用語


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集
勉強メモですので間違っていたらご了承ください。また私が既に覚えているものは書きませんので、網羅性は重視していません。

用語 説明 英語
交換取引/損益取引/混合取引  交換:資産・負債・資本の取り引き要素のみで成立。
損益:収益・費用の取り引き要素のみで成立。 
あとで 
入金取引/出金取引/振替取引  振替取引:現金の入出金を伴わない取引。  あとで 
勘定口座  総勘定元帳のその勘定が記録されている場所(ページ、番号)。Tフォームが用いられ、仕訳帳から各勘定口座へ転記。  あとで 
小書き  仕訳帳の摘要欄に取引の簡単な説明を記録すること。  あとで 
損益勘定  元帳のP/L項目である収益・費用の勘定残高をすべて損益勘定へ振り替えること。決算仕訳における振替仕訳。  あとで 
未収金/未払金 勘定  営業活動以外での取引(営業用自動車の購入や備品の売却など)によって生じる債権・債務。売掛金/買掛金に相応する。  あとで 
仕入諸掛(しいれしょがかり) 仕入れに伴う諸費用 あとで 
人名勘定 売掛金/買掛金の記録のため、取引先を勘定科目としたもの。補助簿である売掛金/買掛金元帳において設けられる勘定。 あとで 
約手/為手(やくて/ためて) 約束手形、為替手形の略。帳簿上は受取手形、支払手形 勘定となる。 あとで 
資本的支出 固定資産の資産価値、耐用年数が増加するような支出(建物の増改築など)。この場合修繕費勘定ではなく取得原価を増額するかたちで仕訳する。 あとで 
見越し・繰延べ 一定期間にわたって用役(ようえき)の授受が行われ、当期に計上すべき収益・費用を表していない場合に、金額を修正する手続のこと。 あとで 
経過勘定 項目 未収収益/前受収益。未払費用/前払費用。こららに属する項目の総称。 あとで 
3伝票制 入金伝票/出金伝票/振替伝票 あとで 
5伝票制 入金伝票/出金伝票/振替伝票/仕入伝票/売上伝票 あとで 
車両運搬具(しゃりょううんぱんぐ)勘定 トラックなど。車輌ともかく。資産の勘定科目 あとで 
繰越試算表 決算本手続きで作成される。 あとで 
当座借越(かりこし)契約 残高を超えても借越限度額まで小切手の振り出しが可能となるよう銀行との契約。 あとで 
インプレスト・システム 定額資金前渡法 あとで 
商品有高帳 商品の種類別に受入、払出を数量、単価、金額とともに記入する。 あとで 
差額補充法 貸倒引当金残高と見積もりとの差額を繰入する方法。 あとで 
金融手形 金銭の貸し借りで振り出される手形。商業手形と区別。 あとで 
資本金の元入れ・引出し あとで
登録免許税 あとで
租税公課(そぜいこうか) 費用の勘定。租税とは税金のことで、公課とは租税以外の金銭負担のこと。 あとで
証憑(しょうひょう) あとで
擬制(ぎせい) あとで