小五グラフ 2010-11-22
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




追加:毎日(20~21日)、FNN(20~21日)
6/8、菅内閣正式発足以降の各社世論調査データ。ただし、情勢調査に伴って行われた各社の大規模世論調査は省いている。

ソース

履歴
  • 2010-11-22 06h 毎日暫定:内閣支持率・政党支持率
  • 2010-11-22 19h 毎日詳細・FNN詳細:比例区投票先

内閣支持率


支持率の低下は勢いを失っておらず、むしろこの一週では加速しており近似曲線では全体の5%分以上を失った。不支持率も対応して増加している。
+ 内閣支持率 メディア別偏差補正後グラフ
+ 内閣不支持率 メディア別偏差補正後グラフ

政党支持率


近似曲線からは、民主党支持率は先々週減少の鈍化があったが先週全体のおよそ5%分に相当する程度大きく落ち込んだとみられ、自民党と支持率が逆転した。ただし自民党の支持率はこの3週間上昇の傾向はみられない。みんなの党は近似曲線でわずかに上昇を示しているが、見かけ上のものである可能性も大きい。
+ 民主党支持率 メディア別偏差補正後グラフ
+ 自民党支持率 メディア別偏差補正後グラフ
+ みんなの党支持率 メディア別偏差補正後グラフ

比例区投票先


朝日とFNNによる参院選以降の投票先調査。追加はFNN調査だが、「未定」に相当する選択肢がなくなったと思われ、単純な比較がむずかしい。近似曲線では民主党と自民党が逆転した。前回朝日調査でみられたみんなの党の落ち込みはFNNでは見られず、近似曲線が大きくうねる結果となっている。これはおそらくアーティファクトであり、FNN調査の選択肢が変更され、従来未定と答えていた層が分散したことも影響していると考える。

+ データ(専門的)


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

last update on 2010-11-22 ; - visitors