Gnuradio開発


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

開発環境整備

Eclipse

Eclipseを使ってWindows上でリモートデバッグする。

プラグイン

  • pydev
  • RemoteSystemExplorer
リモートホストのポートを開放する(4035,10000-10010)。
dstore サーバーが必要で、dstore daemonをリモートホストで走らせる必要がある。
このときnohup ./daemon.pl 4035 10000というようにデーモンのポートとクライアントに割り振るポートを指定し、クライアント側でも4035でRSEを起動する必要がある。
/etc/rc.local (/etc/rc.d/rc.local)システム起動時の最後に読み込まれるファイル。OSの起動直後に何かさせたい事があれば、ここに書いておくと良い。
※sshでポートフォワードすれば、間にあるゲートウェイやリモートホストの4035や10000といったポートを開放する必要なし!全て22経由でやってくれる。
  • 日本語化

ネットワーク構築

  1. 研究室のグローバルIPを使ってデフォルトゲートを作成
  2. ゲートサーバを構築し下にGnuradioマシーンをぶら下げる。課題と解決
  3. DNSサーバも追加
  4. デフォルトゲート及びマシーンのiptableの設定で、RSEのポートを開放させる。

Xサーバの設定

cygwinを使ってwindows上にXサーバを起動させ、リモートのxクライアントの要求をうける。
  1. 参考HP
※DISPLAY変数設定
サーバー側:DISPLAY=0.0
クライアント側:DISPLAY=10.0←xauthコマンドでlistコマンドを入力した時に表示されるポート番号を使う。
ゲートウェイサーバを挟む場合はsshログインするたびに上記のコマンドを実行すればOK。
ゲートウェイサーバに複数の-Xによるアクセスがあった場合、新たなlistがxauthに作られる。(ポート番号はおそらく10,11,12,...と増えていく)
  1. 繋げたと思ったら繋げてなかった件
以下参照にて解決
SSH でリモートログインすれば、Xをローカルに転送させることができます。
% ssh -X REMOTE-HOST
ところが、新しい SSH では20分間何もしないと、Xの転送を禁止してしまいます。
Xlib: connection to "localhost:10.0" refused by server
Xlib: Invalid MIT-MAGIC-COOKIE-1 key
Error: Can't open display: localhost:10.0
この場合は、
% ssh -Y REMOTE-HOST
と接続するか、あるいは .ssh/config に以下のように書いてからログインすればOKです。
Host REMOTE-HOST
      ForwardX11 yes
      ForwardX11Trusted yes