売買


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仕訳

有価証券の売買に関する勘定科目を覚えておかなければならない。
勘定科目 説明
売買目的有価証券 (資産)
有価証券売却益 (収益)/有価証券売却損 (費用)
受取利息 (収益)
受取配当金 (収益)
有価証券評価益 (収益)/有価証券評価損 (費用) 時価法。売買目的有価証券を借方・貸方に記入し増額・減額する。

取得した場合、
(借)売買目的有価証券      XXX (貸)当座預金                          XXX

売却した場合、
(借)現金                              XXX (貸)売買目的有価証券          XXX
        有価証券売却益              XXX

(借)現金                              XXX
        有価証券売却損          XXX
(貸)売買目的有価証券          XXX

ポイント
  • 取得原価には買取手数料などの付随費用を含めること
  • “代金を月末に払う(回収)ことにした”場合には買掛金(売掛金)ではなく未払金(未収金)勘定となることに注意する。

評価

時価法を適用する場合、“有価証券評価益or損”勘定で“売買目的有価証券”勘定を増額もしくは減額する。