|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

キャスパー

クリア条件:EDを見る
開始時間:2011/01/19(水) 10:40:27
終了時間:2011/01/20(木) 08:15:19
参加人数:1
昔やってたアニメのほうではなくCGと組み合わせた映画のほうが近い雰囲気のゲーム
クォータービュー画面で屋敷の中を練り歩き仕掛けを解いたりアイテムを集めて父親を探すのが目的


なぜかやり込んでしまった。いや、やりこまされたと言った方がしっくりくるか。
だって宝石全部取らないとグッドエンド出ないのかと思ってたんだもん。
スレ情報によると全ての文献を読んで4Fの宝を入手すればグッドエンド確定だそう。
結局は部屋総当たりをさせられるわけだが。
でも最後に隠し部屋の文献を見つけた時は思わず歓喜の雄叫びを上げてしまった。
長い時間を掛けないとあの達成感は得られないんだろうなあ。
そんなことを無理矢理感じさせてくれるようなシンプルなADVでした。




ストーリーは映画見てないんで全然知らないんだが簡単に説明してみると、

孤独な幽霊が孤独な少女と友達になるお話です


アメリカ映画にありがちなベターなやつっすわ。




屋敷に入ると、どこからともなく声が。誰?誰なの?
え、私と友達になりたいですって?
驚かないから早く姿を見せて・・・





ぎゃああああああああああああああ



とまあ、なぜか死んでる父親にこんなこと言われつつ



普通に進めていきまして、最上階5Fにある宝の部屋へ入る。
すると既に悪者が宝を奪っていました。
なーんか切ない感じでエンディング。キャスパーの顔も不満気です。





そんで前述した通り、各階の部屋のあちこちにある文献(手紙とか日記みたいなもん)を全て読みまして
さっきの宝がある部屋に入ると・・・誰もいない!
宝とは「いきかえりぐすり」でした。


これが原作に沿った?グッドエンディング。
イイハナシダナー
みんな生き返ってでめたしでめたしっと。


うあー惜しい!回収率残り2パーだったか。


後日、宝の取りこぼしが無いか調べまくったんだが、結果は99%ですた・・・あと1%わからん。
流石にもう一部屋ずつ虱潰ししていく気力は無いわあ。

★おまけ★
なぜかスタッフ名っぽいのが最上階の部屋のあちこちで発見
スタッフロールを流すタイミングを損ねたのか、はたまた演出か。
折角なんで全部繋いでスタッフロールぽくしてみました。