亀仙人


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

格闘(1.5点)

P:30000 S:40000
A:1060 B:1690 C:1010 D:1260 E:5110 F:450(3hit)●
体力・攻撃力の低さは無印デフォルトだが、空中コンボのたたきつけが
つながらないのはいただけない。おかげで亀ジイさんだけ更に低評価されてしまった。
チャージ気弾は効果が短いがマヒ。これを有効に使いたい。

B1(7点)

「多重残像拳」消費:3

便利な回避ブラスト。
ただし格闘攻撃力の低い亀仙人は、期待できる反撃のダメージも低い。
消費も少ないことだし、仕込む時間さえあるならやせがまんを優先的に
入れた方がいいと思う。その辺りは臨機応変に。

「やせがまん」消費:2

おなじみ8秒間だけのエンペラータイム
(まあ投げやラッシュブラストは喰らいますが)
これから気力チャージ→投げ→ハイスピードラッシュは基本戦術。

B2(5点)

「元祖かめはめ波」消費:3/威力:3240~8040

低威力とはいえ一応ためなしでも撃てる魔貫光殺法と違い、
発動自体に時間かかりすぎ。
その様はテレビアニメ版ストⅡの波動拳を思い起こさせる。
相手によける意思があればまず当たらない、究極のネタ技。

「ハイスピードラッシュ」消費:2/威力:7720

ロングタイプのラッシュブラスト。消費が2なのがありがたい。
ヒット後は叩きつけ型なのでできれば上空で当てたいが
舞空術の使えない亀仙人にはちょっと難しい。

UB(5点)

「萬国驚天掌」消費:4/威力:10000

グルドスペシャル同様、ガード不可のUB。
なるべく近距離から出そう。
いちおうマヒ効果付きだが一瞬で回復されるためほとんど意味がない。

総評(F+)

無印キャラの中でも格闘性能がもう一段低く、おそらく全キャラ中二番目に弱いのは
この武道の神様。B2も元祖かめはめ波で無駄に1枠消費しているのがつらい。
B1はいいものが揃っているので、不利な接近戦はさけて
距離をとりつつハイスピードラッシュで削っていきたい。

亀仙人(MAXパワー)

格闘(2点)

P:40000 S:60000
A:1440 B:1810 C:1300 D:1240 E:5920 F:400(2hit)●
攻撃力は上がっているが、ハンマーや空中コンボの叩きつけを始めとして
全ての動きに隙が大きいし、気力自動回復量も1に減っていて非常に戦いにくい。
しかし40000の体力と、途中からとはいえアーマー貫通を装備しているのは
このクラスでは亀仙人だけ。スマッシュチャージ速度も上がっているので
アーマー持ちにはこっちの形態の方が強いと思う。

B1(7点)

「やせがまん」消費:1

効果は同じだが、消費が下がっているので連発できる。
実にキュイと亀ジイさんだけの特権なのでありがたく使わせてもらおう。
投げが打ち上げなのでB2の追撃に持っていけないのが残念だ。

「パンプアップ」消費:2

速度を下げる代わりに短時間、攻撃・防御・ブラスト攻撃力上げる。
まったく使えない。

B2(3.5点)

「元祖かめはめ波」消費:3/威力:3540~9120

ノーマル形態とほぼおなじ。まったく使えない。

「亀仙流超力爆殺拳」消費3 威力9030

ショートタイプのラッシュブラスト。
なかなか威力が高い主戦力。ヒット後の間合いは開かない。
それどころか相手のラッシュor光線系ブラストの反撃にあう場合があり
空中ではガードできない亀仙人はいい的になってしまう。
使うときは相手の気力に注意する必要がある。

速度と射程が両方しょぼいので、追撃に使うならスマッシュ後に
ドラゴンダッシュで一旦追いついてから使おう

UB(4点)

「MAXパワーかめはめ波」消費:5/威力:12000

一般的なカットイン気孔波。コンボのシメに使うことはあるかも。
ちなみにスパキン時はアーマー効果がつく。

総評(F+)

様々な面で変身前より使いにくくなっている。
ほとんど唯一の長所がやせがまんが消費1で使えること。
やせがまんからの気力チャージに全てがかかっている。

まったく使いどころがなく、簡単につぶされる元祖かめはめ波も
やせがまんを使ってから撃てば、どんな攻撃にもビクともしない
武道の神様を演出できる。
これを出された相手は空気を読んで、喰らってあげよう。

総合評価(E-)

桃白白や悟飯じいちゃんと比較してもまだ弱い。
まあそれでもアーマー相手にもそれなりに戦える汎用性と変身を利用した気力回復
(2ゲージ消費でB2からB2につながるコンボもないから ちょっと微妙だけど)
を考慮すればかろうじてE-あるんじゃないかと思う。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。