|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

スーパープロフェッショナルベースボール

クリア条件:LEVEL5で100点取ってエンディングを見る
開始時間:2015/09/23(水) 19:06:18.51
終了時間:2015/09/24(木) 01:29:52.12
参加人数:1

一瞬新シリーズかと思いがちだが実質燃えプロシリーズで発売も当然ジャレコである。
内容もペナントがなく採点方式となっており 燃えプロ'90感動編 のリメイクみたいなもの。
しかし変更点があり球場が3Dっぽくなっている。そして守備が後方視点に。 やりずらい...
セミオートの守備移動が結構ヘタレなので気合入れて守備しよう。
バッター移動はLかR押しながら方向キー。



タイトル画面
特にファンではないですが戦力が整っていそうなGチームで攻略しました

試合終了後の採点画面
減点項目は多いが加点項目は少ないという厳しい仕様
やけにイラッとくるアドバイス(?)も貰えます

何度か煮え湯を飲まされながら漸くLEVEL5で100点ゲット
なお、ゲーム開始は必ずLEVEL1からとなる為、最低でも2戦はこなす必要があります

スタッフロールは微妙な一言コメント付き
「おれはやきゅうがにがてだった」…知らねえよw

・雑感

本作のED出現条件はLEVEL5で100点を取るというものですが、この採点システムが非常に曲者。
減点項目が11と異様に多いにも関わらず、加点項目は僅か2しかない為、何かの拍子に減点が付いてしまうと挽回するのは非常に困難です。一応、1戦毎に勝ち点が+1されていく救済措置はありますが、その場合には当然安定してLEVEL5に勝ち続ける実力が求められます。
そして数ある減点項目の中でも取り分けきついのが三振で、攻略の基本としては兎に角三振をしないということに尽きます。2ストライクに追い込まれたら(状況によってはそれ以下でも)打撃は捨てて、バントで三振だけは回避するくらいの心構えが必要かと思われます。

一方でCPUの思考に穴がある為、走塁テクニック(塁間でわざと挟まれ、相手の隙を見て進塁)を駆使することによって単打で本塁まで帰ってくることも可能。
ただし、レベル5で成功させるのは中々困難でもあることから、テクニックに自信がない場合は堅実に攻めた方が良い場合もあります。

守備はセミオートですが視点や野手の動き等かなり独特で、率直に言って非常にやり辛く感じます。ポジショニングの問題なのか一二塁間及び三遊間(特にセカンドとショート付近)の動きが頗る悪く、他の野球ゲーのような動きを期待していると足を掬われるので注意。

なお、選手の名前は全て仮名になっていますが、全体的にネーミングがかなりいい加減で、「かすしげ(長嶋一茂と思われる)」辺りになると製作者の悪意を感じずにはいられませんでしたw