見越し・繰延べ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 見越し
 収益の見越し(収益の計上)
(借)未収利息                          XXX (貸)受取利息                          XXX
 費用の見越し(費用の計上)
(借)支払利息                          XXX (貸)未払利息                          XXX

  • 繰延べ
 収益の繰延べ(収益の減額、負債への振り替え)
(借)受取地代                          XXX (貸)前受地代                          XXX
 費用の繰延べ(費用の減額、資産への振り替え)
(借)前払地代                          XXX (貸)支払地代                          XXX

翌期首において、こらら経過勘定項目にたいして再振替仕訳を行う。
(借)受取利息                          XXX (貸)未収利息                          XXX
実際に利息を受け取ると、
(借)当座預金                          XXX (貸)受取利息                          XXX

ポイント
  • 見越しの仕訳は収益(貸方)/費用(借方)に通常の勘定科目で普通に計上する。対する勘定を未収XX(資産)/未払XX(負債)として計上しておく。
  • 繰延べの仕訳は収益(貸方)/費用(借方)を通常の勘定科目で減額処理する。対する勘定を前受XX(負債)/前払XX(資産)として計上しておく。
  • 経過勘定項目は資産/負債として貸借対照表に計上され翌期に繰り越され、翌期首で再振替仕訳により費用/収益に戻される。