※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Niko-Voice 10話


テレビとかじゃ、
ウソー、口の中で溶けるー!
とか言ってるのになー
そんな肉、まだ食べたことないけど


何で頷くの…

ある晴れた昼下がり、
私は2億円で売られようとしている



お金さえあれば、幸せになれるっていうのは
本当かもしれない。

でも世の中それだけじゃないって、
誰か言ってなかったっけ



ロボの「そうなんだよなー」は、
世間の「そうなんだよなー」 なわけで…



お金があればどんな夢でも叶うのか



そんなこと、絶対にないって言いきれない自分が、
悲しい…
みんながそういうのが当たり前って思っている世の中が


悲しいっていうより…
なんか悔しい…



停電のあと、みんなは少しずつ変わったような気がする



お金が欲しいとか、美人になりたいとか、
誰にでもわかる幸せは、
本当はどうでもいい幸せなのかもしれない。

誰にも絶対譲れない、本当の幸せっていうのがあって、
それはそれぞれ形が違っていて、
違うから、歩く道もそれぞれに別れていて

私の幸せとロボの幸せが、一緒だったらいいのにと思う

でも多分・・・

違うだろうな