|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

斬Ⅱスピリッツ

クリア条件:天下統一してEDをみる
開始時間:2012/05/09(水) 18:56:13.33
終了時間:2012/05/10(木) 02:40:40.12
参加人数:1


テイルズオブファンタジアを作ったウルフチーム製作の歴史シミュレーションゲーム。
某野望以外に当時乱発された歴史ものの一つ。

なんと太閤立志伝よりも先に大名以外の臣下の立場によるプレイを実装した。
しかし臣下の立場でプレイできるといっても、ほとんどやることはない。
謀反を起こすか、出奔するか、重臣に取り立てられるのを期待してひたすら終了でターンを飛ばすかである。

ゲームは戦略→行軍→行軍→行軍というフェイズごとの進行。
一年を春夏秋冬の4つのターンにわけ、それぞれを上記4フェイズで進行する。
戦略フェイズで内政や外交や編成(兵士の補充等)を行い、行軍フェイズで進軍を行うというもの。

戦闘は当時にしては珍しく、高低差のあるマップが使われている。
が、それがどれだけ戦闘に影響を与えるかはわからない。
テストプレイの段階では特に意味はないように思える。
士気と兵数とパラメータの影響の方が大きいのでは?

戦闘マップにおいてできる行動は、移動だけ。
敵のいるヘクスに移動すると自動で攻撃を開始する。
強行コマンドは、士気を消費して長い距離を移動できるようにするらしい。
臣下の立場では遂行(大名の命令を実行する)というコマンドが出る。
ボタン連打していると、コマンド欄の一番上にある遂行か突撃(自軍全キャラオート行動)を選んでしまうので注意が必要だ。
編成で鉄砲を部隊に装備させておけば、天候が晴れている時は鉄砲を撃てる。


信長の野望と同じく、内政をやるよりも兵士を雇ってどんどん攻めていくのがいいように思える。
そのあたりはプレイスタイル次第か?




1570年松永久秀、難易度は通常設定で開始。
途中、久秀が寿命で亡くなったので、立花宗虎が跡を継ぎました。
石山本願寺と根来寺を、敵武将が居ない隙に本願寺から奪って3ヵ国の大名になってからは楽に領土を拡張することが出来ました。

1587年冬、征夷大将軍に任命。
終了を押すとエンディングが始まります。

日本に平和が訪れました。
エンディングは他にもあるようで、同盟エンドは確認しました。



立花家の最終の領土。
織田家と土橋家が最後まで生き残りました。白いところは中立地帯。
織田とは同盟関係で、土橋は元を辿れば朝倉家です。


敵AIがだいぶ残念な出来なので傾向を掴めば楽にクリアできます。
序盤は留守になってる城が狙い目。敵は援軍に来たりしないので、ゆっくり包囲していれば無傷で城を落とせます。
兵力が増えてくれば強襲が有効。味方の兵はほとんど減りません。

あと内政をしてもいまいち効果が感じられません。内政をするより軍備を拡張したほうが良さそうです。

海を渡る場合は海賊と仲良くなる必要があるので、他国援助コマンドから海賊にお金を渡せばいいです。