|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

ジャングルブック

クリア条件:EDを見る
開始時間:2013/04/06(土) 20:00:59
終了時間:2013/04/06(土) 22:13:51
参加人数:1

同名小説が原作のディズニー映画を元にしたアクションゲーム。
様々なプラットフォームで発売されたが、日本版が出たのはスーパーファミコンのみ。
但しゲーム中の表記は全て英語となっている。
動きが滑らかで難易度は高めという典型的な洋ゲ。

ボタン操作はYがメインウェポン、Bがジャンプ、Aがサブウェポン、LRでサブウェポン切り替え。
サブウェポンは拾った数だけ使える。
撃つだけでなく、敵を踏み付けるのも有効。

本作はスタート状態ではコンティニューがない。
赤い宝石を一定数(例:1面18個、2面22個、3面12個......)以上取ってゴールすると、コンティニューが1回増える仕組みになっている。
緑の宝石も一定数(例:2面36個、4面24個......)以上取ってゴールすると、2面ごとにボーナスステージへ行くことが出来る。
ボーナスステージでもやはり赤い宝石を一定数以上集めてゴールすればコンティニューが1回増える。



タイトル画面
狼に育てられた少年モーグリが主人公

ラスボス「シアカーン」
樹上にある松明を使用して攻撃します
如何にも強そうな風体ですが、はっきり言って見かけ倒し

EDとスタッフロール

  • 雑感
ディズニーのアクションというとカプコンのイメージが強いですが、本作は完全なる洋ゲー。
原作は名前しか知りませんでしたが、動きも軽快で面白そうだったのでプレイをしてみました。

グラフィックはかなり力が入っており、キャラクターの動きも滑らかかつ多彩。
背景画面もしっかり作り込んである一方で、足場等が背景に溶け込み、少し見辛くなっているのが勿体ない部分でしょうか。

難易度は中盤を過ぎた辺りからやや厳しくなってきますが、コンティニューの回数をきっちり確保しておけば、然程問題はないと思います。
後半になるほど赤い宝石を回収する余裕もなくなって来るので、序盤ステージでの取りこぼしは出来る限り避けたい所。

総評としてはオーソドックスなアクションで、これと言った派手さこそないものの、原作を知らなくても手堅く遊べる良いゲームに仕上がっていると思います。