小五グラフ 2010-11-16
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




追加:NTV(12~14日)、朝日(13~14日)、ANN(13~14日)
6/8、菅内閣正式発足以降の各社世論調査データ。ただし、情勢調査に伴って行われた各社の大規模世論調査は省いている。

ソース

履歴
  • 2010-11-15 19h ANN詳細、NTV詳細:内閣支持率・政党支持率
  • 2010-11-16 06h 朝日詳細:比例区投票先・衆院早期解散

内閣支持率


やや鈍ってはいるものの内閣支持の減少は続いており、この1週間で内閣支持率がさらにおよそ全体の2%分下降した。不支持率は鈍化しているようにみえるが、調査のばらつきが大きく傾向ははっきりしない。
+ 内閣支持率 メディア別偏差補正後グラフ
+ 内閣不支持率 メディア別偏差補正後グラフ

政党支持率


1週前と比べて近似グラフでは民主が低下し、自民は横ばいとなって、差は全体の2~3%分ほどに縮まった。ただしこの1週の動きは小さい。みんなの党は横ばい、無党派は上昇を続けているとみられる。
+ 民主党支持率 メディア別偏差補正後グラフ
+ 自民党支持率 メディア別偏差補正後グラフ
+ みんなの党支持率 メディア別偏差補正後グラフ

比例区投票先


参院選後の調査のみを示す。調査回数は少なく、朝日とFNNのみ。朝日の最新調査ではFNNの10月末調査では現れていなかったみんなの党の落ち込みがみられる。9月上旬から比較すると、民主がおよそ全体の1割分減、みんながおよそ全体の5%分減、対して未定がおよそ全体の1割分増、自民が全体のおよそ5%分増となっている。

衆院早期解散


早期解散を望むかどうかについて、時系列で追いかけることが可能な二択かそれに準ずる調査のみを示す。複数回の調査は朝日・読売のみ。

+ データ(専門的)


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

last update on 2010-11-16 ; - visitors