|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

早指し二段 森田将棋

クリア条件:段位獲得戦クリア
開始時間:
終了時間:
参加人数:

発売元 セタ
発売日 1993/06/18
価格 9,500円
容量 4Mbit
その他 ST-0011搭載

ある意味難関だった。
理由は特殊チップ搭載のためエミュでは不可能なゲームだったため。
現在はBSNES(higanという名称になった)がその特殊チップに対応したため、挑戦のハードルは下がった。
VIP発祥の「全部のスーファミソフトをクリアしようぜ」という企画において一番最後まで残ったゲームである。

段位獲得戦は一手20秒制限でかつ100手以内で3連勝(手番は先手、後手、先手)すればよい。
コンピュータ将棋らしく詰む寸前で無意味な王手をすることもあるので
早い手数で決着をつけたい。

「総合棋力二段」を自称。
当時段位獲得戦クリア後のパスワードを使って
日本将棋連盟に申請すれば本物の免状(最高で三段、ただし段位獲得戦クリアに加え、取扱説明書に記載された段位取得認定問題も解く必要がある)がもらえた。
ただしお金はいるよ(現在の三段の免状の値段は54,000円)。また、段位推薦申込みは1994年5月31日までの受付であるため、今からクリアしても段位の取得はできない。
実際に二段の棋力があるかどうか激しく疑問だが
↑作者の森田和郎氏は「アマ初段くらいの実力の人でも十分遊べるくらい」と語っていた。しかしハメ手への対応などから、実際の強さはもう少し劣るようだ。

当時、このソフトで段位を取得した人が結構いて、日本将棋連盟にとってもいい収入になったという(『将棋世界』2013年7月号「追悼座談会 将棋ソフトのパイオニア 森田和郎さん」)。