カオス同期


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • カオス同期
カオスにはパラメータを同じカオスにつなぐと同期するという性質がある。
この特性を利用して、送信側において信号にカオス信号を乗算して送り、受信側で同じカオス信号を生成、信号から引くことで復号するというカオス同期という技術がある。
  • Chaos Shift Keying
カオス同期をスイッチングして信号の復調を行う通信方式。
)
各サブシステムの状態の和が各サブシステムのダイナミクスに影響するシステム。
  • カオス多重通信
一度に複数のチャネル(信号)を乗算して送る。この時信号それぞれをカオスマスキングしてから重ね合わせる。
受信側で同期して同じカオスマスクを生成すれば、それぞれのチャネルを再生できる。
あるチャネルにおいて他のチャネルは雑音になるがカオス同期で雑音を取り除くことができる。