序幕 好きな人ができました-4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


309 名前:◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2010/06/15(火)
  /  | |        / | |: : : |
/  /| |      /   | |: : : |   チ
  /  | |┐  /  / | |: : : |   ュ
/    | |┘/  /   | | : : :|  ン
      | |/  /     |〉==:|
      | |  /       | |: : : |  チ                 ハ
    /| |/         | |: : : |  ュ                  ァ
_//| |________________| |: : : |  ン              ___
_|「 ̄ ̄||_____rl___|:_:_:_|             / u   \
 ̄|l___|| *==== r」 [] cx   \             / ―   ―  ヽ
   ̄ ̄ ̄                \        / (◎) (◎)  ',
 ̄ ̄ ̄「.「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄「「        l  (__人__) u  l   ,. -
     ||               | |        \u ` ⌒´    /.   f.f´
   []|| []            | |    ハ   u  /Z〈  ,ニr‐=〈  l  .| |
     ||               | |    ァ   7 .ト、ァ'゚/  ハ八___j|
__ チ ______________|_|        ___/   L.i゚/   /  | ミゝー'"`ー‐- 、-- 、__
   チ ───── 、             / r'二>ー 、 / ̄`ヽ、| 、              ̄
  チ           \        ,. -‐'ー-(_、_f´ ̄`ヽУ     ヘ、_`ー、
  ・       ×       \  ,. -‐'"´: : : : : : : : : :`^ー'´^`~'ヽ、 '"    ̄`ヽ
. ・ \             ,.-‐'"´: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ        ヽ


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 入速やる夫の日常は、朝の夢から始まる。
|
| 毎朝の夢。
| 詳細は過程は場所は状況は違えど、結果は常に同じ夢。
|
| やらない夫が死ぬ夢。
|
| 他殺。自殺。事故。やる夫の手によるもの。よらないもの。
| やけに現実的なもの。荒唐無稽なもの。
| 夢はいつもやらない夫が死ぬことで幕を下ろす。
| そしてやる夫は冷や汗にまみれ、最悪の気分で目覚めるのだ。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

310 名前:◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2010/06/15(火)


                 _ -=== 、、
                   /'     r二_'―- ..__
              /'      _ ゝ、_ ̄  `  - ニ_Y⌒ヽ
              〃      /       `r_ー、      _,ゝ、 ヽ____
             〃      / /   /   ト、ヽーニ_ー .__/   ヽ        `¨ ‐- _
             ((      // | | ハヽ、 ヽ`>‐ヽ .从_r  ̄                 \   おっはよー、やる兄!
            `ー    || | ヽ!-‐ `  ̄ ´  . -V_  ! _∠_                   丶  今日も早いね!
                 ヽ V トゝ、       ´ 心ノヽ/ ¨ノ  >、_              /
                   |Y rひ)     ┴‐'´/_∠_ /_|  .べ丶         /   『早起きは三文の得』って
                __」 ,,ヽ' ヽ __   〃'´  ̄ ̄//   ` ‐-         /    ばっちゃも言ってたよ!
             _-=-´_二ニ=!   マ´   l   ∧   //              /
            〃  〃    ヽ   V  /  | \_//              /
            ´   ヽ      \   ー ' / ̄ヽ )              /
     _、              _ 丶、/  ノ  >'                /
     ゝ ゝ-、       _ /   ヽ_ ィ  _ - イ              ,.イ
      ̄`丶、ゝ- 、_/   ヾ   _∠-オヽ<  //               /{ ヽ
          `' ーy'     _ ゝ'´    〃一'  / i                /   Y |
             _(   /        〃     / l              /     〉ヘ
       _ -‐ ´ r'⌒'/         〃    / |        /     ヽ,イ
    _ - ´       !  /       〃    /  l         _ ィ´         / }
   f        ヽ f   ヾ.    ||         ヽ    -‐ /          | /
   !    丶、     !    `   ||        _ - ´ /        /ノ
   l      \_   _|         ||  - ― '' ´    /        _.イ/
   ヽ         ̄ヽ|        ||  /\      /     _、_ ,.イ /
    ヽ       /\ |        |l  /  !   / _      彳_:ィ'' ´
      \_   l   Y        ||/   |__/´ ̄ /
         `7 ー_「`       -‐||___f_/    /

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 予定よりも必ず早い起床となるが、二度寝するにも気分は重く、掃除や料理で時間を潰すことになる。
| 結果、店内と店の前の掃除は日課となり、早朝から部活の朝練に向かう隣の娘との挨拶もいつしか恒例になっていた。
|
| 入速貸本の二階に位置する彼の家は、独りで住むには広すぎる。
| やる夫自身、己の寝室とテレビのあるリビング、そして台所や風呂トイレなど、必要な場所にしか足を運ばない。
| 結果、海外にいる父の書斎を含め、三部屋ほど空き部屋になっている。
|
| やる夫はそれらの部屋も丹念に掃除をし、九時半になったところで『入速貸本』のシャッターを開ける。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
319 名前:◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2010/06/16(水)
              .               「 ̄    -- 、
                        ,. -‐ ´|            `丶、
                      / ,   ∧         \   \
                      /     /  |  ト、      \   ヽ
                   , '    /   |  l  | レN  \    、   ',
              .    / /  / / /l l  イ │ |` 、  \   ヽ   i
                   { /  / / /7Tト/八 l  ヽ  \  ヽ   `、¦
              .    V  / / / /|ノ レ′∨  x==ミ、`  ',   }│
                   {  l | / イxf芍抃     ト' 廴}ハ l l |V |
                   |、 川 { { {y ト'' り-、  /  V辷リ YNレl l  |      おはようございます。
                   ∨レヘ从lハ. ゞ=''  }⌒、 ,,, `='´ ,ノ}ノ ∨   |      入速先輩。
                      } | 圦、'_'_'_ノ   `ー--‐'´/  / }   |
                       ,'  l />、   `ー '   イ,/  / /    |
              .        /  |/,/ヽ-> .__  '´ {ニミ、/ /   !
                     /  人/ / /7/,イ     /::::::`丶、   |
              .      /  /ミ、`<∠ノ7ー─-、 /:::::::::::::::::::\  |
                    /  ∧: ヾニミ、: ∨    /::::::::::::::::::::::/⌒ヽ
                 /  / >‐ 、 \/   /::::::::::::::::::::::/    ∧
              . /   /     \:/} ,/:::::::::::::::::::-‐'´     | l
              ./    ,イ          }:| /:::::::::::::/::/        | |
                  / l       ∧レ'-‐=='´:/ /         | |
              .   /         /::::| ̄:ヽー‐'´ ,/         L.ノ
                /       /}::::::|::::::::::l    /  /       / |
                〈         /:::::/::::::::::|   ,/  /       / , |
                ∧       ,/::/\::::::::|  / , '      / / !
                l  \__/::/   ヽ::::l   {/      /}    |
                |     / レ'′     ∨ /          /     |


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 九時半過ぎに、バイトのみゆきか有希が入店する。
| 土日はみゆき。それ以外は有希。ついでを言うと、有希は土日も入り浸っている。
|
| なお、明らかに高校生であり、履歴書には16歳で近所の高校に在籍している有希が、
| 平日入速貸本にいるのはおかしいことこの上ないが、やる夫は有希が怖いので黙っている。
|
| それと、みゆきはもうすぐ夏休みらしい。
| 夏休み中のバイトの予定は、有希と相談して決めると言っていた。
|
| 十時に開店すると、たいていは常連の誰かがぶらりと現れる。
| 適度に本を読み、場合によっては借りる者もいるが、ほとんどは駄弁りが目的だ。。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

320 名前:◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2010/06/16(水)


         ヽ丶ィ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶
      . --- γ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::'ヽ
    /::::::::::::::::::::::`::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ、
    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ゝ
.   /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|\ィ:::: メ::::::::::::::::::::::\ィ
. l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/l:::::::::::::::\:::::::〆 \::::|\::::::::::::::::::::::_>
 l::::::/:::::::::::::::::::::::::::::l \:::::::::::::|.\  ,,,;;ィ=≦≠\》::::lミヽ::::\___   あー、太陽が黄色いぜ。
 l::::/|:::::::::::::::::::::‐‐-l─X´\:::::::|  ≧'´      |\}  } </
 l/ |::::::::::::::::::::::ハ::::| ,,,ィ≦ \.|        。  j∧  ノ  \
 |  |::::::::::::::::::/ {lィゞ"             u  }ゝィ/  ̄ ̄
    l::::ハ│::::|                   ノ´'
    ヽl llゝ::|ヽ u       l~`丶       /
       lV_ 人         ^      イ
           丶、           ,♂
              ´ ゝー一 七ゞ´ l\\
                /´|/  _   ヘ/ /ヽ
               八 |\〔三 〕/ ./ /:::::::\


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 伊藤誠はとある会員制秘密クラブのオーナーであり、箔をつけるために入速貸本に足を運んでいる。
| 曰く、オカルト業界でちょっと有名な本や、何が書かれているかもサッパリな本が『いい』らしい。
|
| まあ、その他にも色々忙しいらしいが、いつも入速貸本に来てはやる夫と茶を飲み、世間話をして帰る。
| 変人だが悪人ではなく、よく分からない知識を多量に持つため、話題には困らない。
|
| どういう理由かは分らないがやる夫を気に入っているらしく、よく『パーティ』に誘ってくるが、
| やる夫は丁重にお断りしている。
|
|「会費はいらない」「おまえならモテモテだぜ?」
|「来たら、女たちが放してくれないぞ」「大丈夫、怖くないって」
|
| 興味がないわけではない。むしろ興味津々だ。
| だが、やる夫の中の潔癖さと道徳観、翠星石に対する後ろめたさが、二の足を踏ませる。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
331 名前:◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2010/06/17(木)
                     _ ,,  ─:: x
                  ,l ̄         \
                     ハ    i!  ,    ヽ
                 《 _」    L'∠,,,,_   ',
                 i .!\   r┘,,rx. `ト   ヘ
                 l トx_.',  レ彳二..` |   _ .N
                  トiミェx.', .| xェiァ  Y/ i./
                   Ⅵ  Ν     . i|う〃-i
                  ヘ  ノ       Y〃 x |
                   ':, ヽ;z__,   ,i´/´ '!
                        ':, ` ̄ ´ /イ∨
                     入_./,:イ  .|>i
                    iく |';::::::;厶斗匕  ハヽ
                 , :<:| >vェ<    ,/::::::::::::`丶、
             _, .::<´::::::::::|,ハ::::::::フヽ, イ'´:::::::::::::::::::::::::::`丶、
            /::::::::::::::::::::::::::|  7::i´  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
           i:::::::::::::::::::::::::::::| ./::::i  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
             i::i::::::::::::::::::::::::: |/::::::l/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
              ∧|::::::::::::::::::::::::::!::::::::':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|
          ∧:::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::{
            ∧:::: |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:::::::::::::::::::::::',
          ,∧::::::::|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::i
       ∧::::::::::::|::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::l
      ∧:::::::::::::: |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ::::::::::::::::::::::::i

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| しかし、考えてみれば常連は異様な面子である。
|
| 本も読まずにただお茶を飲み、やる夫と話をしに来るだけの自称紳士とロン毛の従者。
| 誠と同じく駄弁りが主目的だが、掴みづらい部分が多く底が知れない。
|
| ネタ探しに現れる、不人気なオカルト雑誌のライター。
| やる夫を小間使いのように扱うくせにいつも素寒貧で、読本代はツケにされている。
|
| オカルトと科学の融合を命題にする、どこぞの研究所の研究員。
| 美人で節度があり、まだ常識的な方だが、研究内容と『趣味』が明らかに特殊。
|
| 明らかに堅気でない雰囲気を醸し出す私立探偵。
| 事件に関係する資料を探しに来ていると言うが、いったいこの貸本屋のどこに探偵が使う資料があるのかサッパリである。
|
| 教授と呼ばれる長身の男は常連の中でもまともな部類だろう。
| いや、やる夫の父親の友人である以上間違いなく変人だ。
|
| そして、異様と言ったら類を見ないほどの人物がもう一人。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

332 名前:◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2010/06/17(木)


                    , - - - _
                /:::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、
               /::/¬ー-ァy、_::::::::::::::::::::ヽ
              ./::/     〃/~=y、_:::::::ヽ
             _/::/r;‐-...._ , ({ハ     `ー1:::!
            /ri`リ ゙'=ミニ、f′ {ト、     j::::{
           { ノv     `/  "ミ_-ミ丶、 j:::::i
            い/     ノ     `゙ヾミ`ー!_:/´
            } '       'っ;:、}        /厶   ようやる夫。
               ソ    辷ー-、        ,ハ}
              ハ    、 ` ヾ‐    /ニノ     三時間ほど調べさせてもらうぜ。
             i ヘ    `' "    厶:公
      ───- !  i ヽ   /     /〃フ
          ) /   !  `‐- .._, イ  ハ/
      `丶、     |        /  /、
--─ニ三三Ξ=- ヽ !      / / _`ヽ__
,三三==三三ー-`ヽ`ヽ'       」''"三三Ξ三三三ミ、
─===== 、...三Ξヽ\ヽヽ   '/ 二三三三Ξニ=ミ',
         ̄`"''ーッ`く_" ^ヽv--=─── ''  ̄ ̄ ̄ ラ
            /     ̄7'              /`ヽ
             /.     / ガチムチ☆ボッキン /
          /     /             ,.イ
`ヽ.、         /  / / /           __ ∠ハ
ト、(^ヽ      /   / /      ,.-─'"     ヽ
 `='′   /    / /
       /   / /


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| やる夫が阿部高和と深夜の公園で初めて会った時、やる夫は彼を『取り締まられる側』であると思った。
| しかし実際には彼は『取り締まる側』であり、しかも役職は警部だとか。
| やる夫は一時期、この国の未来を本気で心配したものの、後に諦観した。
|
| 少なくとも阿部さんは善人に部類され、若者に優しく、部下に慕われている。
| 入速貸本には、月に二回程度ブラリと現れてはその時ごとに違う棚を読み漁る。
|
|「やる夫が困ったことがあれば何でも相談に乗るぜ」
|
| 阿部さんはそう言ってくれるが、やる夫はいまいち阿部さんを信用しきれない節がある。
| 何しろ阿部さんは、あの父親の知己だからである。
|
| その日、阿部さんはいつもと違って特定の棚ではなく、さまざまな棚を巡っていた。
| 手掛かりが少なすぎて、特定が難しいとか。
| 入速貸本の棚の整理は有希が一手に引き受けているため、やる夫では手伝いようもない。
| そしてその有希は、阿部さんとは折り合いが悪いらしく、互いに目すら合さない。
| 
| やる夫は本を流し見する阿部さんと店をみゆきに任せ、十時半ごろ、ハローワークへと足を運ぶ。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

341 名前:◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2010/06/18(金)
______
|←ハロワ|
. ̄.|| ̄     オワタ┗(^o^ )┓三
  ||           ┏┗   三
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 就職に関して強い積極性があるわけでもなく、何か技能や免許、経験があるわけでもない。
| そんなやる夫が、不景気の中で就職するのは容易なことではない。
| 一時間ほどハローワークで仕事を探し、窓口で相談し、当然何も決めないままに帰路につく。
|
| 帰り際に買い物を済ませ、みゆきに昼休憩をとらせてやる夫は一時間ほど店番をする。
| やる夫の帰りが遅い場合、有希が店番を代わってくれる。
|
| みゆきが昼休憩を終わらせた後、やる夫は遅い昼食の準備をする。
| 昼食はいつも、あまり手の込んだことをせず、適当に済ませる。
| 朝もしくは、前日の夕飯の残りで済ませてしまうことが多い。
|
| そして二時過ぎ。週に二回ほどのペースで訪問客が現れる。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

342 名前:◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2010/06/18(金) 08:17:39


        \:::;イ '   、       ヽ `ヾ;:;:;:;:;:;:;.ヽ
        /  , :!:i トヽ、 `ヾ.、 __.. :. V  ::::V;:;:;:;: 〉
         , ' .:' .;' :ハトヽ`ヽ`z≦=ァ  ::::l   :::::V /
.        /イ.:i :/::メ、_! \ ´'トtjハ `Y :::l :. :::::::「    やる夫!
        ' l.::|レ'.:イrft!i    ヽゞ‐'   ! ::;' ::::i::::::}    なんだいアレは、
          Xイ ::ハ ゞ'、         /,:イ  ::::|:::::j    酷いとかそういうレベルじゃないぞ!
           ヾ V!   r=ニヽ     '´}::! .::::;':::/     いい意味で!
          `Tト   Y´::::〉   /;イ .:i::/レ'
               |i \  ゝ-'    '´7 .:::ル
              l :::::>、 __.     ! ::/'´ヽ._ ,ヘ__..ィ、
              リ! ::::i::ハ:!  _! /l:/    r-' /-!/`ヽ
.              ', :::l'   「 レ'   !'    _〉、/ _ノ,:,:,:,:,:
                ハ::::!  ,イ!「jト}!\    !_ / 7,:,:,:,:,:,:;:
             ハjzY/ / { iト、  \  ヘ/ Y´,:,:,:,:,:,:,:;:
               r' V/ / {`i´} ハ   〉 ,'´_j,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:
              } ハV/ {`i´}  ヾ='   ! r',:,:,:,:,:,:,:,:,:,:;:


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 翠星石の双子の妹、蒼星石もまた、やる夫の幼なじみである。
| 彼女は週に二回ほど入速貸本の二階、やる夫の家を訪れる。
|
| 彼女は勝手知ったる他人の家とばかりに冷蔵庫を開け、自分の分とやる夫の分の飲み物を入れ、
| 蒸れた服を冷やし汗を引かせるために一度に仰ぐと、憤懣やる方無しと鼻息荒く語りだす。
|
|「今すぐ次の巻を寄越すんだ!
| いいかい。僕は気が短い。今すぐにだ!」
|「続きがあるならやる夫も読みたいお。でも、続刊しないとの噂だお」
|「嫌だ嫌だ。冗談じゃない。これからがいい所じゃないのか?
| 全員集合。楽しい戦争。天敵との決着。決着。死別。全てはこれからじゃないのかい?」
|「口調が移ってるお。ところで蒼星石、そっちも続きないのかお?」
|「無い。でも大丈夫。以下続刊だよ……作者は妊娠による長期休暇中だけどね!」
|「なにそれこわい」
|「まあ、気に入ってくれたなら嬉しいよ。
| ……ちなみに、ここにオリジナルサウンドトラックがあるんだけど?」
|「あの曲は入ってるかお? 律っちゃんがリクエストした……」
|「いつか王子様が?」
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
385 名前:◆PvLsLjGm0M[]

                    ;イ": :/.:/: : :/: /: :/ i: : : ハ: :|!: : : i: : : : : : :‘,: : : : : : : : : : : : : : : :.!
                     {〃:/:,イ: : :/:.:/`メ、|: : {!: : {!: : : :.l: : : : : i: : i!: : : : : : : : : : :i: : : : :.:|
                      i: イ/: !: :/!;イ: :/  |: :.ハ: :jl: : : : :.!: : : : :.|: : |!: : : : : : : : : : !: : : : : l
                      |:,〃: |:./;イミ{:/:、  |: :{ |:_;!L_i: : : |: : : : :.|: : :!: : : : : : : : : :.i!: : : : :.;
                    {;イ: : j’}'´ {!/㍉.  !: i! |:.i l: i!`:.:、|!: : : : :l: : :|!: : : : : : : : :.;′: : : .′
                     ソ: /.:,′`弋xzリ  !:.| !:ハ:.!i: : :i!`メ、: :|!: : l!: : : : : : : : ;′: : : ;′
        __            /.;イ.:.:′   ` ´  ‘.:{ リ ,ニキ: : | }:i!:`: ハ: : |: : : : : : : :/: : : : :/
         V⌒ 丶、         /〃: :.:{ .::::::..    ゞ   '"¨込≧!x;ハ: : :i}!: :|: : : : : : :/: : : : :/
      , ′:、     丶、    /' ;′: :.‘,   ′        弋xz勿㌧.:.:/:.i: :|: : : : : :/: : : : :/
     ,:′  丶       丶    i: : : ,ィ,'ヘ               ` ー辷7:/: :.|: :!: : : : :/: : : : ,:′
    ,:′       \      \ |: .:/〃   .  、 _      .:::::::::.. /:/: : :.|:.,′: : /: : : /
   ,:′    _     丶、    Ⅵ;/ ′,.-‐ヽ  `ニ`      __ /ィ: : : : j/: : :,〃ィ:/   Some day my prince will come
  ,:ぐ''"゙¨_` i V ヽ     丶、   }i′イ:...v´彡:、         ̄¨7: : : : : : : ://!/    Some day we'll meet again
 ,:ヘ;. .:._j ヽ! i!   i ,.、    ` ー〃´.:.:〈 ,ィ´    `ニ=r―…   才: : : : :.;イ:才" /     And away to his castle we'll go
,:′: : :゙"! !  il キ  ‘,゙゛=彡 :イ.:.:.:./ ̄7         ,ィ!      /: : : :/ jイ)ゝ        To be happy forever I know
: : : : : .:.:| l!  i:i  ‘, ヽ、.:/ |;ィ:ミ}_..ノ _ ...-- ..__j{,... ____/: : ∠.孑''"  i!


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 週に二回ほどの、二時間ほどの訪問。
| 互いに本やCDを貸し借りし、気に入った音楽を流しながら、感想を語り合う。
| 気心知れた友人との、心地の良い無駄な時間。
|
| 蒼星石は、何も聞かない。
| やる夫が進学をやめ、店を継ぎ、でもまた職を探すという迷走をしても。
| たとえばみゆきは、やる夫に興味を持っている。やる夫はそれに気づいている。
| だが、他人に話せるようなことではないし、踏み込んでも欲しくない。
| 故に、みゆきに対して罪悪感に似た居心地の悪さを、やる夫は覚えている。
|
| だが蒼星石は何も聞かない。興味を向けない。
| 互いに心地の良い距離を保ってくれている。
|
| やる夫が大学進学をやめた理由の一つに、蒼星石の不在があった。
| 進学を選んだ翠星石と違い、蒼星石は実家の手伝いを選択した。
| やらない夫と翠星石、そしてやる夫という空間には耐えられない。
| 耐えきれない孤独と嫉妬に凍えるのが目に見えている。それが、何よりも恐ろしい。
| 
| そこにもう一人、別の誰かがいれば話は違うだろう。
| しかし、やる夫の孤独を埋めてくれるはずの蒼星石は、進学を選ばなかった。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

386 名前:◆PvLsLjGm0M[]


   ヽ 三_,. - " 三三三三__三三_三_三三三ヽ
    ,V´三三三,. -─' ´ :.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.ヽ 三 ノ
   |_三三 ,. イ,:.:.:.:.:.:.:.:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.::.::.:\:.:.:.:Y
   l _三:: ':.:.:.:/:.:.:.:.:.:l!:.:.:.:.:.:.、:.:.:.:.:\:.:.:.:.ヽ:.::.゙
    ゝ三 |:.::./:.:.:./.:.:.ハ:.:l!:.:.: i -.- .、::ヽ:.:.:.:.!:.:.:|
     ヽll !:.イ::.!: ,. -,‐‐l:.i! :.: |  ヽ.:.:.::.:ハ:.:.:|:.:.:|
        Y:.|!:.:.|:.:|:./_  !:|!、:.:.|  ,._=ー,、:.:ヾl:.:.:l
      l:.イ!:.:.l.:.レ =_.、ゝ ゝ!   ォ::::リ !:.:.:..|:.,リ   じゃあ、またね。
      ∨ V:.:イ! フ..ノ        ̄"イ:.:.:レ
        _ゞ.:.:ゝ"    、      イ:.:/
       イ ハ:.:ハ!-、   ー '   ∠:l:/
     /: :.l r'{ レ l ´`ー-、 __ イ  l!' `ーr⌒ヽ
     , : : : :フ! ゝ. _      \ /      ヒ ハ
     |: : : : ゝゝ   _>     ノr===,、    iト、〈: : ヽ
    人: : : : : \r‐'/´  ̄ `<.li!   |:!    !|_ノ : : :.1
   /: : : : : : : :「ヽ./ o     ヽヾ_ ノj  ノ`!  } : : : :|
  (: : : : : : : : : :: ン'        /!| ̄ r'__,-_、フ: : : : :.|
  ヽ: : : : : : : : ::L7         / !| r ´. .! : : :!` ! : : : |
    \: : : : : :イ        /.  !| |ゝー!`:‐::!: :| : : : :!


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 四時頃に、蒼星石はやる夫の本棚から適当に見繕い、本を抜き出して帰途につく。
| やる夫の勧めも聞き、自身の気分も言い、ついでにやる夫に自分の本を渡す。
|
|「絶対に面白いから」
|
| そう言い残し、彼女は振り返らずに去ってゆく。
|
| ……虚しく音楽が流れつづける、急に広くなった部屋。
| やる夫は小さく嘆息し、CDを止め、携帯を一瞥すると夕飯の準備をする。
|
| これくらいの時刻になるとメールを送ってくる者がいる。
| やらない夫からのメールは、たいてい翌日の予定と、出かけられるかどうかである。
| やる夫は極力やらない夫を避けているが、蒼星石を通して翠星石に、
| そこからやらない夫にやる夫の暇は伝わっている。いつも断れるはずがない。
|
| その日は、いつもより少し遅く、米をといでいる途中に携帯が鳴った。
| やる夫は米をきちんととぎ終えて、水に浸してから内容を確認する。
|
| そして送信者を見て落胆の表情を見せた。
| やらない夫ではない。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
393 名前:◆PvLsLjGm0M[]
                                    / ̄\
                                   |     |
                                     \_/
                                       |
                         l^ヽ   /^l    /  ̄  ̄ \
                         ヽ `_/ /   ./  \  /   \
                         r'ヽ   ヽ /  ⌒   ⌒   \
                          ゝ、 r'ヽi|    (__人__)     |
                          `ヽー、ノ \    ` ⌒´    /


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|『久しぶりだな』
|『最近どうしているか気になったんでな、メールした。
| 大学生活はなかなかいいぞ?
| ちなみにオレにもようやく彼女ができた。
| 今度紹介してやるよ。可愛いぜ。
|
| それと、八月になったら海に行かないか?』
|
| 高校時代の友人。オプーナ。
| やらない夫ほどではないが仲の良かった男だ。
|
| 彼女ができたことがそんなに嬉しかったのか、写真も添付してあった。
| やる夫は写真を開封すらせず、どす黒い気持ちを抑えながら携帯を閉じ、調理に戻った。
| この様にして、やる夫の一日は終わりを告げる。
|
| 何も進まない。何も変わらない。くだらない。そんな日常。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

394 名前:◆PvLsLjGm0M[]

丞圭亥7才´  ,.x幺lllll圭才"´        ,炸I圭jⅣ´             `Ⅵ|丞    `Ⅵ圭圭圭|
圭歪j㌢´  ,x幺llll圭才´            焔圭:Ⅳ                Ⅵ|伐     Ⅵ圭圭||
圭jア   ,ィ劣圭才´                 .以圭Ⅳ                      Ⅵ|伐      Ⅵ圭圭
j炒′  ,ィ劣l才´                   込i:圭{                      Ⅵi伐      Ⅵ圭ll
Ⅳ   /{}{ア´                       Ⅵ7:刈                       Ⅵiiヘ      Ⅵ圭
/   /㌢´                      ゙'廷i代                        ||圭]      ||圭
    ll/                            `'冬淤t、                   ||洲リ      ||洲
    lll                           》i淤〉                  為Ⅳ       Ⅶll
    {{                             ヘ㌢                  '為ソ       Ⅶ
   ヘ_                                             /ア          ヘ
     [ft                                           〃
     Νk                             K               7
       !垈                            }代             ノ
     .為llll}                      為lll心
    .ィ圭洲;                         /淤l圭l丞
   ,ィ劣圭:㌢            L           /淤圭圭IIII)         λ
  ,ィ劣斧ア                 [代        ,攷圭斧:㌢´          {会ュ。.
f,/淤圭Ⅳ             Ⅵ心       刈圭?[ア                `''寺ll≧ュ。.
/淤圭Ⅳ                   Ⅵ7      炸淤jⅣ                為圭圭丞
圭丞Ⅳ                   7        Ⅵ7:Ⅳ                  為圭圭圭丞
圭i:洲{                         以Ⅳ                    ,炸,圭l圭l圭l丞
圭i:刈                 [       Ⅵ7                    ,炸圭圭l圭圭刻
圭lil代                    /k        7   .λ              焔圭l圭l圭l圭Ⅳ
圭圭淤t、              !垈          代            以圭圭圭淤jⅣ



|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|
| これが、その日常の最後の一日。
|
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|ニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ




ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。