|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

スーパーブラックバス3

クリア条件:EDを見る
開始時間:2015/09/19(土) 23:57:55.73
終了時間:2015/09/22(火) 18:49:15.21
参加人数:1

今回の舞台は日本なので、登録名は「姓・名前」と入れよう。漢字変換もできる。
レベルや所持金の概念が追加され、RPGみたいになった。
バサーモードとバスプロモードを切り替えながら進めていく。

バサーモード

オフの日に釣りをしてレベル上げや資金稼ぎをするモード。
季節や天候などは好きに設定できる。
厳しい条件で良い釣果を上げるほど、もらえるお金も多くなる。
釣り人や地元の人との会話でヒントがもらえることもある。

バスプロモード

前作までのような大会に参加するモード。
地元の人とは会話できないが、ライバル(実在のプロ)とは会話できる。

ショップ

バサーモード・バスプロモード開始時に寄ることができる。
ラインやルアーなどの消耗品購入のほか、お金がたまればロッド改造やボート購入などもできる。

釣りゲーを最初から最後までやるのは初めてでした。
釣り自体よく知らなかったので開始直後はショップで釣りのお勉強をしました。釣りには専門用語があまりにも多く知らないことばかりだったため、かなり勉強に時間をかけたと思います。結局そこで勉強した知識はこのゲームでほとんど使わなかったわけですがw
このゲームの本編とも言うべきバスプロモードでは第2戦、第6戦(最終戦)に苦労させられました。
第2戦の会場である北浦湖は大物があまりいない上に、水が濁っててバスがいるのかどうかがわかりづらいため、それなりのサイズのバスを釣るのに苦労しました。
最終戦では水温や気候の関係で全体的にバスが少なく、大物もほとんどいなかったため、バスを探すのに手間取りました。いかに大きいバスを釣るかというステージではなく、小物でもいいからとにかくバスを釣ってリミットメイクを完成させるステージであったため、いまいち爽快感に欠けました。個人的には最終戦は大物を釣りまくる戦いをしたかった・・・

エンディング~スタッフロール


END