|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

白いリングへ

クリア条件:EDを見る
開始時間:2013/05/26(日) 20:08:34
終了時間:2013/06/01(土) 00:43:15.04
参加人数:1

実在の女子プロレス団体LLPWを舞台としたプロレスゲーム。
ジャンルは育成シミュレーションで、アクション要素は全くない。
ストーリーは架空のものだが、LLPW及びFMW、藤原組の選手が実リングネームで登場する。
製作段階ではみちのくプロレスも登場する予定だったそうだ。
LLPWから神取忍が離脱し、新団体を立ち上げるところから物語は始まる。
その辺りの流れはタイトルデモを見て欲しい。

まず最初に名前・星座・血液型・過去のクラブ活動を設定する。
クラブ活動の内容によって初期ステータスが増えたり減ったりするが、数値は練習でどうにでもなるのであまり深く考える必要はない。
育成方法は、一週間単位の練習メニューを一か月分決めるだけ。
スタミナが無いと練習についていけないし、ストレスが溜まると練習が身につかない。
そうならないように休日に息抜きをしたり休養したりして調整をする。
試合はフルオートで戦ってくれるため、眺めるだけの作業。
ちなみに主人公は、ショートカットで緑のリングコスチュームのキャラである。
これらの外見は後に変更可能。

最後の試合の勝敗によってEDが変化する。



タイトル画面
女子プロレスがテーマとなっていますが、ストーリー展開は熱血少年漫画的なノリ

選手名はデフォ名である「末堂春美」で開始
(名前入力をせずに終えると、この名前になります)

女子プロレス界最強である神取忍への挑戦権を巡り、他のレスラーたちと鎬を削ります

いよいよ神取との最終決戦
応援に駆け付けた人の中には懐かしい顔もちらほら
(一度も見たことない人達も交じってますが…)

ラスボス「神取忍」
最強を自負するだけあってかなりの強敵ですが
このゲームに於ける試合の勝敗は、運の要素もかなり絡んで来ると思われるので
試合直前にセーブし、繰り返し挑戦していけば勝機はあると思います

神取戦が終わるとスタッフロールに突入
勝敗によってスタッフロール後のEDが変化します

こちらが敗北した場合のED
イーグル沢井が「いくよ!!」と一言発するのみという寂しいもの

こちらが勝利した場合のED
神取から「最強」の称号を継承し、決意も新たにリングへ上がる主人公の姿で締め

育てた選手の登録が終わると「電源をお切りください」と表示されて終了

なお、折角なので今回育てた「末堂春美」のパスワードを掲載しようと思ったのですが
何度やってもパスワードが通らなかった ので割愛します
まさかの嘘パスがあるんでしょうか?
(パスワードが290文字と異様に長いので、単に自分が入れ間違えているという可能性も否定出来ないですが…)

  • 雑感
育成シミュレーションとしては特に変哲のない作りではありますが、女子プロレスという個人的に余り馴染みがない分野を扱っているということもあり、そういった部分では新鮮味を感じました。

育成パートは比較的テンポ良く進んで行くものの、イベントが神取忍絡みの一部を除くと概ね淡白で、数自体もそれほど多くないので、その辺り少々単調だったかなという気がします。
例えば人気が上がればテレビ出演があるだとか、プロポーションが高いとアイドル的な人気が出るとか、そういった工夫があれば良かったかも知れません。

しかしそのようなことは実に些末な問題で、このゲーム最大の欠点は、何と言っても「試合シーンがスキップ出来ない」という一事に尽きると思います。
育成シミュレーションなので自分で操作が出来ないのは良いとしても、平均10分前後、展開によっては30分近くただ試合を眺めているだけというのは、流石にどうにかならなかったのでしょうかw
正直ここが改善されるだけでも、ゲームとしての評価は大分変わってくると思うのですが…。

そんなこんなで純粋にゲームの出来のみを見ていくと、色々惜しい部分はあるものの、総体として厳しい評価にならざるを得ないですが、ネタ的な観点としては、妙にカッコイイ神取や大仁田を始め、一部を除いて全く似ていない実在レスラー陣、肝心な所でガックリくる誤字(僧悪、僧む)等、突っ込み所が多く楽しめる部分もあるので、興味のある方は一度やってみても良いのではないでしょうかw