ビーデル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

格闘(1.5点)

P:30000 S:80000
A: 920 B:1440 C:1080 D:1080 E:5360 F:300(3hit) ●
体力・攻撃力・サーチ力全てが低く、気弾性能は最低。
(ジャンプ気弾やダッシュ気弾も出せない)
ラッシュ派生も舞空脚ばかりで使いにくく、スマッシュチャージ速度も遅い。
バニシング無し、投げから突進ブラストで追撃にいくことも不可能。
さらにラッシュ高速移動が無いので後ろにも回りこめない。

飛べるキャラの中では最弱、というか飛べないキャラを含めてもサタンの
次に弱いんじゃないかと思う。ラッシュの出は早い方なのが唯一の長所か。

B1(7.5点)

「多重残像拳」消費:3

常に離れて戦いたいビーデルにとっては、特にありがたいブラスト。
かわしたときは出来るだけ相手の背後に回りこみたい。

「超負けん気」消費:2

攻撃力・ブラスト攻撃力・防御力・速度アップ+スパーキング。
消費が2なので簡単に使える。ただビーデルはスパキン状態になっても
あまり強くはないが・・・。

B2(6点)

「ハイスピードラッシュ」消費:2/威力:7620

ロングタイプメテオ。威力は低いが消費が2なので使いやすい。

「デスペラードラッシュ」消費:2/威力:7800

ショートタイプメテオ。当たると水平に飛ばして距離が開く。
その間に気力チャージや超負けん気を使う時間が出来るので
当てたときのメリットはこちらの方が大きい。

UB(5.5点)

「ビーデルラッシュ」消費:3/威力:9790

ショートタイプメテオ。威力は低いが、気力消費が3とUBとしては非常に少ない。
ただスパキン時のデスペラードラッシュとのダメージ差は410。
こちらはさらに気力消費が少ない上に距離が開くことも考えると、
あまりUBを使う意味はないと思われる。

総評(D-)

格闘能力の低さから立ち回りに非常に苦労する。
特に気弾のしょぼさとラッシュ高速移動が出来ないのが痛い。

B2は二つとも突進ブラストで、名前・カットイン時のモーションともに
よく似ている。ロングタイプとショートタイプでは対処の方法が異なり、
これを近距離で出されるとカットイン時の一瞬でどちらのタイプか判断し、
間髪いれずにピシュンなりステップなりを入力しなければならず、かなり厄介。
全対応可能なドラゴンダッシュでの打ち合いにさえ勝てれば、それなりに強い
キャラとなる。

ただし巨大キャラにはB2が一切効かない。スマッシュチャージが遅く、
後ろに回り込もうにもラッシュ高速移動がないのでスピードで引っかき回す
こともできない。デカキャラ相手は正直詰んでる、相性差の激しいキャラ。

グレートサイヤマン2号

格闘(4点)

P:30000 S:80000
A:1060 B:1760 C:1040 D:1310 E:5380 F:360 (3hit)
気弾のショボさと体力・攻撃力の低さは相変わらずだが、
バニシングとラッシュ高速移動が出来るようになったことに加えて
気合砲が使えるようになったり、スウェイ派生が舞空脚からヘビーに
なっていたり、サーチ能力が上がっていたりと変身前に比べると格段に強くなった。

非力さは否めないが、速度が速いので立ち回りの面ではわりといい勝負が出来る。
それに気弾はダメだと書いたが、性能がしょぼい分消費気力は極端に少ない。
(60連発くらいしてやっと1ゲージ減る程度)けん制用には逆に好都合かもしれない。

ちなみにビーデルは変身前・後ともに初期気力が4ゲージある。
序盤の流れが重要なこのゲームで、これは地味に大きいので活用しよう。

B1(8点)

「多重残像拳」消費:2

消費が2になったのが非常にありがたい。
常時発動していられれば、かなり有利になる。

「ジャスティスフィニッシングポーズ2」消費:3

いざというときに頼りになる即スパブラスト。
隙が大きいので、B2ヒット後に使う。

B2(6.5点)

「ジャスティスカウントダウン」消費:2/威力:9130

ショートタイプメテオ。威力が変身前よりも上がっている。
ヒット後の間合いも、変身前同様に開くので使い勝手がいい。
投げから追撃可能になったのも改善点。

「ジャスティスラッシュ」消費:2/威力:9020

ロングタイプメテオ。変身前と違ってこっちもヒット後に相手が遠くに飛ぶ。
さらにヒット後は必ず空対空になるので、地上で使った場合
ジャスティスカウントダウンよりもわずかに稼げる時間が長くなるのも微妙に嬉しい。

UB(6.5点)

「ジャスティスジャッジメント」消費:4/威力:13000

ロングタイプメテオ。サイヤマン2号(と1号の)最強ブラスト。
叩き付け型なので間合いは開かないが、とどめ用には相応しい技と言える。

総評(C)

格闘が大分マシになったのと多重残像拳の低コスト化で、
接近戦でも戦えるようになったのが大きい。
B2の二つは相変わらず嫌がらせかのように紛らわしく、避けにくい。

中間距離からのB2連発が強い。
相手が近づいてきても、多重残像拳を仕込んでいればむしろ
有利に戦える。ほぼ一般人にしては、普通に結構強いキャラ。
ただ巨大系には弱いのも相変わらずなので、あしからず。

ビーデル 総合評価 (C+)

サイヤマン2号も頻繁に変身を繰り返すことで強いキャラ。
気力が4ゲージ以上たまっているときにB2を当てれば、変身解除後の
追撃ハイスピードラッシュが狙える。
スパーキング時も、B2連発で約19000ダメなのでUBよりもこっちの方が強い。
即スパB1や激烈ラッシュもあるのでなにげに爆発力は相当高いキャラ。

ただ変身前はかなり弱く、ハイスピードラッシュを当てたら即再変身しないと
かなりまずいことになる。変身に2ゲージ必要な点がちょっと苦しいので
B1ストックには注意して戦うべし。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。