小五グラフ 2010-07-14
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


12~13日調査:朝日・読売・共同
表示の期間中1度のみである日経・時事による通常規模の調査は省いてある。また、情勢調査に伴って行われた各社の世論調査も省いている。メディア別の偏差を適用した副次的なグラフはサイズをやや小さくした。

ソース

履歴
  • 2010-07-14 00h 朝日詳細・読売暫定・共同詳細。
  • 2010-07-14 07h 参院選比例区得票率のグラフを追加。
  • 2010-07-14 12h 読売詳細。

内閣支持率


支持率の下降のペースは鈍っておらず、グラフでは不支持率と完全に逆転した。

政党支持率


民主党支持率の下落は加速し、自民党およびみんなの党は選挙前と比べておよそ全体の5%分以上の上昇となっている。選挙直前の毎日データから推測すると、民主と自民の変化は選挙を受けた急速なもので、近似グラフはならされて変化に追いついていないと思われる。

消費税率引き上げ


共同は4択で、肯定的/否定的なそれぞれ2つの選択肢の和を示す。設問には「財政再建や、社会保障制度を維持するために」という限定があり、やや賛成が多く、変化も少なくなっている。

参院選比例区結果


選挙前の比例区投票意向のグラフに、各色の円で比例区の得票率を加えている。単純に比較はできないが、投票意向を明らかにしていなかった層の票は民主にほとんど向かわなかったようだ。






last update on 2010-07-20 ; - visitors