は完全に無くなる。
      • リーゼのフル改造ボーナス+キョウスケの水適応Sも合わせると、全天候型の戦闘が可能になる。
    • 地味に突撃クレイモアと烈火刃の中射程が重なるのも魅力の一つ。反撃での殲滅もなかなか良い感じ。
    • 雑魚戦闘では使用制限がなく、改造効率も良いプラズマホーンと水流爪牙が活きる。

エクサランス・ストライカー ビルトビルガー・タイプL
  • 格闘特性同士のツイン。
    • 両機とも機体は真紅の格闘系で陸S。使用制限のないP格闘やPバリア貫通必殺技など機体の特徴も同一で使い易い。
      • エクサランスにテスラドライブを装備させると、移動タイプ面でもキックの地形適応面でも磐石に。
      • リニアミサイルランチャーを装備させると、ALL攻撃面でも死角がなくなる。
    • ラウルが直撃を覚えるため、スタンショック・コンボも当然使用可能。寧ろそれがメインかも。
      • お陰で、スタンショックの女王からスタンショックの帝王へと譲位してしまった。
    • ビルガー・Lの側のパイロットは誰でもOKなのも強み。カチーナやリョウトなら不足はないはず。

エクサランス・フライヤー ゲシュペンスト・タイプRV
  • 補給いらずで長射程ALL連発ツイン。射撃特性同士なのでW射撃で射程が+1になるのもポイント。
    • ゲシュペンストにはグラビトン・ランチャー搭載。グラビトン・ランチャー+ディストラクションMAXの重ね撃ちは洒落にならない威力。
    • ゲシュペンストは時々ヴァンピーアでENを回復してあげましょう。
    • グラビトンは射程1に穴があるがメガ・バスターキャノンが使える。っていうか射程1-8まで完璧に穴がないって言うのはどういうことですか。
    • 最終回避率に最大75(予知+集中+エースボーナス)ボーナスのギリアムなら量産型Wの集中攻撃すら相手にしません。
      • ゲシュペンストにハイパージャマーを装備するのも吉。
    • 宇宙で使うときはエクサランスにスラスターモジュール必須。

エクサランス・コスモドライバー アシュセイヴァー
  • OGs版ダブルファ○ネル。
    • アシュセイヴァーのパイロットにはBセーブ必須。
    • お互いに宇宙適応がSなので宇宙空間での戦闘が強い、お互い射撃タイプなので射程+1もおいしい。
    • フェアリーとソードブレイカーの最大射程が同じなのも扱いやすい。(ただし、ソードブレイカーには射程1に穴あり)
    • ラウルをメインにすれば、攻撃のあとに移動できる。
    • ラウルの援護攻撃はLv3まで伸びるので、アシュセイヴァーには援護攻撃持ちを乗せる。
      • おすすめはアイビス。援護攻撃はラウルと同じLv3まで伸び、デフォで連携攻撃を取得している。
        その上努力の消費SPが10なので、ラウルの幸運の消費SP10をかけて敵を倒していけば、この二人で資金と経験値を荒稼ぎできる。
        ボス戦でもツイン精神の修行でPP大量習得も期待できる(SP回復が必要)
    • ハルバードランチャーの存在は、極めて近く、限りなく遠い世界へ忘れ去られました。
      • コスモドライバー→フライヤーにすれば2機でALL攻撃ができるのでこちらもオススメ。

ゲシュペンストRV アシュセイヴァー
  • 射程が鬼な援護役、相手がツインだろうと食べ残し無し
    • ギリアムとレオナをそれぞれ乗せ、援攻・収束・連携(余裕があれば)を持たせる
    • ゲシュにネオチャクラムを持たせることで、ALLはメガバスター&ハルバード、単体はネオチャクラム&ソードブレイカーと無駄がなくなる
    • H&Aやら予知やら覚醒やらかく乱やら加速やら直撃やら連撃やら・・・もう援護そっちのけで前線突っ込ませても構いません、こいつらで雑魚の露払い可能過ぎ
      • 突っ込ませたい場合はゲシュにショットガンを持たせるとPALLまで使えます
    • ぶっちゃけメガバスターの弾数足らなくなるからフル改造ボーナスで弾数+4を推奨、場合によってはBセーブ、ENはヴァンピーア!!
    • アシュセイヴァーの至近距離用の武装の補助を忘れずに
    • 上に書いたパイロットで使用するならば、Wゲージに余裕がある限り特殊効果武器を装備して、ボス戦で覚醒+直撃で連発すると効果的。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。