|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

朝日新聞連載 加藤一二三九段将棋 心技流

クリア条件:すべてのモードをクリアーする
開始時間:2009/01/30(金) 20:10:36.17
終了時間:2009/01/31(土) 03:43:23.62
参加人数:2

発売元 バリエ
発売日 1995/09/22
価格 12,300円
容量 8Mbit
その他 スーファミマウス対応、SA-1搭載

対局、詰め将棋、次の一手の3つのモードがある。
CPUの思考時間は短めだがそのぶん弱いかも。



主2

詰めの手筋-詰めの手筋

ひふみんにちなんで詰め将棋全123問をすべて打開しました。
すべての問題を解いてもEDらしき画面はありませんでした。

対局室
本来は人間対人間用の対戦モードなのですが、想像力を働かせて一人で妄想対局をしてみました。封じ手なんかも選べるようです。


エディット
自由に駒を配置し、そこからCOMとの指し継ぎができるモードです。


エディットモードではひふみんの棋譜も鑑賞できます。
適当な棋譜を鑑賞しました。

いちいち出てくるひふみんの画像が気持ち悪い・・・。
ところで、最近のコンピュータ将棋はメキメキ強くなってますが
この頃のコンピュータ将棋はまだまだ弱いですねー



主1

将棋道場で全員を倒しました。
(おじいちゃんだけアマトーナメントの画像を拝借。道場では53手)


全日本アマトーナメント優勝!


詰めの手筋-次の一手
50問100点で制覇!
でも解説無いから何で100点なのか全然わからなかった(´・ω・`)


将棋道場
将棋の専門用語を解説してくれる
全部読み上げました( ^ω^)

 顔で誰が誰だか全部わかる人も居るんでしょうか?w
思考時間を削って快適にプレイできるように配慮されたゲームなんだろうなと思いました。