拡散について


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

dbpskにおいて拡散は有効なのか?

シミュレーションではbpskを用いるため、拡散は実数値のみを用いており、虚数値に関する拡散は行っていない。
しかし、dbpskで変調された信号には虚数軸にも情報を含むため、虚数部も拡散してやらないといけない!
以下、実部及び虚部を拡散させてCDMAのシミュレーションをした結果
入力信号1 = (3.0-1.0j, -2.0+1.0j, 1.0+3.0j)
入力信号2 = (2.0-3.0j, -1.0+2.0j, 2.0+1.0j)
をそれぞれ系列長15と31のM系列で掛け合わせて足した信号を、入力信号1に対する逆拡散を行った結果。
root@omori-desktop:/usr/share/gnuradio/examples/digital# python ./test_cdma_sim.py 
noutput_items = 2
in[0]=3.13333+-1.2j, out[0]=3.13333+-1.2j
in[1]=-1.86667+0.8j, out[1]=-1.86667+0.8j
noutput_items = 1
in[0]=1.26667+2.53333j, out[0]=1.26667+2.53333j
今度は入力信号2に対する逆拡散を行った結果。
最初の要素1つしか出力していないが、これは入力信号1の系列長が短く、信号2より早くEOFを出力するため、フローが終わってしまうのが原因。
root@omori-desktop:/usr/share/gnuradio/examples/digital# python ./test_cdma_sim.py 
noutput_items = 1
in[0]=2.06452+-2.90323j, out[0]=2.06452+-2.90323j