大相撲


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

非オリンピック競技、ただしワールドゲームズ競技


「時代」との軋轢、そして真のハングリーとは?


大相撲の人気が沸騰していたころは東北・北海道出身の力士が多く、そして活躍していた時代だ。日本の高度成長のあとにまだ中卒から鍛え上げることが出来る数少ない土壌がそこにあったといえるだろう。今の角界は大卒が学閥化しながらも古い体質から脱却できない非常に危うい状況にあるといえるだろう。海外に開かれた門戸がありながらそれを広告としてつかえないのはなによりも放送媒体がNHKに頼っているからだ。NHKの独占ではなく、民法が広告を巧みに使うことによって世界的に出来ないものだろうか。もとよりハングリーな世界からの人材なら難しいだろうが。