荒らし徹底解説!お役立ちwiki

荒らしの例


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(例1)は、適当にキーボードをいじくり回した様な意味不明な文字の羅列です。
荒らすための文章を毎回考える必要が無く、手っ取り早く荒らすためには
効果的だということです。

(例2)は、一見外国人の方からの応援投稿にみえますが、その九割方は
これを装った荒らしです。とりあえず記事を削除してみて、その後も似たような
投稿が執拗に行われるときは100%の確信を持ってよいでしょう。
意味のある文面にすることにより、後々文句を付けられるという場合も
あるようです。

(例3)は、荒らしたいけれどもキーボードを適当にいじくるのも面倒という場合に
用いる究極の一文字投稿です。私の経験によれば、何故か大半が"a"です。
投稿までにかかる時間が短いために、投稿間隔の制限を設けている掲示板では
あまり見かけません。

(例4)は、暴言を吐いたり青少年に対して不適切な言葉を撒き散らしたりと
場合によりけりですが、後に紹介する「困ったさん」が一番反応しやすいタイプです。
目下人の反応を楽しんでいることが多いので、「困ったさん」が登場すると事態は
完全に泥沼化します。

(例5)は、外国語でなんとなく重要そうな文面にリンクを貼って訪問者の好奇心を
煽り、クリックした瞬間にブラウザクラッシュ、1クリック詐欺などに追い込む
相当悪質な荒らしです。閲覧者が不愉快に感じるだけでは満足せず、パソコン
本体や精神的なところまで踏み込んで攻撃を加えるわけです。
もちろん親切で文面通り本物のサイトへ誘導してくれている場合もあるかも
しれませんが、絶対に訪問しないようにしてください。
 (例6)は たとえば、
みんな死ね、や、じゃひxlでぃえんかうえいるあvのりううぇ;jヴぉかにうw;えふぃあうヴぉえいうw;いんくれおいうおいえいそkじゃおfじおじゃss などのすごい長文です