|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

キャプテン翼Ⅴ 覇者の称号カンピオーネ

クリア条件:EDを見る
開始時間:2011/01/28(金) 21:11:25
終了時間:2011/01/29(土) 23:40:55
参加人数:1

なぜか突然見下ろし視点になった。いわゆる普通のサッカーゲームのような見た目。
おかげで、いわゆる異次元ワープしてフォロー、というようなことは起きなくなった

同時期にジャンプでワールドユース編が始まったため、原作に居ないキャラの大半がリストラを食らうという事態に陥った。こんなことなら原作など始まらなければ…
他にもキャラが代表的な必殺技を忘れていたり、あのスーパーストライカーが再(以下略!)
これほんとにテクモが作ったのか?原作以上にファンの気持ちを大切にしていたあのテクモが。

前作から、大幅にグラフィックのが向上、音質もよくなり、ゲーム進行もテンポが圧倒的によくなったが
キャラのステータスの差が顕著になり2も数値が離れていればかなり絶望的。
また、守備の効果も若干おかしく、アタックの値さえよければ何を選ぼうが相性関係なく問答無用でぶんどってしまう。

効果の目安としては
せりあう:時間がかかるがファールが起きない
タックル:時間がかからないがファールを取られる。
カット:時間もかからず、ファールもとられないが効果が薄い

必殺ディフェンスの効果が他の作品と比べて著しく高く、値6くらいの差は跳ね返せる。
よって全員必殺ディフェンス持ちの日本が群を抜いて最強であり、対戦バランスが悪い。
日本禁止はもはや常識レベル。
というか下手に原作重視になったため、キャラがいない他国は糞弱い。
4まではオリキャラたちが脇を固めていた国は見る影もない

そして、これまでの作品と異なりCPUにもガッツが設定されている。
こちらの限界の4~5倍はあるが、ちゃんと尽きる。
ただキーパーだけはガッツが空になった瞬間全回復してると思われる挙動を起こすので
必殺セービングを連発させてもガッツ切れで楽勝ということにはならない。

ストーリーを進めることによってサブストーリーが追加される。
別にやらなくても問題はないが、各選手の裏側事情を知ることができる。

試合中のイベントで必殺技を覚えることがある。
覚え忘れても、LVが上がりやすく上記の通り能力差がほぼ返せない仕様なため
2~3回も負ければ楽勝。
前の試合に戻されたりせず、分岐もないので安心。
スペシャルマッチはサブシナリオを全部終わらせると出現

1主です
ACミランに可愛がられパルマに可愛がられ何回も心が折れそうになりました
ブラジル戦でファイナルタイガーを覚えるのを忘れていると指摘され
何も考えずにリセットを押してしまい誠に申し訳ありませんでした
カンピオーネ戦はどうせ負けるだろうと半ば投げ気味に戦ったところ
まさかの一発打開でした 諦めないのが大事でした
配信中に起きた1コマ 裏切られた!?
実はキャラが重なっていただけでした
試合に負けた後の画像