|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

スラップスティック

クリア条件:EDを見る
開始時間:2016/12/28(水) 00:05:35.37
終了時間:2016/12/31(土) 02:20:28.02
参加人数:1

ガイア幻想紀やアクトレイザー等で知られるクインテットが送るのんびりした雰囲気のRPG。
発明家の主人公の少年があやしい組織「ハッカー」を自分が作ったロボットでやっつけるぞ!
発明品をひらめくには困っている人の話をきいたり本棚の「発明の友」を読むといいぞ!
発明品やスクラップを合成することで新たな発明品を生み出すこともできるぞ!
全体的な難易度はヌルめ。あとナギサさん萌え。

雑魚とボスの防御力にすさまじい差があるため、強い発明品に気が付かないと中盤以降のボスにダメージが全く入らないので詰む人が続出した。気が付きさえすれば上述のとおりヌルゲー。



タイトル画面
ソウルブレイダー等でお馴染みのクインテット製作

戦闘は開発したロボットにより行います
3体まで製作可能ですが戦闘に出せるのは1体ずつなので注意

ラスボス「ガトー」
様々な時代(場所)を移動することで攻撃方法を変えてきます
どことなくクロノ・トリガーのラスボス戦を彷彿とさせる趣(本作の方が発売順は先ですが)

EDは後日談等もなく比較的あっさり

お祭り風スタッフロール


・雑感

昔から気になっていた作品だったので満を持して参加してみました。
世界観はほのぼの子供向けということで、登場するキャラクターも悪役含めてそれぞれに愛嬌があり、個人的には結構好みな感じです。
そういった意味では基本的に構えることなくプレイ出来ますが、ナギサさんの正体みたいな設定を隠し球的にぶっこんでくる辺りはクインテットらしいと言うべきなのかどうかw

アイテム合成はシンプルながらも強力装備の組み合わせ等を探すのが楽しいシステムで、攻略上に於いてもメリットが多いのでやり甲斐があります。
また、漫然とプレイしていると見逃してしまうような細かいイベントや隠しイベントも多く、全体的に丁寧に作られた良ゲーという印象を持ちました。

この作品の目玉でもあるロボットは3体まで製造可能ですが同時出撃は出来ない為、それぞれの役割分担とか差別化は案外し辛い感あり。
戦闘も必然的に殆どが1対複数の構図になることから、テンポはあまり良くないと思います。
ただし、今回のプレイに於いては連続技をほぼ完全にスルーしてしまっていたので、この辺り上手く活用していればもう少しテンポ良く展開が出来たかも知れませんがw

その他気になった点として、所持品は全てアイコン表示になっていてイメージは掴み易いものの、アイテム数が多くなってくるにつれてゴチャゴチャして見辛くなり、取り分け同じアイコンで管理されているスクラップ類は見分けがつかないので、管理が非常に面倒です。整頓コマンドのようなものが欲しかった所。

難易度については決して高くはないのですが、だからと言って見た目そのままの超ヌルゲーという訳でもなく、突然難易度が上昇したりするポイントも幾つか存在する為、折々で立ち止まって強化が必要になる場面はあると思います。