sportsatlas作成の意図・理念について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

かねてからスポーツ新聞やネットを見ていて不満を感じていました。

1:スポーツ全般の情報が得られない
2:特定のスポーツに偏っている情報を是正したい
3:オリンピック以外の大規模な大会の情報が得られない(国体、アジア大会、ワールドゲームズ、世界選手権)

これらを是正するために、不満を持つのではなく自分でやってみようという結論にいたりました。そこで、

1:日本でリーグが存在するスポーツについては、その結果を載せる…(ことで日本にもメジャーなスポーツ以外にも多くのスポーツが現在進行形であることを知ってもらう)
2:その他のマイナースポーツについても大きな大会の結果を載せる…(ことでスポーツの視野を広げる)
3:大規模な大会の結果を出来うるかぎる網羅する…(ことでオリンピック以外の大会についても目を向ける)

ということを考えています。

そのほかにも…

1:選手の誕生日情報を載せる…(ことによって親近感を持ってもらう)
2:公営競技についてもスポーツ選手という姿勢で扱う…(ことによってスポーツ選手としての認知度を高めて、公営競技を楽しむ環境を作る)
3:携帯で見るために軽い情報にこころがける…(ことで、どこでもスポーツを感じることが出来る)

などを考えています。


情報収集・掲載が順調に進むならどんどんとジャンルを増やし、出来うる限りスポーツ愛好家の要望に応えられるように範囲を広げていくつもりです。

至らないことはあると思いますが、よろしくおねがいします。


★sportsatlas:三つの気概
☆情報が公開されている限り、等価として扱う
☆日程の分かっているものについては、カウントダウンをする
☆観戦する楽しみを伝えるための努力をする