収益と費用の損益勘定への振替


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

決算振替仕訳 ・・・ 損益振替手続+資本振替手続
  1. 収益の勘定を「損益 勘定」への振り替える
  2. 費用の勘定を「損益 勘定」への振り替える
  3. 損益(上記差分額)の勘定を「資本金 勘定」への振り替える
  4. 結果を必ず元帳へ転記。収益/費用の各勘定口座へ、資本金勘定口座、損益勘定口座へ。
  5. (元帳の締め切りへ)

ポイント
  • 損益振替では諸口ではなく、勘定科目を書くこと。

12/31 (借)諸口
        (売上)                    300,000
        (雑益)                        1,000
(貸)損益                              301,000

12/31 (借)損益                        100,000 (貸)諸口
        (仕入)                            40,000
        (給料)                            30,000
        (貸倒引当金繰入)        20,000
        (原価償却費)                10,000

12/31 (借)損益                        201,000 (貸)(資本金)                      201,000
Notes:
  • 差額(301,000 - 100,000)が当期純利益であり、資本金勘定となる。
  • 当期純損失の場合で資本振替は逆となり、資本金を減額する。