売掛金、買掛金


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人名勘定を仕訳帳、総勘定元帳に設ける場合

通常、売掛金、買掛金と記入する勘定科目部分にその取引先名・得意先名を記入する。

人名勘定を売掛金元帳・買掛金元帳の補助簿で用いる場合

総勘定元帳の売掛金勘定の貸方合計・借方合計=売掛金元帳の各人名勘定の貸方合計・借方合計の総額と一致する。
補助簿の各勘定を集合した内容を持つ勘定(売掛金、買掛金勘定)のことを統制勘定という。
ポイント
  • 各取引先ごとに設ける
  • [借または貸]欄は残高がどちらに残っているかの意味で記入する
  • [摘要]欄には[売上、返品、値引、入金]、[仕入、返品、値引、支払]を記入する。