『ローマ人の物語』時代考証サイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「XII-迷走する帝国-32・33・34」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

XII-迷走する帝国-32・33・34」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

+#contents_line(sep=/)
 *アントニヌス勅令
 **2ch
 [[塩野七生先生はカエサルに感情移入し過ぎwwww>http://mimizun.com/log/2ch/whis/academy6.2ch.net/whis/kako/1168/11688/1168866600.html]]
 #divid(nich){
 633 :世界@名無史さん:2007/06/06(水) 19:19:13 0
     塩野本ではカラカラ帝のアントニヌス勅令を、税収と既得権益化という面から
     分析していたが、この勅令がローマ帝国の衰退・専制化にどの程度つながったの
     かはもっと掘り下げて考えたほうがいいのでは。
 
     カラカラ帝は帝国内の全自由人にローマ市民権を与えたが、これが専制君主の
     もと全市民がおしなべて「低い自由」に平均化されていく布石となる。
     あと、ギリシア・ローマの市民権はもともと平民が重装歩兵として戦争に参加する
     ことによって獲得されたが、その伝統がここで途切れてしまった。
 }

更新履歴

取得中です。