|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

新・熱血硬派 くにおたちの挽歌

クリア条件:ノーマルモードでEDを見る
開始時間:2013/06/30(日) 17:33:38.92
終了時間:2013/06/30(日) 20:50:15.94
参加人数:1

初代熱血硬派くにおくんのようなベルトアクションゲーム。
イージーモードだと途中で終わってしまいEDが見れない。

無実の罪で少年院に送られるという、くにおくんらしからぬストーリーに注目。
途中でくにお、りきの彼女が仲間になるが原作ファンいわく「これ誰だよ」的な
オリジナルキャラらしい。
囚人服のままだと必殺技が出せないとこに注意。



タイトル画面
轢き逃げの濡れ衣を晴らすべく、くにおとりきが奔走します
なおタイトル画面の表示はゲームを少し進めた脱獄成功後になります

くにおの弟を名乗る少年「ケン」と、くにおとは因縁のある三和会組長「さぶ」
くにおとりきを陥れた黒幕は彼らでした
ここでみさこときょうこが凶弾に倒れ、離脱してしまいます

さぶの別荘にてケンを撃破
すると用済みになったケンはさぶに始末されてしまいます
やはりケンはくにおの弟ではなかったようです
…そう言えばりきの偽物って結局誰だったんでしょうか?

ラスボス「さぶ」
例によって拳銃をガンガン撃ち込んできますが
アーケードやFCとは違い、一発は耐えてくれるので多少安心
相手が銃を構えた瞬間、ガードで身を屈めて銃弾をかわし
すかさず飛び蹴りというパターンで完封出来ます

EDと任侠映画のようなスタッフロール
演歌調のBGMがカッコイイです

エピローグ
EDが終わってOPに戻った…というわけではなく
OPと対比させる味わい深いラストシーンになっています

おまけ
みさこときょうこの例の画像

  • 雑感
くにおシリーズの中でもやや異色の雰囲気が漂う作品。
以前から気になっていた作品ながら、これまでプレイする機会に恵まれなかった為、今回は満を持して参加しました。

ストーリーは一見ハードなシリアス路線ですが、そもそも冒頭の脱獄から始まり、倒壊寸前の花園高校、218km/hで公道を走るバイク、別荘に仕掛けられた自爆装置…等々、実際はかなり荒唐無稽というか、突っ込み所が多い内容になっています。
これらの要素も、従来のギャグ調ならばさほど違和感はなかったと思いますが、本作は終始シリアスなテンションで展開していくだけに、逆にちょっとしたヤバさというか、バカゲー的な空気をより強く感じさせる結果となっていますw

攻略的な部分について、パンチやキックでまともにやり合っても、大抵の場合打ち負けてしまうので、一発でダウンが取れる飛び蹴りやバックアタックを中心に進めていくのが無難です。
難易度自体はそれほど高いものではなく、初見でもコツさえ掴めれば、十分クリアまで持っていけると思います。