第一幕 目覚めるとき-28


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




629 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/02/25(金) 09:46:56 ID:23zVWzGQ [1/4]





                                   ./ ̄ ̄\
                                  ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
                                  |     ( ―)  λ   ヽ
                                ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',
                              __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
                            /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ
                          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
                         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
                       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
                     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 結局のところ、やらない夫にできることなど限られていた。
| 頼りになるツテは少ない。ならば、それを頼るべきであると、やらない夫は考えていた。
|
| 携帯電話を開き、アドレス帳の一つを選択。
| そういえば、電話をかけるのは初めてかもしれない。
|
|『はい、甘味処『ニュクス』です!』
|
| 電話口から聞こえてきたのは、ロリィでポップなキャンディーボイス。
| 可愛らしく甘ったるい、アニメ声と言えばよいのだろうか?
|
| とにかく、予想外の声にやらない夫は困惑した。
| あの店は主人が一人で経営しているはず。
|
| いつの間に、アルバイトでも雇ったのか?
|
|「え……あ~、そ、その……」
|
| 口ごもるやらない夫の気配を察したのか、電話の向こうで怪訝さが漂う。
|
|『やらない夫か?』
|「……ロリカードさん?」
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

630 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/02/25(金) 09:47:10 ID:23zVWzGQ [2/4]



                   〈              l
.                     ヽ            i
..                   _l___, < ̄ ̄ ̄ヽ
                    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: ヘ
.                    /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ
                   i::::::::::: :__: :、-‐ラ_≦ニワ : :i: :ハ       『さっそく我らを頼りにきたか? ん?』
                   |,: :、.不.tッ、` ゛7ヒヂンl : :l: : ヘ
                    ヘ ヽ ̄  ,      | : :|: : ::∧
.                    |: :ヘ.  `  _, .! : :!:::::::::::ヘ、
                     リ. リ` 、 `  ̄´ /| : :l!、::::::::::::ヘ、
.                   /,: :i ハ. >ー_,,-‐|:::::::ヽ>:::::::::::: : \
                   /i!.: :|/ ,_ヘ‐''"_.//´!:::::::::ヘミ 、_::::::::::::: \_
                 / , !ソ'/ 〉、,.ヘ,_i  /  ヽ、:::::::\ヽi:::::::::::::::::\ ̄ ̄ ̄` .
..                _r 7 /://'"i!' /i  !    ヽ:::::::::::>‐-: :___\_     ヽ
                r''i /://  // ./  l!、    > _:::::::__:::::::::::::::::::::: ̄ ̄`7
                r' /´//  /´ /l  l!゛ヽ_,      ̄`ー、 ヽ.______/
              / /´: :;イ  f'_, ‐/' !  l!ヽ、`ヽ   _,, -=ニト-、::::::::::::: : :ヽ、
             _/- /, : ::/i   .l'.  / .l   l!、  ,=!i ̄   }、〈.´⌒ヽ、::::::::::::::::::::ヽ
            , '´''≦//: : /! !  l (、\!   `、ヽ i {  ̄` .}i `i i  l! :::::::::::::::::::::::\

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 少女の容姿を持つ甘味処の主人は、腹に響くアルトで尋ねた。
| 電話を変わった様子はない。ということは? え?
|
| そう言われれば、先ほどの声もロリカードの声に似ている気がする。
| いや、それにしたって雰囲気が違い過ぎる。
|
| だって、ほら?
|
|「ロリカードさん……さっきのは?」
|『営業用だ』
|「なんだ営業用か」
|
| 一瞬納得しかけたやらない夫だったが、普段の彼女を知っている以上、
| どんな顔であの声を発しているかを想像してしまい、背筋を震わせた。
|
| 似合うかと思ったが、逆に怖い。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

631 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/02/25(金) 09:47:39 ID:23zVWzGQ [3/4]



  ,イ::/:::::::/::::/::::::/::::::::/::::::::/::::::/:::: i::::::::i:::::::::::::ハ
 /::::/:::::::/::::/::::::/::::::::/::::::::/::::::/i:::::: リ::::::::|::::::::',::::::i
,.':::::/::::::/::::/::::::/::::::/:::::::;イ:::::/ L:: イ|::::::::|::::::::::i::::::i
i::::;イ::::/::::::i':::::ノ==‐- ⌒´ ィ"´,ィ示㍉、::::: ト、 :::::|::::::|     『やらない夫。夕暮れ時だ。
|:::|::::::i::::::::ム'´ _二二_   / 弋歹 ノ::::::|k.1::::|::::::|      茶の時間だ。日本で言う『やつどき』だ。
|:::|:::::/{`ヽ 〆 {歹イ´   `ゞ===彳::::::| /::::::|::::::|      悪いが貴様に構っている時間はない。
|:::i:;イ |:∧_ハ ゙=イ´   ;:i        .|::::::::|'::::i::::|::::::|
レ′ .|:::::::::∧.      ゙::|        .|::::::::|:::::|::::|::::::|      か き い れ 時 だからな!
   ノ:::::/::::;:ヘ     _ ,. --‐‐ュャ'  |::::::::|:::::|::::|::::::|
  /:::::/::::::::::∧  `ヽy' ´ ̄ ゙̄rj  |::::::::|:::::|::::|::::::|      いる奴に電話を渡すから適当に聞いておけ』
/:::::::/:::::::::::/:::ノゝ、  `ヽx__ ,メノ  .|::::::::|:::::|::::|::::::|
:::::::/::::::::::;イ::/::::::::l≧x、 `ー‐'´ /|::::::::|:::::|::::|::::::|
:/::::::::::/::::/ .,r=/\  > -‐ ≦´,ィ.|::::::::|:::::| 、!::::::|
::::::::::/:::::::/ / ./   \    イ  .|::::::::|:::::| ` ̄ヌ、ー-
::::/::::::::::/ / ∧     ゙'yr'´ _    |:::::::i|::i::|    .ハ
:::::::::::// / ./  '.   /ヽi    /リ::::::リ::i |     .〉〉
:::::/:::/ /  i   ヘ  / } 八   .//::::::/::::::リ    //
イ:::::;イ /   .|    ∨ゝく  ヽ._//::::::/::::::/    //
::レ';イ ./     |    ,イ  }    レ'^リ从'´     //
   ./    ヽ  /   ノ               //

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| そう言われると、確かに時計は三時台だ。
| つまり『ニュクス』が繁盛する時間帯である。
|
| 聞きたいことは色々あったが、まあ、Lがいれば何とかなるだろう。
| やらない夫はそう考えていた。
|
|『オーッス! やらない夫ー! 元気してるかー!?』
|
| だが、受話器に出たのは無邪気な少年のような声だった。
|
|「……チョッパーか?」
|『おれに分かることなら何でも聞いてくれよな!』
|
| そうは言われても……。やらない夫は懐疑的な気分になった。
| チョッパーはいつも鹿のきぐるみを着た少年だ。
| チョコレートや甘いものが大好きで、ニュクス以外では主に駄菓子やコンビニ菓子を食べている。
|
| しかし、優しく正直で、ちょっと抜けたところがあるチョッパーが、悪魔?
| ちょっと想像できない。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

632 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/02/25(金) 09:47:53 ID:23zVWzGQ [4/4]


    , , ,     ........:::::::::::::::::::::ヽ      ソ /
   丿.//::::_:::::::/ヽ :::::::::::::::::::::::::::::` >   _,/
  -´  |:/ \/  /::::::::::::::::::::::::::,-rイ  /::::::l
    /|::\    <:::::::::::::::::::::::::::::!_ヾ,>く :::::::|
   ` -l::::/ _   >::::_ ----- K__ イ_> |
  ` ー-,|::ヽ ∠:>':: ̄:::::::::::::::::::::::::::::::  ̄ ̄ ` 、
    て⊥-´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  / ̄:::::::::::::::::::::::_  --------- 、::::::::::::::::::::::      『ちなみにおれは、
  :::::::::::::::::: , - ´    /-、  r- , _ヽ::::,、:::::::::       奈良から来たシンロクだー!』
  :::::::::::::::: l 、__ ,   、、イ!;;;;;;!}  ノ-,//::ヽ/::丶,/
  、__:::::::::::: l /,,,ヽ    ヽ-- ' /'-/ |:::::,::.>-ヽ
     ̄ ̄ ` l ヽ''' j- 、   , 、  く_ノ t ´   _ |
         ヽ i´Y  /^ i >、  /ヽ r:,  ´'ノ
          ` 、ーt_'__ , ,´-、l l´o、 ` ーt_'
       _ ,、  `入ヽ ri´   /l lo l`ミ 彡  \
       /::>ゝ,ー ', ト Y l  .ノ//Z !ヽ\ 丶   ,
       ヽ_ゝ- ┴、l ヾ_`´_ノ/  \ ヽ   、 /
             /`i   ̄ ̄    \ 丶 '/
              /  l         \_/

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| しんろく。
|
| 意味が分からずやらない夫は沈黙した。
| そういえばしんもくはどうなったんだろうか。
| そんな事が頭をよぎった気がしたが、気のせいだった。
|
|「ニャンコ先生、シンロクって知ってるか?」
|「なんでもかんでもわしに聞くな」
|
| 大あくびをしながら答えるニャンコ先生。
| しかし、ふと眉根を寄せて視線を泳がせた。
|
|「神鹿じゃと?」
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

646 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/02/28(月) 10:01:08 ID:yhRu6RsI [1/5]


          、 { /  \ : \
          `   __ `、 : ヽ         おいサマナー、
           ヽ、 \ \ ヽ: :',        そいつの出身を聞いて見よ。
         \    ヽ/::'; \:!
                ∨}  !        奈良か? 春日大社じゃな?
                ヽ}/    |
                         l---- ‐- 、
               ,     ,'   o _ィ
               入   Y     , -‐'´
               ∧  `>-'   /
`ヽ、 __        / }/     /
\ (   )>‐-----‐/ /    /


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ただならぬ様子のニャンコ先生に、やらない夫は困惑した。
| そういえば奈良だと言っていた。
| しかしシンロク? 聞いたことがない。
|
|「タケミカヅチの使いじゃよ。神獣じゃな」
|
| やらない夫はチョッパーの丸顔を思い出した。
| シンジュウが曽根崎心中の心中ではなく、神の獣なのは何となくわかった。
|
| つまりあれか?
| あの顔はきぐるみじゃなくて本物だってことなのか?
|
|「チョッパーお前。それは素顔か?」
|『当たり前だろ! 何だと思ってたんだ?』
|「きぐるみだろ。常識的に考えて」
|『あー』
|
| 納得の声が上がる。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

647 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/02/28(月) 10:01:20 ID:yhRu6RsI [2/5]



                    _____
             , r<¨゚´        `≧:ュ.     fニヽ
             /         ,:ヘ    \   }:::::::゙ト、
    f¨ヽ     ,r'´     /`゚'<__/  》      Y  |::::::::|:ハ
  r=:|:::::|   《      ≧ュ、_    /      〕  }::::::::}::::}
  {:::1:::{   {      _,ムr≦──‐≧─‐-=ニ..」. ,'::::::::':::/
 λ::∨::;   マ  , ィ´     _____    乂::::::::::/::〉
 {:∧:::゚:::ヘ    ヽ'´  _レ=≦:゙:::::::::::::::::::::::::::::゙ミ:ュ.  \:::/
  ゚、::゙:::::::::::\/ ,r::'":::::;;彡''"~´ ̄ ̄ ゚゙̄㍉;:::::::::::`ヽル !|
   \::::::::::::;'  ,イ::::::::ヲ´ _, i     ≧zx ヾ::::::::::::::::Y !
.     `¨¨7  /:::::::∨  ァニミx      !{::::::}}  ∀:::::::::::;〕ノ    『でもおれ、
      { /:::::::::::〕  {ヒ::::ソj  ㎎  `=''^  〕:::::::/       お前の前で菓子食ってたよな?』
.      ∨!::::::::::::ハ   `=''^ . |   ,    レ'´
        `ヾ、::::::::ヘ   u   `¨`¨゚´    ∠
            `¨'¬≧ ._        ,. イ
                    ,イ゚冖   … ゚´ト、
              , '/  ,       ハ ゚.
                / { ∧        ;!
.               /  | 「         ト、ヽ


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|「あー」
|
| そう言われると、確かに。
| 喋るときにも口が動いていた。
|
| だが、ちょっと不思議に思うことはあっても、普通は喋る動物だとは思わない。
|
|「まあいいか」
|『いいのかよ!』
|「いや、チョッパーはチョッパーだろ? わたあめ大好き」
|
| やらない夫の言葉に、チョッパーは口ごもった。
| 電話の向こうから、困った様子が伝わってくる。
|
| ニャンコ先生は苦笑した。当り前だ。
| そんな簡単に、相手が悪魔だなんて認められるものではない。普通は。常識的に考えれば。
|
|「チョッパー携帯持ってるか? 見て欲しい写真があるだろ」
|『え……あ、おれはケータイ持ってないぞ』
|
| そう、やらない夫は普通じゃない。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

648 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/02/28(月) 10:01:32 ID:yhRu6RsI [3/5]



             / /     /          ',      ' , ハヘ_
        , </ /    ,'             i      ' , ハ.:::::.\
       /::::::/ ,'    i           !  i     ', ハ.:::::::: \
      ∧:::::::::i  i     ',           i   i       i  V .:::::::∧
     ∧:::::::::::i  !  ゝ、   、      .:i  イ  イ   /  i  i.:::::::::::::|
      |::::::::::::::::!  ゝ、 \  ト、 !   .:/ / ノ/ノ  イ.:.:./   !:::::::::::::|
      |::::::::::::::入  ゝ癶、Nヽ.!_ ヽ∧ .:/斗イ尤儿// /   /.:::::::::::: |
      |::::::::::::/  ゝ、 癶! ィ'fJ坏  V  イう:沁ヽ/イ.:.::/  イ. :::::::::::: i
      |:::::::::メ、   i.:.:......ト、 込イノ     込イリ  イ /  /i:::::::::::::::リ
     マ.:::::i| ゝ、 i.:.:.:.个ャ             , イ.:   ノ /i ::::::::::./
      ゝ、i|   ト、ゝ.:.:.`≧      `      ≦/  イ , ′!:::::./    『あぅ!
        ヽ!   ! ヽ\.:.人     r‐,     イ/.:.   /  /:/       携帯電話なら僕のを使えばいいのです!』
              i  /\>.: > rrォ、_  < .:≦_./   i ´i
              l ./   li.:.:.:.:.: 「i:{ i ト、  i_ .:.:.:.:.:.:i    il  |
              l/    li.:.:.:.:.:./)!: l | i   / i\_ i     ll  |
              /  __. -‐i' ∧ i i |.//  /`ー―-、 :!
            /  r|    ゝ | Y   | ´  /   / ヽi i|
.          /   / |      ` i  i:   |  /    〃     ! i|
          /  ,'  ', /    i  |:   レ´   ',  !     i! i|
       /   i   V     i  |:   i     Ⅵ       ! :i|

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 不意に、元気な少女の声が割り込んできた。
| 聞き覚えがある。やらない夫やチョッパーと同じ『糖分同盟』の一人だ。
|
|「羽入ちゃん?」
|『はい。僕なのです』
|
| 『糖分同盟』の面々は、特徴的なしゃべり方の人間が多い。
| 電話で声が歪んでも、簡単に誰だかわかるのだ。
|
|『僕のメールアドレスはchoucream_love@z.a.f.t.ne.jpなのです』
|
| チョッパーが『わたあめ大好き』なら、羽入は『シュークリーム大好き』だ。
| 東京中のシュークリームを食べ歩いており、
| 彼女の『手作りシューマップ』を見れば、おいしいシュークリームを食べれる店が丸わかりなのだ。
|
|「羽入ちゃんもザフトなのか」
|『そうなのです。やらない夫もですか?』
|「結構人気あるよな」
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

649 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/02/28(月) 10:01:45 ID:yhRu6RsI [4/5]



                      ,. -'"´ ̄`ヽ、
                       /::...::::::::::::::::::::::::`ヽ、
                    i´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::゙ヽ、
                 ,!:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i:::::::::ヽ
            {ヽ.,_,ノ::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::::;イ'!i:;i;::;::|           f.ln
      ,.-'''" ̄``ー`ー:::::::::::;:':::::/;:;イ;::::::::::;::::::::/|;|!::::: ::ハ,        'i lヽ._
    /::::::::::::   ...:ヽ=;::ッ:'":::::;イ::!:;:i::i::;::::ト;::::/ |;'|::::::;:/::::ヽ、    i:、  | i i !
     !'::::::::::::::::::::::::::::;r'" :::::::::::::i:::!::::|'!:|::!::!:|,;、:!--;ノ::ノ/;::::::;iヾ、   ヽ,\! ' `i
 ,イ:、_,)::::::::::::::::::::::;i:: :: : :: ::::::::::::;イ、:i:::::'!:l!:i,`゙゙´イi'::::::::iヽ:;::}        l    ' |
. i;--、:;::::::::::::::::::::::::::::|::::: :::: ::::::::::;イ'ヾ、i;、::| ヾ、  _j、::::;::::::i'!      i     /
.{;!   ヽ::::::::::::::::::::::::;!:::::::::::: :::|::::i  \ヾ、ヾ `ァ''ヾ. ヽ'iヽ::|、      ',     !
 '    !、::::::::::::::;:‐´ヽ、;:::::::ヾ!;:|   !.イ,!`ー‐|:::i::::ヾ;‐-!:| '!       l    |_
     r''ニ;:-‐'´    ヽ;:::::::i、!,  //l ヾ、 i;、::  :::;ヽ、`ヽ     ,r'',|.   |.'ヽ
    ,.ゞ‐'"        'i:::::;:iヾ、_!'   \ /!,ヾ;:::::::::::'`;イ       /く'、|__ _,|.)ノ
   /              |::::i;::i  |    ヽi\'  ヽ;:: :::ノ `ー-、  `! ヽ 二.イ. |
.  (、,_           ;.   j:::ノ|::!  |     | \/ノ::ノ     \  |   `´ !. |
   ヽ \        ゞ=ァ'´ ノ′ !,      |、 `''ツノ"|------‐'"ヽ,|    |.|
    |   `'''''''' ─--- /     / !    | i  | /、      /|    | !
    |    \``'''''ー-、._    ヽ  |    'l | | ! `丶、    !,l     | |
  /、__,,.. -‐''" \     ヽ    ',  !    ヽ| | |    `ヽ、   i,    | /
  |        \     ヽ     ', 'i     'i | |       `ヽ、     ,!/
  /        ,,..-'      ヽ    ', |      !|!         \  ,/
 /      / ヽ       ヽ    ',|      ', | !

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ザフトは、何かと話題の絶えない携帯会社である。
| 代表はギルバート・デュランダル。
| 
| 携帯電話を『新世紀の情報端末』と考え、電話以外の、
| インターネットなどの情報メディア媒体として大々的に売っている。
|
| そのため、大手パソコン会社『モーリアンCO』と手を組み、
| 高性能の携帯電話『コーディネイター』シリーズを販売。
| 若者やビジネスマンに爆発的な人気を誇っている。
|
| やらない夫もザフト製の最新機種『ゲイツ』を所持しているが、
| 結局電話とメールしか使わないため、宝の持ち腐れと言える。
|
| 一度電話を切ったやらない夫は、先ほど聞いた羽入のアドレスにメールを作成、
| 蒼星石からもらったクツキの写真を添付して送信した。
|
|「便利な世の中になったもんじゃの」
|
| 携帯電話を覗きこみ、ニャンコ先生が嘆息した。
| 近年の情報伝達速度の高速化は著しい。それと、魔術を併用するとどうなることやら。
|
| ニャンコ先生には、想像もつかない。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

656 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/01(火) 10:00:35 ID:a8HVxv5I [1/3]

           / /              ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
           イ       l             \:::::::::::::::::::::::::::∧
       /  l           |             \:::::::::::::::::::::::::∧
     , イ   i           ト .   \      ヽ  Vゝ.:::::::::::::::::::::l
     / |      |         z==\==-\-     |  |  ヽ::::::::::::::: |
.    / : |      |          ! _ ゝ.==_=z     |  |  /:::::::::::::: l
    / : :::|      |  |    |  !/ 彳 ,' :::::ヽ\     | i/::::::::::::::: イ
    | :::::::|      '.       \ \V'  |::::::::::ハ \リ r '":::::::::: イ´ |
    | :::::::l    !    メ´ \    l`' --ゝ |ヘ _ ノ l   i \ `ー┬ ´ │ !
    | ::::::ハ   i    l l!`z=.ゝ、   \     ゝ-- '  ,'  .'  │  ,'  |      『あぅあぅ。
    | ::::::::::∧ \   \ l:::_ハ ` ─‐ ゝ       / /,   / /  │      この人がどうかしたのですか?』
   V ::::::::::∧  ゝ _ _ゝ__少           -=' イ /  ,. ' イ    \
    V:::::::::::::::ゝ _    二=-      `           /∠...イ       ゝ  \
     ゝ._:::::::::::\    ゝ=-___  r _っ     . '  |   !   ! │   \ \
         ̄ ̄ゝ\  ゝ  __ ノ       / _ __从___  | ゝ.     \ \
            V ゞ- ≧__   ゝ---/⌒ヽ´ /,. -- ── -ゝ  \     \ \
                ) ゝ ̄    j_  \/     ___(____  ヾ      ゝ-ゝ
                /   _ ,.イ´_     |   ´  ,.. -─- 、 `ヽ ヽ.   ゝ-ゝ
              / , イ´  ,.- !´ _.     |/   /       ヽ Y \    |
              /  / /  / 、 Y´_      |   /         | }::   ゝ │

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 直後、『ニュクス』からの電話は、最初から羽入だった。
|
|『なんだこいつ、『ウラシマビト』か?』
|『チョッパー、めっなのです。人を見かけで判断するものではないのです』
|
| まったくである。
| やらない夫は羽入の意見に胸中で同意した。
| チョッパーは見た目から言って獣だし、羽入は頭部に角が生えている。
|
| 別にだからと言ってどうということもない。
| 二人とも気のいい奴で、お菓子大好き『糖分同盟』の盟友として、なくてはならない存在だ。
|
| なお、今までやらない夫は、羽入の頭の角は飾りの一種だと思っていた。
| 今となって考えれば悪魔の証なのだろう。
|
| 『悪魔』のイメージと言えば、ねじくれた角に黒い被膜、そして矢じり型の尻尾。
| 普段の羽入は無垢な少女だが、時に異様に淫靡に見えることがある。
| 
| まあ、つまりそういうことなのだろう。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

657 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/01(火) 10:00:49 ID:a8HVxv5I [2/3]





                   ./ ̄ ̄\
                  ./     _ノ ⊂_ ‐-' <
                  |     ( ―)  λ   ヽ
                ,ヘ__|      (__人)  ヽ  ',       そいつは『クツキ』って言うんだが、
              __,/   ` <    ⌒ノ  . r'-‐¬
            /---‐――--.、ゝ\  ノ   」-‐>ヽ      ちょっと知りたいことがあってな。
          /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./⌒ヽ. ´_ノ   /  ´   l
         /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /´ `ヽ     ヽ.  , , .!
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/ /     ヽ     l` / / /!
       /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:./  ./    _ __ヽ-、   !/. ,' l !
     /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l _十''''''''""     \ <   ' l

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|『あぅあぅ……知らない男のことを聞かれても困るのです』
|『おれも知らねーぞ』
|
| まあ、正直当てにしてはいなかった。
| やらない夫は小さくため息をつくと、一応続きを聞いてみることにした。
|
|「そいつと【深きもの】っていうのが関係あるかを知りたかったんだが……。
| 分からないなら仕方ないだろ、常識的に考えて」
|『あ、やっぱり『ウラシマビト』だったか~』
|
| 礼を言って切ろうとしたやらない夫だが、チョッパーの何気ない言葉に動きを止めた。
| 『ウラシマビと』? なんのことかは分らない。
| だが不意に、『浦島人』という漢字が脳裏に浮かんだ。
|
|『あぅ、違うのですよチョッパー。
| この人……『ディープ・ワン』じゃないのです』
|
| 羽入は、そう断言してのけた。
| 予想外の言葉に、困惑するやらない夫。何故そうも言い切れるのか。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

658 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/01(火) 10:01:00 ID:a8HVxv5I [3/3]



     /                    ヘ
     /                    ヽ__ ヘ
   _/   /    /        i   ハ  ハ:::::\ヽ
 //   /   /     ヘ   i   / i   ハ::::::::::ヽ
. /::/  i  i   i       ハ  i i  イ  i   i::::::::::::::ヽ
/:::|  i  i    i       ハ  i i /i   i   i::::::::::::::::ハ
::::::i  ヽ ヽ  .i i     i  リ人7、i イ   ハ::::::::::::::::::}
::::::\  ゝ、>=レヽ    i /ィチ心ハレノ   人::::::::::::::ノ\
:::::::::::>、  ハイ佇心ヽ  ノレ  弋少  /  //ソ .〉:::::::::;/  \
:::::::::::{ 人\トハ 弋少 ヽイ   , , , , , / イ /   /::::::/
\:::::ヘ/ ヽ  `\, , , , `     /イ |ノ   //       『やらない夫、
  \:::ヘ  \i`ー<   - -   <人ヽー‐‐--、-、      この人は何者なのですか?』
   \|   i  〟─‐ > - ィ   〃  /  / Y{
   / ハ   .i {〈  /  |ト .} __〃  / /   } |
   /  人  ヽi ヽ |   {|   〃  イi /     i 〉
  / / ヽ   i ゝリ   .|i  〃  / リ/     ノ /
  //    ヽ  i  ソ   ヽy〃  / __/  __  //
  i {     \_」-‐{ i  `/   , /=  ̄::::::`∨イ
 人ヽ、  __f=:::::=| ヽ /   / /::::::::::::ヾゝ::::∨
   \` ´,─ヘ:::::::人  Y  / /::::::::::::::::::::ヽゝヽ
      ̄    ム::::::::ヽ 〈  | /::::::::::::::::::::::::::ヽゝ|
          Y::::::::::::〉 \ ソ:::::::::::::::::::::::::::/::/
          |::::::::::ヽ-->/:::::::::::::::::::::::::/イ::|

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 羽入の問いに、やらない夫はちょっと考え込んだ。
| どこまで言っていいのかという部分もあるが、良く分かっていない部分も大きい。
|
|「……『結社』の屍人操りだって聞いたな」
|『やっぱり。『結社』は【旧支配者】が嫌いなのですよ』
|「……?」
|
| 知らない単語が出てきて、やらない夫は困惑した。
| 【旧支配者】……ということは、新支配者もいるのか?
|
|『やらない夫は『結社』がどのような組織かご存知ですか?』
|「……正直、よく分からないだろ」
|『まあ、分かりやすく言うと『結社』は内部で二つに分かれるのです』
|
| まさか、羽入から組織講座が聞けるとは思いもよらなかったやらない夫である。
| 羽入は……『結社』関係者なのか?
| そう考え、今さらながらにやらない夫はゾッとした。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

666 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/02(水) 10:07:39 ID:3WwohABw [1/5]


 '   ,'   ,'   \          `、::::::::\
. i   i   .i      ヽ        ! ',:::::::::::::`、
. ヽ  ヽ.   {     { } ! !   i i  トvヘ::::::::::::::::!
  \  \ \ __.   i/ 从/  从i   v}::::::::::::::::!
    ー===ェェ-、ヽ  | __ェェ==ー-.i    |:::::::::::::::}
\  |_,, イ⌒:ヘ、,,  |  厂_,イ⌒:ゝ、 j    {:::::::::::::::,!    『『結社』とは基本的に、
  \イヽ {:::(_):::}   // ' {::::(_):::} ヽ    .{::::::::::::::/      悪魔を信仰する人と、
   ヽ  .ヾ::少   ''    ヾ:__夕 _,/_,'  ハ::::::::::/      悪魔を利用したい人の集まりなのです』
\   ≧      ,      ≦   ノ }:::::::/
 |\ _  >    _    ≦ ̄_, -'/ /:::,::'
 |  「 ̄'|'ー、_       _,才 ̄ / /∠:-'''!
../   .|  !  | '''ー .__, - ' |  Y  ,イ       i
/   j   _厂.j       ト、_. | ./|      i
.   人 // /       レ' )| | ',        i
  ,´/  \\      //. i/\ \     i
  /     \\  //     \`ー-  i


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| そう聞いて、やらない夫は首をかしげた。
| 蒼星石からは後者のことしか聞いていない。
| いや、前者も似たようなものか?
|
| 悪魔信仰と言ったら、結局自分の欲望の為に悪魔を利用するモノを指すのだろう。
| そう考えるやらない夫の脳裏には、山羊の顔をした悪そうな邪神が連想された。
|
| 悪そうかはともかく、角の時点で羽入はピッタリだ。
|
|『しかし、【旧支配者】……『クトゥルー神族』は、信仰者にさほど有益ではありません。
| むしろ害悪の方が多いのです」
|
| やらない夫は、ちょっと分からなくなった。
| 有害か無害かで言ったら、悪魔の時点で有害な様な……いや、そんなことはないか。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

667 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/02(水) 10:07:56 ID:3WwohABw [2/5]




                       ,.x =二三三三三三三二::::::....
                     //  `Y三三三三三三三三三::..、
            ,. =-‐ 二三:.ヽ    }三三三三三三三三三三:.\
      _彡' : : : : : 三三三:ヽ   {三三三三三三三三三三三:.ヽ
 、 ̄ ̄   {: : : : : : : : 三三三::::'   ヽ三三三三三三三三三三三::::..
  ヽ     ': : : : : : : : : 三三三:::}   ‘、三三三三三三三三三三三::Y⌒ヽ
   \    ヽ: : : : : : : : 三三::/    Y三三三三三三三三三三三}   '
     }      \: : : : : : :::::彡'゙      ,. ,1              ` =ニ三三}   }
    {           ̄       _...=  }   /                ヾ!  ノ
    ‘                 ''"´  ニ'/  人   r‐-=..__         }='"
    八  、       __.. ////// _...xイ{  { >ス  \O          /
       \ ` -‐='"´      x__ノ 〈 、{`ミ=仁 /   __`ニ==ニ ‐=彡
         `==‐-- -‐=チ`壬① ̄ \t二_/┘ ̄´


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| ニャンコ先生は頼もしく、Lやチョッパー、羽入は良き友人だ。
| 悪魔=悪の図式は成り立たない。
|
|『【旧支配者】はヒトの想像を超えた、極めて異質な存在なのです。
| 彼らに接触して得るものもあるでしょうが、それ以上にヒトは正気をすり減らします。
| 利を望む『結社』は、狂気を望みはしないのです』
|
| 異質。
|
| その言葉は、やらない夫の胃の奥にずしりと食い込んだ気がした。
| 理解できない、理解し合えない。そういうことだろうか?
|
| えも言えぬ不快感を覚え、やらない夫は眉間にしわを寄せた。
|
|『そして、【クトゥルー】やニャルラトホテプの手先となる【深きもの】を、
| 『結社』は軍門に入れたがりません。彼らが狂気の存在だからです。
|
| 狂人には使い様があります。やらない夫は知らなくてもいいことですが。
| でも、それは『無軌道な狂気』や『その信仰を利用できる場合』に限ります』
|
| 冷たい声で続ける羽入。一瞬、言葉にならない衝撃がやらない夫の中を通り過ぎた。
| 羽入の言葉から感じた怖気。『人間』を『モノ』のように見る冷酷な視点。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

668 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/02(水) 10:08:08 ID:3WwohABw [3/5]



   /:::::::::::/  /       l    ヽ    ! l.   ハ    ハ:::::::::::::ヽ.
  /:::::::::::::::,'   {    l    !     ',  .l  !     i    i::::::::::::::::ハ
  ,':::::::::::::::::i   ヽ、   ',   !      i  l,' ハ l.   l    l:::::::::::::::::::',
 ,':::::::::::::::::::l    i \  ヘ` 、ヽ.  l.   l /! / Ⅵ_ ./     !:::::::::::::::::::l
 !::::::::::::::::::/\   ヘ ̄ >ミ 、ヽ.iヽ、li   //z≠≦、! /i    ,'ヽ::::::::::::::::l
 l:::::::::::::::∧   `丶、ヘ/ l: : :*: :iヾトィ}l  /´イ : *: : }!イ/     / .l ',::::::::::::,'
. ',::::::::::::{ ',    .ヘ` `ー-- '   }/ 、_ `ー-- ' /    / / !::::::::/
  \:::::::', ヽヽ.   \  ̄ ̄ "´ ´   `  ̄ ̄イ     / ,イ  ,'::::::/
.     \:.:',  iヽ`i 、 `ーミ.=-     i       ∠... - '' / ! ,'::/
      ヾ、 ,' ヘヽヽ ̄ iヽ、      ‐-‐    / 〃  /、   l ' ´
       /〈´:.i、 ヾ、 l  l` ‐ - ... __ ... ィ ´:./ム-'' ./ ハ  l
      /  ',:.:ヽヽ l  l  l:.:.:.:.l   /:.:.:/    , '   ヽ.ヽ、
     /    〉:.:.:.ヾ l  ',  ヽ:.:.ヘ /:.:.:/    /      \\
.  /     .ハ:.:.:.:.:.:`!  ',   ヽ/:.:.:/    / /      _ .. ヽ,ヽ、
. /      i:.:.:.:.:.:.`ー!.  ヽ   `/     /  〃  , - '' ´ i `i  `ー

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| これが悪魔か。
|
| 戦慄しながら、同時にやらない夫はある恐るべき事実に気付いた。
|
|「人間が、人間を……?」
|『え?』
|「……なんでも、ないだろ」
|
| そう、そうだ。
| 羽入が言っていたのは『結社』の話だ。
| つまり、人間を『モノ』として扱っているのは、悪魔ではない。
|
| 人間自身の所業なのだ。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

669 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/02(水) 10:08:58 ID:3WwohABw [4/5]






   、-,.-、  ,--‐─‐- 、.__
   | │ ┌'´:::::::::::::::::::::::::::::::- -、   -.- -
   l l .│::::/∨ヽ::::::::::::::::| │|  │|. .| |
   ヽ │:: >   <:::::::::::::: l | |__ノ / /./
     >│::::::ヽ∧ /::::::::::::::::> _..ノ.ノノ
 ┌-ー''"::::::::::::::::::::::::::::::::::::つ゚。_く         『そういえば、
  |::::::::::::::_,.:::::ノー‐-\_::::::::::::::::::│         なんで羽入はこいつが
  `‐----l(●) (●) ヽ-----          『ウラシマビト』じゃないってわかったんだ?』
      .l    ▼     ..|
      ヽ  ∀'   ,.."
      / `‐----''  ヽ
      /   ` "  "  ヽ.
     /   \` "  .  :|


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 戦慄に身を震わすやらない夫を余所に、受話器の向こうでは会話が続いていた。
|
|『目なのです。
| 他の外見から判断すると、これだけ『進行』した【深きもの】は、まんまるお目々なのです』
|『でも、写真だしフラッシュでまばたきしただけかもしれないぞ?』
|『『進行』した【深きもの】は、目がお魚になってるのでまばたきできないのです』
|
| そういえば。
| やらない夫はやる夫が言っていた特徴を思い出した。
|
| 『閉じる事が出来なくなるほどに目が盛り上がっている』
|
| クツキの写真は、確かに目は離れているが、神経質そうに細められている。
|
|「なるほど、じゃあ【『怪魚』の像】って分かるか?」
|『かいぎょ? あぅ。それはちょっと分からないのです』
|
| 羽入の言葉に、やらない夫はちょっぴり落胆した。
| 予想外のことを知っていた羽入だ。このままサクサクと事が進むかと期待していた部分もある。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

692 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/03(木) 08:52:14 ID:yq0VGSz6 [2/8]





 ,-,-,,‐, ,┬,  _______  ,┬、 ,-,-,-,
 | || || | | | || ̄            ̄| | | | || | |
 | ! ! !.__} ! !|              | i {__! !! ! |
 ヽ、__ |     <\/>     | ___ノ
      _ヽ.|      > <      |ノ__        『『血族』が長崎の『ウラシマビト』と戦った時のか?
  ,-―┴‐┴     </\>    ┴―┴-、       だったら【堕魂】だな』
  {    ___________    〉
  `ー―― ゙、  `,ヽ、 ,,. 、/、 " /―――'
        ゙、,, (●)~   (●)  /
         ヽ   " r―-, "   ノ
       ,,",~',,゙(    `T´    )'゛~゛; ,,
      ,,'' ,    `ー―┴―― '     ヽ,,

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| チョッパーの軽い回答に、やらない夫は困惑した。
| こうも都合がよくていいのだろうか?
|
| いや、無論良くない。
|
| しかし、幸運にもダイスの神様がそれぞれの状況を知ってそうな唯一の人物を引き当てたのだ。
| 決して>>1がご都合主義なわけでもなんでもない。
| むしろ、ご都合主義に見られそうで困っているぐらいだ。
|
| ……閑話休題。
|
|『【だごん】……?
| あぅあぅ、貶められた義父様なのです。……でも、じゃあ、やっぱりなのですか?』
|
| 一人呟く羽入。義父様と聞こえたが、聞き間違いだろうか?
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

693 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/03(木) 08:52:25 ID:yq0VGSz6 [3/8]



     /    /     ヽ    \       \
   /   .  /     \ \.    \   ヽ.  ヘ ̄` 、
   /   /  ,       ヽ  ヽ    ヽ  ヽ  ヘ:.:. : : :\
  //  ./  .i   i      ハ  .iゝ'   i.  ヘ  ハ:.:.:.:. : : :ヽ     『あぅあぅ。【ダゴン】は、【深きもの】の中でも
  .〃   ,   丶  、     ,,lX´l ヽ   l   i  i:.:.:.:.:. : : :.i     非常に年経た司祭なのです。
 //   l   ー-ヽ--ヽ、  ー'' ,lrニニi―、/.i   l  l:.:.:.:.:.:. : :.l
./:.i    ! ヽ、   Xニ、ヾヽ  '/f lイ:::`ト/Y.l   /  ト:.:.:.:.:.: : :l     元は僕の(本体の元神の)夫の父なのですが……
f:.:.l   l   `i/rニi::ヽヾ、ヽ. / ト-'::-:'::}  /  /   ハ:.:.:.:. : :l      【四文字】に貶められてからは
i :.ハ.   l   /l ト-':::::i,   l/ '' ¨ ̄ ̄`/ ./  /  i:.:.:.: :/      もっぱらそっちで有名なのです』
l: :.:.ヽ  .lヽ、 `、 弋>''  ノ       ∠ ィ´  /l.  /:. : /
ヘ: :.:.:.\ V l`ー -` ´     __ , - ' ¨ヽ /_ .. イ´  i /:.:/,
 ヽ:.:.:.:.:i >' l  l l    r‐''__ ,, ‐'' ¨´ ー/  l   y:./  ヘ
   \:.:ヽ. > 、ヘヽ、   `''´       / ト 、. i  ーヘ    ヽ
    /ヽヽ'  `ソ i `> - .... __ . ''   lソ ヘ ',   ヘ
   /  / `  /  l  {  〈|       〃  \_   ヘ
 /  /    /  l  ノ  ヾ、、    //    / ` ー- ...\

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| やっぱり義父だった。
| いや、それよりも【四文字】ってなんだ? それと、おとしめられた?
|
|『『堕魂』は、ん~三百年ぐらい前か?
| それくらいの時期に長崎の方で起きた『旧支配者』関係の戦争で大暴れだった奴だぞ!
| すんげー強くて、しかも人間を『ウラシマビト』に変えちまうんだ!』
|
| すでに何もかもがやらない夫の理解の範疇を超えていた。
| とりあえず、話を聞いていても疑問しか浮かばない。頭がパンクしそうだった。
|
|『三百年……あぅ。その時期、日本は平和だったって聞いたことあるのです?』
|『なんか忘れたけど内乱だった気がするぞ』
|『あぅ! 江戸時代にも内乱があったんですか』
|『まあ、内乱って言っても【旧支配者】を信仰する奴らがすげー暴れてただけだぞ』
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

694 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/03(木) 08:52:39 ID:yq0VGSz6 [4/8]








          /   \ ____
         ,′    {: : :< `<>:.`ヽ ____
          {       '、: : <>、 >:.:.:.:.:}       /
         〃、      \: : : : :.:.:.:.:.:.:./      /
        /、` /丁:::ァ、  ̄ ̄ ̄ ̄      /
       Y    ̄⌒'ヽ ヽ    ,.-‐r::.x、_,.  {      島原の乱じゃな。
       {    二      、,  -‐┴-'、ヽ ニ |¨:.:.、
        ,        ‘-‐'^ヽ._)   ー‐    j:.:.:.:..\
       ∧                 ̄   八:.:.:.:.:.:.\
        /. : \                 ,〃.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ
        ,′  {:ミx、            _..x<:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Y
      {     \:::三ニァ=‐r-----‐=彡'′ \:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|


|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 聞き流していたやらない夫の耳に、素晴らしい言葉が流れ込んだ。
| \長崎!/ \江戸時代! / \内乱!/
|
| なるほど、島原の乱か。
| そして、かの有名な宗教弾圧が、じつはキリスト教相手ではなかった。
| やらない夫は驚嘆し、しかし眉唾な気持ちで聞き流した。
|
|「じゃあ、その『ダッコン』とクツキの関係は分かるか?」
|「わざとか? わざとじゃな?」
|
| 三文字の固有名詞を間違えるやらない夫に、ニャンコ先生のこめかみに静脈が浮いた。
|
|「冗談だ」
|『【堕魂】は【旧支配者】の司祭だからなー。羽入の言ってる通りなら、無関係だぞ』
|
| ……つまり、クツキが『深きもの』なら『怪魚』の像とは大いに関係がある。
| しかし、『深きもの』でないなら、無関係。
|
| やらない夫は眉間をもんだ。
| どう考えても関係がある。でも、羽入の断言も気になる。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

695 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/03(木) 08:52:51 ID:yq0VGSz6 [5/8]







               / ̄ ̄\
             /  \    \
            .(●)(● )  u. |        ……つまり?
            (__人__)  u   |
            .(`⌒ ´     |
             {         |
             {      u. /
.             __\     /リ 厂`'‐- .._
         / :  : :介ーz<__」// |: : : : : : :ヽ
          | : : : : ::〈 「`乂/  / 丿: : : : : : : |
         | : : : : : /: | {::::} / `7: : : : : : : :│
.           | : : : 〈: :│ {::::l /. :/. : : : : : : : : |

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|「良く分からんということじゃな」
|
| ニャンコ先生が器用に肩をすくめた。
| やらない夫は嘆息し、考え込んだ。
|
| ……クツキは【『怪魚』の像】のことをどこで知ったのだろうか?
| 考えてみれば、クツキの持ってる情報も正しいとは限らないのではなかろうか?
|
| いや、それはないか。
|
| やらない夫は苦笑した。クツキの肩を持ちすぎた。
| クツキを、敵対する相手として見れないからこんなことを考えてしまう。
|
|『やらない夫、一つ、忠告をしておくのです』
|
| ふと、受話器の向こうの羽入が真剣な声を出した。
|
|『僕の知るやらない夫は、少しだけ他者より有能なだけの、か弱く無知な『ヒト』に過ぎません』
|
| その声の冷たさに、そして、やらない夫の知らない羽入の傲慢さに、
| やらない夫は薄い寒気と同時に悲しさを覚えた。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

715 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/04(金) 09:39:01 ID:RcB430eY [2/8]
:::::::::::::::::: : : : : :/ ',        _..lゝ-―- ..ト_、    ヽ     l   /   ,'
::::::::::::::::: : : : .:/  ヽ.       ̄l ̄ヾ二_‐l‐-¨ニ、=' ト、     l   /l.   /  l
::::::::::::::::: : : .:/    \     l , z==≧、l二_‐ ヽ. l !   `=lニ≠/=、 ./   l
:::::::::::::::::: .:.:.l l l      ヽ、  /Vィ  ):::::ヽ`ヾ   V l}   ム≦/  ,ィ′ /    『されどやらない夫よ。
:::::::::::::::::::::::::! ', ',       l` V ト:才::::::lヾ}      ,ィノ  ,ィ{._ノV ハ´ ,'  /      汝は今まさに大きな分岐点にあります。
ヽ:::::::::::::::::::::l ', ',        l   l´ {:::::::ノ. ,'      / /,'ィ::::lイ l l /  , '     /
 iヽ:::::::::::::::::', ヽ ヽ.     ヘ  ゝ、 ̄ _ノ       ' ´  .l {::::ノ,' 〃/ /      /  これからはだかる脅威に対し、
 l  `丶、::::::ヽ  ヽ ヽ     ヘ    ̄           ゝニノ  イ7 ,    /   汝はいかなる方法で相対するべきか。
 l /   `ー- -`  ` ` 、   ヾ、           l       //  , イ     それとも相対せざるべきか。
 l /     /  ヘ.     ヘ`ー---`        __ ′  _... - '´ _.. イ:::::::!
 /     /   lヽ.    ヘ.              ̄´    `フ ̄ l   l::::::ノ      よく考えるのです』
./     ,〃   l  ヽ   ト、! 丶、            ,, ィ´ ', /  レ′
    //   / /  ∧  !     丶、      , ィ ´}    }∨
  ./ /   r‐ =ニ/ ', /        `7 ‐- ´ /  l    /
/  ,'   r└‐-、 `丶、レ′       /   ./   !   /
   .i    |     `丶、 `ー- 、      /   /    | /

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 悪魔と言うよりも、威厳に満ちた神のような声。
| 羽入のこれは、忠告だろうか? それとも、誘惑なのだろうか。
|
|「羽入」
|
| やらない夫は、胸の奥で疼く悲しみの命ずるままに口を開いた。
| そうとも、やらない夫は……。
|
|「励ましてくれるのはいいけど、言ってることがよく分からん。
| いつも通りで頼むだろ」
|
| 一瞬の沈黙。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

716 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/04(金) 09:39:13 ID:RcB430eY [3/8]



  ,イ::/:::::::/::::/::::::/::::::::/::::::::/::::::/:::: i::::::::i:::::::::::::ハ
 /::::/:::::::/::::/::::::/::::::::/::::::::/::::::/i:::::: リ::::::::|::::::::',::::::i
,.':::::/::::::/::::/::::::/::::::/:::::::;イ:::::/ L:: イ|::::::::|::::::::::i::::::i
i::::;イ::::/::::::i':::::ノ==‐- ⌒´ ィ"´,ィ示㍉、::::: ト、 :::::|::::::|
|:::|::::::i::::::::ム'´ _二二_   / 弋歹 ノ::::::|k.1::::|::::::|       ふははははははは!!
|:::|:::::/{`ヽ 〆 {歹イ´   `ゞ===彳::::::| /::::::|::::::|       フラれたな! 萎え神!
|:::i:;イ |:∧_ハ ゙=イ´   ;:i        .|::::::::|'::::i::::|::::::|
レ′ .|:::::::::∧.      ゙::|        .|::::::::|:::::|::::|::::::|
   ノ:::::/::::;:ヘ     _ ,. --‐‐ュャ'  |::::::::|:::::|::::|::::::|
  /:::::/::::::::::∧  `ヽy' ´ ̄ ゙̄rj  |::::::::|:::::|::::|::::::|
/:::::::/:::::::::::/:::ノゝ、  `ヽx__ ,メノ  .|::::::::|:::::|::::|::::::|
:::::::/::::::::::;イ::/::::::::l≧x、 `ー‐'´ /|::::::::|:::::|::::|::::::|
:/::::::::::/::::/ .,r=/\  > -‐ ≦´,ィ.|::::::::|:::::| 、!::::::|
::::::::::/:::::::/ / ./   \    イ  .|::::::::|:::::| ` ̄ヌ、ー-
::::/::::::::::/ / ∧     ゙'yr'´ _    |:::::::i|::i::|    .ハ
:::::::::::// / ./  '.   /ヽi    /リ::::::リ::i |     .〉〉
:::::/:::/ /  i   ヘ  / } 八   .//::::::/::::::リ    //
イ:::::;イ /   .|    ∨ゝく  ヽ._//::::::/::::::/    //
::レ';イ ./     |    ,イ  }    レ'^リ从'´     //
   ./    ヽ  /   ノ               //

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 直後に爆笑。
| ゲラゲラと下品に笑うロリカードの哄笑が電話越しにも聞こえた。
|
|『あぅ! な、萎え神とは失礼な!
| それにやらない夫もやらない夫なのです!
| せっかく女神らしいことを言おうとしたのに、何て言い草!
| 一生彼女ができない呪いをかけてやるのです! お覚悟!』
|「あ、オレ彼女居るだろ」
|
| 憤慨する羽入。やらない夫にはそんな呪いどこ吹く風である。
| しかし、やらない夫は一つ重大なことを失念していた。
|
| 羽入が『本当にその呪いをかけられるかもしれない』のである。
|
|『あぅあぅ。やらない夫は彼女がいたのですか。
| なら、彼女さんとの関係がより円滑になるように『祝福』と『訓え』を授けるのです!』
|「それは良さそうだな」
|
| 『祝福』という言葉に、やらない夫は心くすぐられた。
| 一応悪魔でも、『祝福』なら受けておいて損は無かろう。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

717 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/04(金) 09:40:12 ID:RcB430eY [4/8]
                                    , -―‐ ―- 、
                                     /_, - '´ ̄ ̄└-、 ヽ
                                    / /  _, --――- 、_ \ \
                                    /ノ /::/:: ::/:: :l:: ::|:: ::ヽ ヽ ',
                               /「 /:: ::/:: ::/:: :/:: /ト:: :|::ヽ_」ノ
                                  ヽ!,:i:: :|/:__/!/::/!:/_」__';:l:: ::| |
                                /|イ:!:: ヤーzミ/ /'ォーrャ|!:: ハ.}
                                 l::l トl:: :lゞニツ / ゝニツ/::/l |
                                  l: |  トゝxxx  ' xxxx/イ:/ l
                                  /!::}  !_;:_ ト c っ イ;: ::| /!
                              /:;' ::| /ー、 辷」‐、厶寸¨ヽi / |
                                /:;' ::/l !   ヌ 〈_ ,イ¨ト、」l} |イ: l
                            /:; :: /:l/ l    l}  /!xl  l} l!ハ::|
                              /:/:: :: /l| !    ト、 | lxl| i} l| l:l
                            /::/:: ://:ト、    | jx|  l} 八 !l
                         _, -::'´:: :://::_l、     /__」x|_/ /| i:、
                    _, ‐:;' -:: ::, ::'/  l'´__,ヽ , -‐〈::l_/少ャ_イ:: 1 l::ヽ
              , -::_'::-,::'´::, :: '´/|  /く_   |l    V:::/´l:|!l|┘!:: ::| }、::ヽ
              /ィ´_, .:'´-::'´:: :: / /  |, -┴ /    |:;ム::l/' !  iー::l |::ヽ::ヘ
          _,>'´:: :: :: :: ::, :/  !_/ _,=、」     l| /|」  ト、 |!:: :}_ノ::、::ゝリ
          r::'::´:: :: ::_;: -:: '::´::/_, ´/  _/:i‐¬!、   /!イ::::}-、_| ヾL.:: :: 、::ヽ::ヽ

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| それに一年以上のお付き合いがあるにも関わらず、
| 未だに翠星石とプラトニックな関係を保っているやらない夫にとって、
| 『円滑な関係』になれるなら願ったり叶ったりである。
|
|『やめとけやめとけ。こいつは疫病神も裸足で逃げ出すサゲ○マンだ。
| 愛人関係どころか誘いを受けた時点で、どう転んでも死亡フラグだ。
| おめでとうやらない夫。君はここまでだ』
|
| 笑いを含みながら言うロリカード。
| その後ろで、怒りのこもった「あぅあぅ」が響く。
|
|『ご、誤解なのですやらない夫!
| ぼ、僕は低位分体なので天の雄牛を差し向けるほどの権限はないのです!』
|
| それは、権限があれば差し向けると聞こえるのだが、気のせいだろか?
|
|『やらない夫。
| おれのボスの嫁さんが縁結びやってるから安心しろ!』
|
| 慰めるようにチョッパー。しかし、それはちょっと遠い気がした。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

718 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/04(金) 09:40:26 ID:RcB430eY [5/8]





               / ̄ ̄\
             /       \
             | _ノ  ヽ、   |
             | (ー)(ー)  |
             |  (__人__)   |
.             l  `⌒ ´   }
              ヽ      ./
             /:ヽ    .ノ,'ヽ、--、
         ,.-‐,ィ‐"/ゝ.ヽ.___ノゝ::::::::ヽ、:::ヽ.
          //::_,、/,';;;;;;;゙;;;;;;;;;;;;;";;;;;|:゙、::::_::ゝ、ヽ.
       ノ:::i ̄//;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l::::/::::::::::::l:::゙i
      /:::: /::::`ヽ,';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|/:::::::::::::::l:::゙,
      |:::::|::/::,ィ '";;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、::::::::::::::::/::::、
      l:::::;/:/:  :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::::::l::::::゙,
      i::::/,': :  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l゙,::::::::::::::::ト::::::}
      〉/,': :  :/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|ヽ.::::::::::::::::ゞイ
     /::/ト: : : ヾ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;゙、ヽ::::::::イ::::::|
     .',::::゙、ヾ: :  :l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:ヾ::::l::::::|
     ',:::::l /: : :|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: :ヽ:::::|
       ',:://: : .ィ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : \
      }/ }: : /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|: : : : 〉

|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ
|三三三三三三三三三三三/ /_. / / ̄ / ,ィ |  7 /ン ) / /_. / / ̄ 7 /ン ). // 〉 〉  // // / /三三三三三三三三三
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| だが、やらない夫は笑えた。勇気を貰えた。
| いつもの『糖分同盟』とのいつものやり取り。
|
| 悪魔とかなんだとかあるけれど、彼らは皆ずっとそこにいた。
| やらない夫が気づいていないだけだった。
|
| ならば、悪魔も今までの『普段』の延長に過ぎない。
| いつの間にか自分は強くなったと過信していた。人間社会で、戦いぬけると思っていた。
|
| でも、そうではないのだ。
|
| やらない夫はまだまだ弱い、何もかもが不足している。
| ならば『今まで通り』上を目指せば良いのだ。
|
| 体が軽くなった。心が澄み渡る。
| 最初の気持ちを思い出す。久しぶりに。
|
| もう……なにも怖くない。
| オレは、独りではないのだ。
|_________________________________________________
|三三三三三三三三三三三_7 /〈 〈__ ./ /7|./ ∧\ ./ /__〈 〈__ / ∧\ 〈〈 / /  〈〈.∧∨,/三三三三三三三三三
|lニニニニ三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三ニニニニ

719 名前:ξ*゚⊿゚)ξ<死を夢に ◆PvLsLjGm0M[] 投稿日:2011/03/04(金) 09:40:39 ID:RcB430eY [6/8]
∩ 情報収集:【クツキ三点セット】
∩ コネ:甘味処『ニュクス』使用
 羽入(絆0レベル)成功!
 チョッパー(絆0レベル)失敗!
∩ キーワード:【四文字】【旧支配者】【ダゴン】【クトゥルフ】 ゲット
∩ 羽入の携帯電話に連絡可能になった!

┏┳┳━━┳━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┣絆╋.やらない夫.┫
┣┻┻━━┻━━┛
┃翠星石            57
┃ニャンコ先生         45
┃やる夫          42
┃L                40
┃ディオ..          39
┃ニャルナンチャラップ  13
┃夢宮アリカ           11
┃神楽              9
┃太公望            9
┃羽生              6→15 LVUP! 結局『祝福』ってどんなだ?
┃チョッパー        6→7
┃蒼星石            5
┃ロリカード           2→4
┃銀さん             2
┃ブーン             2
┗━━━━━━━━━━━━━

.

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。