小五グラフ 2010-07-26
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




時事(16~19日調査)、NTV(23日~25日)、毎日(24日~25日)
表示期間中1度のみの日経の通常規模調査、および情勢調査に伴って行われた各社の大規模世論調査は省いている。

ソース

履歴
  • 2010-07-23 21h 時事:内閣・政党支持率
  • 2010-07-25 22h 毎日暫定・NTV詳細
  • 2010-07-26 20h 政党支持率に毎日の無党派を追加

内閣支持率


内閣支持率・不支持率は選挙後ほぼ横ばいの状態が続いている。グラフでは先週支持率がわずかに上がったようになっているが、これはおそらく時事の6月調査の影響で実際の変化を表したものではない。

時事は面接で問い詰めないため「硬い」支持・不支持を見ることになり数値が低く出るが、とりわけ前回6月調査では他社調査より顕著に低く出ていた。この6月調査時点では内閣が発足直前であり積極的支持は少なかった可能性が高い。実際、時事調査では通常、支持・不支持の合計が8割程度となるのに対し、6月調査の支持・不支持の合計は64%しかない。この6月調査の反動として時事の7月調査の時点で近似曲線の支持率を押し上げる結果となっている。不支持率ではこうした差はなく、他社とも整合性の高いものとなっている。
+内閣支持率 メディア別偏差補正後グラフ
+内閣不支持率 メディア別偏差補正後グラフ

政党支持率


政党支持においてもグラフ化している3党とも先週とほぼ同程度の値が続いていると考えられる。

グラフではならされているが、自民は瞬間的に全体の5%分ほど上がったあと半分ほど戻している可能性がある。逆向きであるが民主も選挙後瞬間的に下がった分を戻し選挙直前と同等の支持率となったと思われる。時事調査追加で見られたみんなの党の頭打ち傾向はみかけ上のものである可能性があったが、今週の調査で裏付けられる形となっており、選挙後はほぼ一定の水準に落ち着いている。
+民主党支持率 メディア別偏差補正後グラフ
+自民党支持率 メディア別偏差補正後グラフ
+みんなの党支持率 メディア別偏差補正後グラフ


+データ(専門的)
内閣支持率(SVG形式グラフ画像)
政党支持率(SVG形式グラフ画像)
cab_app_pqf.data
内閣支持率近似曲線(Unix形式テキスト)
cab_dis_pqf.data
内閣不支持率近似曲線(Unix形式テキスト)
pty_DPJ_pqf.data
民主党支持率近似曲線(Unix形式テキスト)
pty_LDP_pqf.data
自民党支持率近似曲線(Unix形式テキスト)
pty_YP_pqf.data
みんなの党支持率近似曲線(Unix形式テキスト)
op.data
世論調査元データ(Rubyスクリプト断片、Unix形式テキスト)


名前:
コメント:

すべてのコメントを見る

last update on 2010-07-28 ; - visitors