howto_interp_gscrambler_cc


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガロアLFSRを使った直接拡散ブロックを作る!
使い方:howto_interp_gscrambler_cc(interpolation, degree, mask=0, seed)
以下に結果を表示 。入力パラメータが
interpolation = 15
degree = 4
mask = 0 #こいつを0にしとけば勝手に2^(degree)-1の長さ(最大長)のM系列を発生させてくれる
seed = 2
で、入力信号が1+jの場合
in[0]=-1+-1j, out[0]=-1+-1j
in[1]=1+1j, out[1]=1+1j
in[2]=1+1j, out[2]=1+1j
in[3]=1+1j, out[3]=1+1j
in[4]=1+1j, out[4]=1+1j
in[5]=-1+-1j, out[5]=-1+-1j
in[6]=1+1j, out[6]=1+1j
in[7]=-1+-1j, out[7]=-1+-1j
in[8]=1+1j, out[8]=1+1j
in[9]=1+1j, out[9]=1+1j
in[10]=-1+-1j, out[10]=-1+-1j
in[11]=-1+-1j, out[11]=-1+-1j
in[12]=1+1j, out[12]=1+1j
in[13]=-1+-1j, out[13]=-1+-1j
in[14]=-1+-1j, out[14]=-1+-1j
実部虚部ともに逆拡散されているのが分かる。

ソースコード