|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

新日本プロレスリング'94 バトルフィールド IN 闘強導夢

クリア条件:スタッフロールを見る
開始時間:2013/06/30(日) 16:43:26.21
終了時間:2013/06/30(日) 17:28:56.61
参加人数:1

タイトルの関係上、最後にやることになるのが新日闘強導夢シリーズ2作目。
使用出来るキャラは裏技を除くと20人。
技を仕掛けるタイミングは、組んだ瞬間。(厳密には組んで手が下がった瞬間)
掛けた方が相手を押すアニメーションが入った時に、押し負けた方が組み技ボタンを押すと技を返せる切り返しというシステムもある。
パワーゲージを消費してA+Bで必殺技を使用することが出来る。
キャラにより、組んだ時やグラウンド時など使える場面が異なる。
上れるトップロープは上側の2つのみ。

BATTLE FIELD IN 闘強導夢モードは、シングル19試合またはタッグ9試合の勝ち抜き戦、コンテあり。
G1 CLIMAXモードは、9試合のリーグ戦。
IWGP王座決定トーナメントモードは、4試合または5試合のトーナメント戦、コンテなし。
VS BATTLEモードは、1試合のみのエキシビジョンマッチ。
この4つのモードの内、VS BATTLE以外はスタッフロールが流れるためクリアはどれでも可。
優勝して貰える物が違うので、残り2つは補完で試してみても良いだろう。
難易度変更やノーコンによるEDの変化はなし。

通常 組み中 ダッシュ中 相手ダウン中 バック トップロープ
X リングを出る/戻る
タッチ(タッグ時)
相手を起こす
A 攻撃 (十字キー+)技 攻撃
B 攻撃 (十字キー+)技 攻撃
Y ダッシュ ロープへ振る 止まる ダッシュ
その他:LRボタンは通常時パフォーマンス、相手がダウンしている時はピンフォール



タイトル画面
前作同様、藤波辰爾を使用し
IWGP王座決定トーナメントモードを攻略しました

トーナメント優勝画面

スタッフロール

  • 雑感
前作に引き続いてプレイをしてみました。
ドロップキックのハメが使えなかった(ドロップキックの出し方が分からなかった)為、当初の意図とは異なりガチでの戦いを強いられる事態となりましたが、思ったより簡単に攻略することが出来ました。
またプロレスゲーは、体力ゲージを削り切ってから長びくことが多いように思われますが、本作は見えている分だけを削れば良いので戦術が立て易く、精神的にも大分楽な印象を受けます。

今回の戦法としては、組み技からダウンを奪った後、絞め技でパワーゲージを稼いでいき、ゲージが溜まったら必殺技で大きく削っていくという、基本に忠実なスタイルとなりました。
組み技のタイミングを掴むのに若干慣れが必要ですが、そこさえクリア出来れば、攻略は比較的容易だと思います。