鏡と茨


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一つ目の死神の一柱。
お台場で無数の死を覗き過ぎて発狂し、脳が過負荷で破壊されそうになったやる夫に手を差し伸べた超存在。
やる夫に『錠前』のかけ方を教え『外套』として死の嵐から守った。

以降は『やる夫の中の入速貸本』にてやる夫を見守っている。
やる夫からはうっすらとは感知されているが認識されていない。
モーンブレイドを通して、守護のいかづちを顕現する


  • 二幕
+...
二幕エンディングでようやくやる夫に認識される。
その際に、『やる夫の中の入速貸本』にいる鏡と茨は残影に過ぎないことが明らかになる。
彼女の本体は、いまだやる夫と遭遇すらしていない。

◆ジオンガ、シバブー、ハマ、リカーム、■霞
next→放電Ⅱ、アムリタ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。