試算表の作成


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

目的
  • 転記が正しく行われたかの確認
  • 決算手続の円滑化

合計残高試算表

                                                         合計残高試算表
                                                       平成22年 3月31日
借方残高 借方合計 勘定科目 貸方合計 貸方残高
90,000

100,000

現金

10,000

<計算C>           <計算A>                                      <計算B>           <計算D>          
ポイント
  • 借方・貸方に合計欄、残高(差額)欄が設置される(中央寄りに合計欄)。
  • 勘定科目は資産⇒負債⇒資本、収益⇒費用の順に記入。
  • 先に、総合計(<計算A><計算B>)を算出し、一致を確認。その後で残高欄を算出、さらに残高合計(<計算C><計算D>)を算出、一致を確認。