お願いマイティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1、よろめき回避
2、ナポの負け札処理
3、副官の位置が確認でき連携しやすくなる
【デメリット】重要順
1、正Jが連合持ちだと抑止力がなくなる
2、切札ハイカが連合持ちだと抑止力がなくなる
3、副官がばれ連合の連携を促す(メリット3と常にセット)

  • 副官指名SA、ナポ打ち出しST
  • あなたはSA、SK持ち。HQなし。
  • 切札、立ち位置、手札など必要な設定を各自で決め、設定に応じた対処を論ぜよ

【手札のSがSA、SKのみの場合】
→SA出す
  • よろめき怖い
  • とりあえずナポに従えば戦犯は免れる(笑)

【手札のSがSA、SK含めて4枚以上】
→SK出す
  • Sが長ければ、よろめきは回避出来そう
  • SA出した場合、SKはSの2巡目にS2で負ける可能性があるが、SK→SAならセイムが怖くない
  • 一見メリット3、ナポが副官の位置を知る事が出来るを放棄してそうだがこのST、SKが出ていてSAを出さない副官はいないので充分副官PRたりえる。
  • SK出しだとデメリット1、2を回避できる

【手札のSがSA、SK含めて3枚の場合】
→悩む
シチュエーションによる
HQをあぶりだせそうならSK、無理ならSK
具体的にはH2、HA含むH3枚持ちならノータイムでSK→H2→HA→H3枚目
3枚目のHがなくてもSKかな?
Hを10枚あぶり出して落ちなきゃ諦める。
HがH2含めて2枚でもSKかな。
SK→H2→Hの2枚目
HQが落ちなきゃ諦める(笑)

上記手札に当てはまらない場合は素直にSAかな。
よろめき怖い。

【手札のSがSA、SK含めて4枚以上】 
・Sが長ければ、よろめきは回避出来そう 

↑なんですが、むしろ逆な気もするんです。
自分がS多いってことは、HQ持ちはS枯れてる可能性が高まるじゃない?
もちろん2回か、もしくはそれ以上のSリードを逃げることは出来るし、
逃げてる時にHQが空振りするかもしれないけど、その間ナポが負け続けたら本末転倒だし。


で、自分の出し方というと、Sの枚数やHQを炙れるかどうかに関わらず、、、

1.SKで勝つ
2.切り札リードで切り札狩り(切り札Sならマイティリードかなー)
3.二度目のSリードのとき、速やかにマイティを出す
4.この時のよろめき対策は、「祈り」

こんな感じが最近の気分です。笑

【はんぞー】
初巡でお願い副官をやるナポレオンはたいていエースを持っていない(2とエース両持ちの可能性はあり)。
理由は、エースを持っていれば初巡エースから始まり、副官に出てきてほしいのであれば2巡目にSを回せばいいから。

これをふまえると、ナポの手はかなり弱いか強いかのどちらか。
かなり強い場合は、後は刈りつくしを回避すればいいだけ。それなら、どちらを出してもあまり問題ないので
とりあえずかなり弱いものとして考えてみる。

自分の手札的に、切り札を刈りきった後にSKが活躍しそうな場合は
SAを出して、何かの2か切り札をリターン

自分の手札的に、初巡じゃないとSKが活躍しさそうな場合は
SKで取る。リターンは
よろめきが回避できそうな状況なら、何かの2か切り札をリターン
よろめきが怖い状況なら、SAリターン

もしも、よろめかれる展開になったとしても、ナポレオンが負けそうなトリックを1巡副官がSKでフォローしたという事実は残るので、そこまで悪いことにはならないはず。


デメリットについて
1、正Jが連合持ちだと抑止力がなくなる 
2、切札ハイカが連合持ちだと抑止力がなくなる 
どちらも、よろめきが見えない以上は抑止力になれない

3、副官がばれ連合の連携を促す(メリット3と常にセット) 
メリット3のほうが大きい

なので、デメリットはたいしたことがないと思います。


ところで
【手札のSがSA、SK含めて4枚以上】 
・Sが長ければ、よろめきは回避出来そう 
私も、Sが長ければよろめきそうな気がしますがどうしてでしょうか?


せっかくなので問題を
切り札D 宣言枚数14 副官SA
S:T、5
H:J、T、2
D:A、J、T、8、5、2
C:3、2
ウィドーを見てこの状況。埋める3枚と初手のリードは何を出しますか?

手札がかなりいいので、不確定要素の高いJOも含めて考えてみる。

手札の中で不必要なカードはST、S5、HT、C3の4枚
1枚絵札を埋めるとすると連合に6枚取られると負け。
つまり、3巡落とすとアウトの可能性が高い。
1巡はJO関連で落ちるとすると、後は1巡しか落としたくない状況。

もちろん、刈り尽くしがあるので、確実に連合に1巡取らせなければならない。
連合に1巡とらせるには、先に副官を判明させておいて、1巡だけ連合にとらせるのがベスト。

不必要なカードの中で副官が一番フォローしやすいカードはST
なのでSTを副官にフォローしてもらうのがいい
また、手札が強いので副官がわからないというのはナポレオンにとって都合が悪いのもポイント

1回はDxで負けに行ってDKやDQにとってもらう
それでも刈り尽くしになりそうな場合はHJ→H2の順に出して負けに行く方針

以上より
C3、HT、S5を埋めて
STリード
を正解とします

ちなみに、初手DAリードは下記の理由でSTリードよりも劣ります
  • DKやDQ持ちがDを3枚以上ある場合にリスクが高い
  • 遅らせれば遅らせるほど、よろめきの発生率が上がる

私も、初巡にSAが出るかどうかは好きにやってもらいますが
最低でも2枚以上連合にとられる状況で、出ないほうがいいと副官が判断したのだから
たぶん大丈夫と思います。

お願いマイティのデメリット 
もちろんHQが見えている状況では
強いカードを牽制できなくなることはかなりのデメリットですが
よろめきが見えていない状況において、正J切り札ハイカに対しては
早い順目ではマストフォローでSAが出せない
遅い順目ではよろめきが怖くてSAが出せない
といったことから、SAで牽制できる状況が少なく
また、うまく強いカードを潰せたとしても、
SAでほかのナポの負け札処理をした場合に比べて、絵札1枚程度の差しかないと思ってます。
一方、ナポの負け札処理をしつつよろめきを回避できるのと
そうでないかを比べると絵札5枚程度の差があるため
強いカードを牽制できなくなることは、やはりたいしたデメリットではないと考えています。

それに、SA1枚では、どうがんばっても1巡しか働けないので、強いカードを牽制するというより
よろめきを回避しやすいという点で、ナポの持っている弱いカードをフォローする使い方のほうが優れていると思います。


副官SAで「ナポがお願いマイティをしてこない場合」について 
ナポがHQを持っているまたは、何らかの手段を用意していると判断して
ナポの計画通りに場が進むようにします。
保険として
よろめきが起こらないように、ナポがCかD(切り札でないほう)で緩んだときや
負け巡が増えないように、ナポが負け札を出したときによろめき覚悟で出せるように動きます。


カウンティング 
私の場合は
請求したスートの色
絵札か数札のどちらを出したか
切れている人がいる場合はそのときに出てきた札
を覚えるようにしています。
ちなみに、切り札の枚数は
誰がどのスートを切れているかに比べて重要性がないと思っているので
正直な所ぜんぜん数えてないです。